menu

653 views

近畿では5割以上の人が「冷麺」と呼ぶ冷やし中華の謎!(第1弾)

この記事の所要時間: 648

ゴールデンウィークの頃になると、気の早い食堂やラーメン屋、そして、中華料理店の軒先には、『冷やし中華始めました!』という貼り紙やのぼり旗がお目見えします。
ところが、この冷やし中華なる食べ物、正に所変わればのくせ者で、そもそも「中華」と称しながらも、日本生まれの立派な和食だと言うではありませんか!!
そのため、中国では「日式冷麺」と呼ばれているのですが、韓国に行けば、何故か「中国式冷麺」と称され、これまた立派な中華料理に変身してしまうと言うのですから、実に面白い!
じっくり検証してみる価値ありの一品でしょう。

スポンサーリンク

冷やし中華とは?

という事で、まず、「冷やし中華」とは何物なのかと調べてみると、「冷やした中華麺を使った日本の料理である!」と、かの有名なWikipediaには、はっきりと記されています。そして、チャーシューやハム、錦糸卵と野菜など、色とりどりの具材を麺の上に載せ、冷たい汁を掛けて食べるとありますから、恐らく、これが基本の冷やし中華という事になるのでしょう。
ところが、その先には、夏向けの麺料理として日本各地で食べられていると書かれているものの、さらに、地方によって呼び方に相違があると追記されていて、どうやら、やはり所変わればのくせ者である事が伺えます。
<参考>→冷やし中華 – Wikipedia

私は冷やし中華を知らない!?

確かに、自称「京美人(?)」の私などは、思えば子供の頃、冷やし中華なるものに殆どお目に掛かった事がありません。悲しい事に、母親に作ってもらった記憶もなければ、父親に食べに連れて行ってもらった記憶もないのです。
しかし、似たような物体を母が、『はい、冷麺よ!』と言って夏休みの昼食に出してくれた記憶があります。一方で父親がラーメン屋に入り、『冷麺2つ!!』とオーダーして食べさせてくれた記憶もしっかりと残っています。そのせいで、今も冷麺が食べたいと思い、中華料理店で冷麺を注文する事が珍しくないのですから、正に三つ子の魂百までも!!
そう、実はこのように、冷やし中華イコール冷麺、いや、冷麺イコール冷やし中華と思い込んでいる日本人も大勢居るという事なのであります。

冷やし中華or冷麺?

実はここに、日経オンラインが実施した我が町の冷やし中華についてのアンケート調査をまとめた記事があります。いわゆる冷やし中華(その4)|食べ物新日本奇行

冷やし中華はやっぱり冷やし中華!

上記の記事を見てびっくり!なるほど、私が生まれ育った京都では、89%の人が冷やし中華を冷麺と呼ぶ、と答えているのですから、我が家の食文化が貧しかった訳ではないのです。
しかし、関東では冷やし中華で関西では冷麺と呼ぶなどと言われる事がよくありますが、この結果を見る限り、どうやらその限りではない事が分かります。
実は近畿地方の中でも、京都だけがずば抜けて冷麺派であって、次いで多い和歌山ですら69%と3分の2程度!大阪や兵庫・奈良・滋賀に至っては、50%から60%だと言うのですから、恐らく半分弱の人は、冷やし中華はやっぱり冷やし中華であると考えておられるのでしょう。
しかも、冷やし中華を冷麺と称する民族が半数以上に上るのは、近畿地方と中国四国地方の一部、それに福岡県だけで、全国的に見れば、やはり冷やし中華は冷やし中華であるという見解が一般的なようです。

冷やし中華の歩み

ではでは、一体全体何故、西日本のごく限られた地域では、冷やし中華を「冷麺」と呼ぶようになったのでしょうか?
その答えは定かではないものの、冷やし中華なる食べ物が、一種のご当地麺として誕生し、発展してきた事に少なからず関わりがあるように感じられます。

スポンサーリンク

これぞ元祖冷やし中華!

時より、日本の冷やし中華は宮城県が発祥だと言われますが、残念ながら、それはどうやらいささか違うようです。
何故なら、1929年(昭和4年)に発刊された「料理相談」という本には、すでに、「冷蕎麦(ひやしそば)」というメニューが紹介されているではありませんか!!しかも、ゆでたシナそばにお酢と砂糖をまぶし、その上にチャーシューとキュウリ、それに、何故からっきょうとタケノコをトッピングして、氷を加えて出すという事で、正しく冷やし中華の名に相応しい一品です。

こだわりの冷やし中華の誕生!

しかし、今のような細切れの具材を彩り良く盛った冷たい麺料理が初めてお目見えした飲食店は、東京は神田神保町にある上海料理店「揚子江菜館(ヨウスコウサイカン)」!本格的に夏の定番メニュー「五色涼拌麺」として提供されるようになったのは戦後ですが、すでに1933年(昭和8年)には創作され、知る人ぞ知る人気メニューだったと言いますから、恐らく、こちらの方が仙台より早かった事になるでしょう。
おまけに、流石はプロ!!先の本を参考にしたものではなく、こちらの2代目オーナーが、当時から上海で食べられていた細切り肉ともやしを冷やした麺に載せて頂く、いわゆる冷やしタンタン麺のようなメニューを、日本のざるそばとコラボさせる事を思い付いたものなのです。様々な細切りの具をお皿の中心から放射状に盛りつける事により、雪を被った富士山の姿をイメージしたと言います。

仙台でも頑張っていた!

