menu

179 views

5月5日に食べる柏餅の7つの不思議を解明しよう!(後編)

この記事の所要時間: 848

今日は、5月5日に食べる柏餅の7つの不思議を解明しよう(前編)の続き、後編です。柏餅の生地と中身の餡についての不思議は、それなりに解明出来ました。そこで、お次は柏餅の真の主役とも言える葉っぱの不思議に挑戦です。

スポンサーリンク

不思議4、柏餅の葉っぱの色

さて、柏餅の生地の色分けや色付けについては分かったところで、今度は葉っぱ! これもまた、緑と茶色があります。やっぱり着色料を使って、あえて2色のものを用意しているのでしょうか?

柏餅の緑の葉は鮮度の証

実際、生地の色分けと同じように、緑には漉し餡入りの、茶色には粒餡入りのお餅を包むとか、生地の色に合わせて葉っぱの色を使い分け、見た目のバランスを整えるという拘りを持ったお店もあります。けれど、どちらにせよ、葉っぱの色は緑か茶色かで、これは鮮度そのものを表していると言っても過言ではないでしょう。そう、緑は、取れて間もない青葉! 茶色は、収穫後に乾燥させて長期保存を可能にしたものなのです。

茶色い葉っぱはこうして出来る

元々我が国の端午の節句は、旧暦で祝うものでしたから、6月上旬という事で、正しく緑の葉が一面に茂る季節です。いくらでも立派な柏の葉が集められました。ところが、今は新暦となり、新緑を迎える頃に端午の節句も迎えてしまいます。すると、まだ葉っぱの成育が十分と葉言えず、どうしても天然物では小ぶりなものが主流になってしまうのです。

一方で、その葉っぱたちが立派に成長する頃には、柏餅の需要の最盛期はすっかり終わり、豊作でも意味がありません。そこで、それらを加熱殺菌した後、綺麗に乾燥させ、1年間貯蔵しておくという手段に打って出る事が増えました。そうすれば、翌年の需要期に再び戻して使う事が出来ます。ただ、その場合は、銅イオンなどの葉緑素が喪われてしまっているため、茶色の葉っぱになってしまうという訳です。

復活した青葉にご用心!

という事で、やはり青葉ならではの鮮やかな色合いと香りを楽しみたければ、緑色の葉に包まれた柏餅を選ぶべきでしょう。近頃は、南国から輸入し、新鮮な生葉を使っているお店も沢山あります。けれど、一つ気を付けないといけないのは、特性青葉などと称される新たな技法で生まれた緑色の葉っぱの存在がある事です。

実は、従来の乾燥葉は、ステンレス釜でボイルし、使用されていました。しかし、それを銅製の釜を使ってボイルする事により、再び銅イオンを葉っぱに注入する事が可能になるんですねぇ!! 特に、クエン酸を入れておくと、釜の銅イオンを誘引してくれるため、驚くほど容易に柏の葉の緑色を復活させる事が出来るのであります。とは言え、あくまでも元は乾燥葉ですから、香りまでが戻るかというと、残念ながらそうではなく、見ると嗅ぐとでは大違い! やはり目でも鼻でも初夏を味わいたいと思われる方は、天然柏葉に拘られる事が大事でしょう。

不思議5、柏餅は柏の葉には包まれていなかった!

なるほど、茶色の葉っぱは、去年の葉っぱだったという訳ですね。それでもまだ、柏の葉に包まれているだけましだと言えるでしょう。えっ、何を言ってるの? 柏餅は柏の葉に包まれているから柏餅なんじゃない!っと思われる方も多いかと思いますが、実はそうとは限っていないんです。それどころか、基本的に柏餅は柏の葉には包まれていません。

柏という漢字の本性

かしわもちは漢字で書くと「柏餅」! これはどこの国語辞典を調べてもそうなっていますから、間違いなさそうです。ところが、この「柏」という漢字は、本来はヒノキ科に属する針葉樹「コノテガシワ」を示すもので、こちらは確かに、今ではコノテガシワ属唯一の現生種となったある意味貴重な植物だとも言えるでしょう。また、芽吹く力が素晴らしく強く、成長が速いにも関わらず、根がしっかりと発達史、少々の暴風雨にも、害虫の攻撃にも負けない丈夫な木となるという特徴を持っています。

そして、何と言っても、子供が手を上げたような姿で枝が直立するところから、この永付けられたのです。例え柏餅が、まだ子供の日が制定されていなかった江戸時代から端午の節句に食べられていたとしても、男の子の健やかで立派な発育を願う一品に用いるには最適だった事でしょう。実際、葉っぱそのものは、春になれば黄金色に輝き、益々柏餅の主役の座に相応しいのでは!?という気がします。
<参考>→コノテガシワ – Wikipedia

柏餅は槲餅!!

