menu

44 views

日本の住宅ローンは、なんと、100年以上前からあった!

この記事の所要時間: 627

住宅ローンを組むなら、金利底値の3月を狙え!から始まり、
金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!
今こそ「フラット35」で夢のマイホームを!
と、金利底値の今、住宅ローンを組んで夢のマイホームを持つのがいかにお得か、という事をお話しして来ました。
それでは、そもそも住宅ローンとはどのようなもので、いつ頃から登場したものなのでしょうか?
今回のマイナス金利騒ぎで再び脚光を浴びた住宅ローン、今日は、その歩みを探訪してみたいと思います。

スポンサーリンク

住宅ローンとは?

因みに、「住宅ローン」とは、辞書によると、

住宅の建設・購入・改良などのため、銀行・信用金庫・保険会社・住宅金融専門会社などが行う資金貸付。通常、民間金融機関の住宅金融をさすが、広義には、住宅金融支援機構などの公的なものを含める。

との事!→住宅ローン(ジュウタクローン)とは – コトバンク

住宅ローンの始まり

という事で、公庫全盛期時代をご存じの40代以上の方々にしてみれば、ちょっと意外かも知れませんが、上記の解説通り、住宅ローンの正式な範囲は、あくまでも民間会社が取り扱うもので、その歴史も民間、それも、不動産会社から始まるのであります。

話はさかのぼること、120年前の日本

時は1896年(明治29年)という事で、なんと、今から120年も昔! 
しかし、その頃の日本は、日清戦争に勝利し、正に強い日本でしたから、国全体が活気に満ちあふれ、今以上に家を持つというような意欲に燃えていたのかも知れません。

とは言え、やっぱり今も昔も、家は人生最大級の高価なお買い物です。

富裕層はさておき、一般ピープルたちが、いつもニコニコ現金払いで取引き出来るような品ではなかった訳です。
かと言って、大金を低利で貸し出し、ぼちぼち返してくれればいいよと言うような寛大な金融機関もありませんでした。
そのため、どうしても欲しければ、高利貸しを頼らざるを得ないというのが現実で、流石に、そこまでしてまでもと言う人が圧倒的多数だったとみられます。

日本初の住宅ローンの誕生!

家は欲しいが、まとまったお金が工面出来ない!そんな庶民が増える中、ならばとばかりに本格的な住宅購入のための資金を貸し出すビジネスに乗り出したのが、“金融財閥”とも称される日本四大財閥の一つ「安田財閥」でした。
創設者の安田善次郎氏は、当時もうすでに、今のみずほ銀行の前身である安田銀行を開業していましたから、融資に関するノウハウは十二分に兼ね備えていたのです。
そういう意味では、満を持して始動したとも言えるのかも知れませんが、とにもかくにも、安田財閥によって設立された東建こと「東京建物」が返済期間5年から15年で売り出した金融商品、これこそが日本初の住宅ローンだったのであります。

住宅ローンの普及

その後、明治時代も終盤戦に突入すると、すっかり給与所得者が増え、益々日本人の生活水準は向上して行きます。
そこで、そうしたサラリーマン族をターゲットに、今のような分譲住宅を売り出したのが、関西に本拠地を構える阪急電鉄!
そう、それは今ではすっかり当たり前となった、まずは鉄道を走らせ、駅を作り、その周辺に店を作り、さらに近郊に住宅を建てるという私鉄タウンの確立です。
そうして、そこで売り出した土地付きの一戸建てを購入してもらうための分割払いプランもついでに用意した事により、一般ピープルたちの夢のマイホーム計画が本格的に定着したのであります。

スポンサーリンク

戦後の住宅ローン事情

今では、銀行でお金を借りて不動産会社から家を買うというのが一般的ですが、昔は不動産会社で家を買って、ついでにお金も借りるというのが主流でした。ではでは、今のような金融機関からの融資による住宅ローンは、一体全体、いつから登場したのでしょうか?

個人には貸さない

今や住宅ローンは、銀行や信用金庫の主力商品の一つ!どこもかしこもが必死でアピールし、顧客確保に悪戦苦闘しています。

しかし、その歴史は驚くほど浅く、なんと、昭和の時代には、今のような民間の金融機関による個人向け住宅ローンというものは、殆ど存在しませんでした。
というのも、当時の銀行融資というのは法人相手で、いわば大口が一般的!早い話、個人が家を買うから、あるいは、車を買うからと言って、僅か数百万~数千万の貸し付けなんぞやってらんないという感覚だったんですね。

個人には貸せない

そもそも、太平洋戦争が終わった直後の1950年代から1960年代に掛けては、とにかく日本が復興を遂げるためには、まず企業!そこから再建や拡大を図り、技術を伸ばし、雇用を伸ばし、人々の生活を安定させる事に繋げなければならないという事で、銀行融資は全て、そうした産業革命に向けられていたのです。
いわゆる、高度成長期の確立ですね。そういう意味では、個人には貸さないと言うよりは、個人には貸せないというべきなのかも知れません。
その証拠に、そんな国や企業を背負って立つような経営者や重役クラス、あるいは公務員などには、今に比べれば高金利で短期ではあったものの、住宅購入資金の貸し付けというのを行っていたのです。

ついにあの問題会社が登場!