とは言え、それほど遅れを取る事なく、今の「宮城県中華料理環境衛生同業組合」の前身である「仙台支那ソバ同業組合」でも、どうしても夏場に下がる売り上げ対策の一環として、冷たいメニューの開発に勤しんでいました。
仙台の夏と言えば七夕という事で、多くの観光客が集まりますから、噂になれば、たちまちヒット商品となる事間違いなし!!そこで、そうした仙台中華の新たな夏の目玉商品を開発すべく、同じようにざるそばをアレンジする事を試みていたのです。
ただし、こちらは細切りの具ではなく、塩ゆでしたキャベツと塩もみしたキュウリ、それににんじんをスライスしたものをトッピングする形で、トマトとチャーシューがインパクトとなっていました。
それでも、1937年に地元の中華料理店「龍亭(リュウテイ)」で「涼拌麺」としてリリースされると、予想通り人気メニューとなり、今でも名物店の名物冷やし中華の座を守り続けているのです。

ついに冷麺の登場!

そして、それからさらに遅れる事2年、1939年には、京都市北区でオープンした中華料理店、その名も「中華のサカイ」が、ごまだれを掛けた冷たい麺料理を提供し、なんと、いきなり「冷麺」という名前を付けてしまったではありませんか!!
されど、よくよく考えてみれば、冷たい麺だから冷麺という事で、実にシンプルで分かりやすい呼称です。そのため、京都発信という形で、この呼び名が近畿地方では広まって行ったのかも知れません。
因みに、今でもこちらのお店では、自慢の自家製冷麺を通販で全国発送していますから、元祖冷麺を食べたい方は是非オーダーされてみてはいかがでしょうか?冷麺通信販売(中華のサカイ)

さらに深まる冷やし中華の謎

という事で、東京・仙台・京都と、いずれも地元密着型で登場し、発展してきたのが冷やし中華!そのため、地方ごとのデザインや呼び方が存在するのかも知れません。
しかし、ここで一つ気になるのは、肝心要の「冷やし中華」という呼称です。まあ京都では、最初から冷麺として現れたのですから、そのまま今も冷麺!!それが近畿地方全域に飛び火して、そう呼ぶ人が多くなったのも納得出来るところでしょう。
けれど、東京や仙台では、元々涼拌麺だったのです。それが一体全体いつから、どうして冷やし中華に変わり、定着したのか?益々謎は深まります。
さらに、実は冷やし中華と冷麺は全く異なる食品であるとか、マヨネーズを掛けるか掛けないかなど、まだまだ冷やし中華には不思議がいっぱい!
という事で、次はその辺りを是非検証してみましょう。お楽しみに・・・!

<つづき>
第2弾はこちら→冷やし中華の謎(第2弾)元祖冷やし中華の誕生!
第3弾はこちら→冷やし中華の謎(第3弾)涼拌麺と冷やし中華は同じなのか?
第4弾はこちら→冷やし中華の謎(第4弾)冷やし中華と冷麺は本当に同じか?

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
yamamoto
yamamoto
著者取材ブログ当サイト記事
おしゃべり大好き!お節介大好き!!の典型的関西人おばちゃんです。 趣味で京都の観光ボランティアガイドをしています! 言いたい事はズケズケ言うけど、結構面白かったり、時々ホロリとさせたりもしまっせ~( `pq´)ゥシシ 地元関西地区の食や趣味嗜好的な情報を中心に、自分の最大の課題であるダイエットの情報なんぞも、バンバン発信していきますので、よろしゅうおたのもうします(*^_^*)

人身事故に出遭ってしまった!対応策は5つです

音楽教室の先生が心掛けるべき3つのことは何か

関連記事

  1. 空室率が増えている背景にあるのは…?

    5月31日の日本経済新聞の報道によると、首都圏のアパート空室率が悪化しているとの事。不動産調査会社・…

  2. 年をとると記憶力が低下する?思い出せないだけみたいですよ

    中年過ぎると、記憶力が低下した!実感します。仕事でのミスも増えますね。認知症なのか?疑ってし…

  3. 不倫を治すまとめ

    離婚に至る経過不倫がそのまま離婚に至るという事もあるのではないでしょうか。不倫というのは浮気…

  4. 婚活メリット・デメリットのまとめ

    婚活の利点婚活の良いところは、まず必ず出会うことができるということ。しかも、ある程度自分…

  5. お彼岸と言えば、おはぎorぼた餅?(PART2) 季節変わればな…

    前回、お彼岸と言えば、おはぎorぼた餅?という事で、おはぎとぼた餅の違いについて調査しました。その結…

  6. お彼岸と言えば、おはぎorぼた餅?(PART3) 所変わればなん…

    お彼岸と言えば、おはぎを食べる、もしくは、ぼた餅を食べる習慣のある人がいますが、どちらが正当派なのか…

  7. 夏野菜のトウモロコシは、7月中旬の今が最盛期です

    トウモロコシは夏の野菜です。7月中旬の今が最盛期です。もちろん缶詰などもあるため、年中食べられま…

  8. ロバってどんな動物?

    間抜け?な生き物という印象のあるロバですが、小柄な割には意外な程のパワーがあり、粗食にも耐えるので、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【常識を疑え】価値観の違いによっても変化する『当たり前』
  2. 『常識』『普通』っていったい誰の基準?喧嘩で使ってはいけない言葉
PAGE TOP