menu

80 views

ボッタクリリキシャで行く!インドの辛い旅

この記事の所要時間: 312

インドは甘くない国である。

スポンサーリンク

インドの旅は辛い。

「からい」ではなく、「つらい」のだ。

インドが辛い理由はたくさんあるのだけど、大きなインドの中でも、特に北部(ニューデリー、アーグラー、バラナシ)は、まさにインドのカオスが、そのまんま現代にも残っている。
そして、それは同時に、旅慣れていない旅行者にとっても全然甘くない、険しい道が続いている事を意味している。

1.インドに行ったらリキシャを使おう!

例えば、インドの町の移動機関のほとんどは「リキシャ」で行われている。

リキシャとは、人の力で後ろの座席に座った人を乗せる、言わば「人力車」の事で、リキシャという単語自体も、日本語の「人力車」が由来になっている。

インド式のリキシャは、自転車をこぐタイプと、バイクのようなモーターリキシャの2種類があり、どちらも後部座席は2席あるのが一般的だ。
もちろん、自転車リキシャの場合には、速度も遅くリキシャーワーラー(運転手)も疲れてしまうので、基本的には短距離のみで、モーターリキシャよりかは値段が安いのである。

モーターリキシャの場合には、すでにタクシーメーターがついている事が多いのだけど、旅行者だと分かるとメーターを使わずに、料金をボッタくる事があるため、乗り込む時に、ちゃんとメーターを使うように指示をする必要がある。

ただ、自転車リキシャの場合や、メーターを使わない、または1日チャーターで色々な観光名所に連れて行ってくれる場合には、少しわけが違って、リキシャワーラーと、利用者の間で値段交渉が必要になるのだ。

しかし、リキシャの値段の本当の相場を知るのは結構難しく、ヒンドゥー語が話せない時点で、現地人と同じ料金でリキシャを利用するのは、ほぼ不可能だと理解しておこう。

スポンサーリンク

また、ガイドブックに書いてあるような値段も、ほとんどの場合は、値上がりしているため、他の旅行者と、「このくらいの距離だと、このくらいの値段を払った」というような情報交換がとても重要になる事が多いのだ。

2.自分で物の価値を決める

日本に暮らしていると、どんな店やレストランに入っても、ちゃんと商品の名前、値段が書いてあって、自分で物の価値を決める事が、どうしても少なくなるため、日本人の多くは、この値段交渉があまりうまくないのだ。

「この商品に、いったい自分はどれだけの価値を置くのか」
そんな風に考える機会は、日本ではほぼない。

また、「どれだけの価値を置くか」というのと、「どのくらいの相場なのか」はまったく違って、「周りの人が100円で買ったものでも、自分にとって価値があると思えば500円だって気持ちよく払える。」どうやら外国人旅行者の皆さんは、そういう考え方で値段交渉をしているらしかった。

3.値切りすぎも良くない

そして、このボッタクリリキシャワーラーだって、生活があるのだ。

インド人からしても、「あなたたちは休暇で来ているんだから、少しくらい物の値段が高くても、大目に見てよー♪日本の方がずっと高いじゃ~ん」と、日本人の必死の値切りが、むしろ相手に対して失礼になっている事も、忘れてはいけない。

ただ、なぜだろう。
日本なら、100円単位で考える事すらしない人でも、インドでは血眼になって1円でも損したくないと思えてしまう、これはもしかして、インドマジックのひとつ、「金銭感覚のカオス」なのかもしれない…。

「旅の恥はかき捨て」とは良く言ったもので、本当にインドのリキシャワーラーに囲まれていると、心の底から闘争心が沸いてきて、「絶対にこの人達のせいで損をしたくない!」と、どうでも良い事で喧嘩をしてしまったのも、後から思い出してみると、まったく理解不能なインドの良い思い出である。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
TAKADA
TAKADA
南米・アルゼンチン在住。ウェブライター、日本語教師。 19歳の時から、世界一周旅行を始め、アジア、中東、ヨーロッパを周り、その先に行き着いた南米で生活を始める。 南米では、ブラジル、チリ、ペルー、ボリビア、ウルグアイなどを周遊し、その後、ボリビア、チリでの長期滞在を経て、2009年からは、アルゼンチンに移住。 現地で英語、スペイン語を使いながら日本語教師、日本語アシスタントの仕事をしている。

shared-img-thumb-OOK785_yoituburete_TP_V.jpg紫外線とは何か?どうして危険なのか考えてみましょう

089986.jpgこれからの季節、わき汗をどうするか?効果的な5つの対策

関連記事

  1. honkytonk_01

    【ネタバレあり】眠れぬ夜のホンキートンクブルース 大千秋楽 第一…

    シリーズ物ですが、今回初めて観劇しました。山田邦子さんや、アナと雪の女王でハンス王子を演じた津田英佑…

  2. tkrb02

    【ネタバレあり】舞台 刀剣乱舞が人気!その魅力とは? 第二回

    舞台・刀剣乱舞 虚伝 燃ゆる本能寺はBlu-rayとDVDがオリコンランキング(9/19付)で総合1…

  3. radio

    今SONYのラジオにできることは何だろう?あなたの生活に合うおす…

    熊本地震も落ち着いてきたのでしょうか。とはいえ小さな地震は、毎日のように起きています。それに…

  4. ss76_SIMmaster14172245_TP_V

    mineoのプレミアムコースは得?損?

    5月31日、ケイ・オプティコムが提供するMVNOサービス、「mineo」にて、通常料金とは別の専用帯…

  5. pixta_943044_M.jpg

    【インド鉄道】ニューデリー駅の3つのポイント

    インドといえば、タージマハル、ガンジス川、カレーなど、独特の文化は、日本人旅行者の多くを引きつけてい…

  6. shared-img-thumb-NKJ56_turisuruhito_TP_V.jpg

    釣りをこれから趣味にする人が心得ておくべき5つのポイント

    4月9日、福島県の沼沢湖で東日本大震災以降自粛されていたヒメマス釣りが解禁されました。ようやくの解禁…

  7. okuribi003

    8月16日は京都五山送り火です(最終回) 妙法の秘密

    『京都五山送り火』のご紹介、最終回は、前回の8月16日は京都五山送り火です(第2回)各送り火の紹介で…

  8. robot

    今話題のAIが進化するとスポーツや芸術、娯楽は変わる

    人工知能AIの進化には賛否両論あるでしょう。もちろん科学技術が発展すれば、私たちの生活は便利になりま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. preventive_medicine
  2. 好きと嫌いは【固定観念】もあるという事実。思い込みの怖さ
  3. profile_01
  4. tourabu119
  5. setubun_06
PAGE TOP