戦後久しく、庶民にとって銀行は、お金を預けるだけの機関であって、お金を借りるところではありませんでした。
しかし、歴史は繰り返されるとばかりに、戦後の混乱期を乗り切り、徐々に息を吹き返して来た国民らは、再び家を持ちたいという夢を抱き始めます。
そこで、かつての安田財閥のように、そうした個人をターゲットに、住宅購入資金を貸し出す専門の融資会社が続々と誕生したのです。

住専の誕生!

世は高度成長まっただ中!
一般市民だって、それなりの給与所得を得ています。
そこで、そんなサラリーマンをターゲットに、夢のマイホーム購入資金を融資しましょうと立ち上がったのが「住宅金融専門会社」!そう、後に国会やマスコミでお騒がせの嵐を巻き起こした住専なるものだったのであります。

けれど、1970年代前半に誕生した住専各社は、いずれもノンバンクと呼ばれる預け入れを受け付けない貸し出し専門会社!
つまり、独自の収入源がない訳ですから、まずは自らが提携する銀行でお金を借り、それを又貸しするというシステムでした。そのため、会社が借りた銀行利息までがプラスされ、これ以上ないような高利貸しだった事は言うまでもないでしょう。

ついに個人向け銀行住宅ローンが登場!

住専こと住宅金融専門会社は、その名の通り、個人向けの住宅ローンを専門に取り扱うとは言え、構造的には、典型的サラリーマン金融であったと言えます。
けれど、この住専が、今の銀行の個人向け住宅ローンの前身であった事もまた、まぎれもない事実です。
その証拠に、最大手とされた「日本住宅金融」は、当時の三和銀行系で、それに継ぐ「住宅ローンサービス」は、第一勧業銀行・富士銀行・三菱銀行・住友銀行・さくら銀行・東海銀行・あさひ銀行と、かつての蒼々たる都市銀行の面々が5%ずつ出資し、設立したものです。
そこで、バブルが崩壊すると、銀行は、ダイレクトに個人にも住宅購入資金を貸し出す事に踏み切りました。
そうすれば、中間マージンや金利の二重という事がなくなり、一気に低利の好条件で融資を受けられるようになるのです。人々が注目しない訳がありません。

こうして、平成に入ってようやく、今のような低金利の長期型個人向け銀行住宅ローンなるものが確立され、普及していったのであります。
<参考>→住宅ローン – Wikipedia住宅金融専門会社 – Wikipedia

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
yamamoto
yamamoto
おしゃべり大好き! お節介大好き!! の典型的関西人おばちゃんです。言いたい事はズケズケ言うけど、結構面白かったり、時々ホロリとさせたりもしまっせ~( `pq´)ゥシシ 地元関西地区の食や趣味嗜好的な情報を中心に、自分の最大の課題であるダイエットの情報なんぞも、バンバン発信していきますので、よろしゅうおたのもうします(*^_^*)

weather天気図を見る際に知っておきたい5つのポイント

pixta_18779883_M.jpgパナマ文書は何が問題なのか。そしてこれからの影響はどうなるのか

関連記事

  1. 1b502570b70389c729bfadb188312a6a_s

    固定観念を捨てる事が出会いに繋がる!?

    6月1日のウーマンエキサイトにてなかなか面白い記事が掲載されました。要約すると「固定観念を捨てれば出…

  2. 1c91c323cb5f8439fc22cb274737daa5_s.jpg

    潔癖症は病気なのでしょうか?5つのチェックポイント

    若い人に潔癖症が増えているみたいです。異性との関係が上手くつかめない?潔癖症が原因かも。他人…

  3. 089986.jpg

    これからの季節、わき汗をどうするか?効果的な5つの対策

    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

  4. fintech

    いまさら聞けない?巷で流行るフィンテックとは何か

    ビジネスパーソンなら知っておきたい用語があります。例えば巷で流行っているのがフィンテックです。…

  5. 217311_1

    かつおぶしの塩分は心配無用

    時より、鰹節は塩分が多いのではと心配される方がおられますが、これは大きな誤解!確かに、かつおぶしには…

  6. 113365

    西川貴教じゃなかった!元AKB48、高橋みなみに熱愛発覚!

    かねてから高橋みなみと「怪しい」と噂されていた西川貴教。先日、ツアーを行う沖縄で落ち合うのではないか…

  7. hystuk

    冷やし中華の謎(第4弾)冷やし中華と冷麺は本当に同じか?

    今日は、1.近畿では5割以上の人が「冷麺」と呼ぶ冷やし中華の謎!(第1弾)2.冷やし中華の謎…

  8. ha08

    台風教室8時間目 台風の勢力を知ろう!

    いよいよ明日からシルバーウィークが始まります。とは言え、今年は暦の並びも天候も、今一つパッとしない様…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. vogue_word
  2. global_warming
  3. story_of_tono
  4. hatumode02
PAGE TOP