しかし、このコノテガシワの葉は、クリスマスシーズンになると脚光を浴びるモミの木のような細い葉で、とてもじゃありませんが、お餅を包む事など出来そうにありません。そこで、柏餅には、正しくは「槲」と書くブナ科のカシワという木の葉っぱを用いる訳です。が、実際問題、今更ながら、和菓子屋さんの店頭に、“槲餅あります!”なんて書いてあれば、たちまち誤字だと騒ぎ立てられたり、読めない方も少なくはなさそうですね。

スポンサーリンク

それに何と言っても、千葉県の柏市では、ブナ科のカシワを市の木に指定するとともに、市の名前にまでこの字で用いているのですから、もはや日本では、この誤解を改善するのは不可能であると言っても過言ではありません。そのためかどうかは定かではないものの、Wikipediaにおいても、柏餅 – Wikipediaのページでは、きちんと指摘しているものの、カシワ – Wikipediaでは、柏と槲、漢字表記はどちらでもいいいような事になっています。なので、どうやら柏は、中国では、ヒノキ科の植物を柏科と呼ぶところから、日本でも、厳密には、コノテガシワに代表されるようなヒノキ科およびスギ科のさまざまな針葉樹を意味する事とされたのが裏事情で、まあどっちでもいいと言うより、かしわ餅は柏餅でOKなのでしょう。

柏餅でも槲餅でもないかしわ餅も多い!

という事で、柏餅が実は、柏の葉っぱに包まれていなかったというのは、ちょっとびっくりですが、もっとビックリなのは、元々柏の葉にも、槲の葉にも包まれていない柏餅が、日本には沢山存在するという事! というのも、実は、西日本、特に中国四国地方の場合、槲の木の自生が元々少なく、特に端午の節句が近付くと、葉っぱの需要が高まりますから、入手困難に陥りがちなのです。

そこで、丘陵地帯の崖っ縁などで時より見かける茎がくにゃくにゃ節ごとに曲がった1メートルから3メートルくらいの木、「猿捕茨(サルトリイバラ)」の葉っぱを用いる事がよくあります。恐らく、槲の葉より、かなり小降りのややハート型に近い可愛らしい葉っぱに、お餅がくるまれているというより、挟まれている柏餅を見かければ、それは実はいばら餅の可能性大! 他に、全国の山林で当たり前のように見かけるホウノキやミョウガの葉を使う事もあって、これらは厳密には「しば餅」と呼ぶのだとか・・・!!
<参考>→サルトリイバラ – Wikipedia

不思議6、柏の葉は食べるのか? 食べられるのか??

ほんと、所変わればとはよく言ったもので、柏餅が柏の葉に包まれていないのはしかたがないとしても、必ずしも槲の葉とも限っていないというのは、大発見ですね。それでもまだ、葉っぱで包まれているだけ良しとすべきなのが現代社会の柏餅事情と言いますか、実態! 近頃は、経費節減とばかりに、ビニール製の柏の葉もどきに包まれた柏餅も見かけます。これでは風味も何もあったものではありませんね。

柏餅の葉は食べられるの?

という事で、流石にビニール製の柏の葉は、間違っても食べる人はいないでしょう。でも、本物の槲の葉だったらどうでしょうか? 桜餅の葉っぱも食べるのだから、柏餅の葉っぱだって食べてもいいんじゃないの!?そう思われる方も多いらしく、実際、召し上がる方は少なくないと言います。事実、先のWikipediaの柏餅の項にも、“包んでいる葉は個人によっては食べる場合も食べない場合も存在する”と記されていて、食べる人がいる以上、食べられないものではないのでしょう。

しかし、柏餅の誕生秘話の一つには、徐々に高温多湿の時期を迎える端午の節句において、柏の葉の持つ高い殺菌力を頼りに使用としたという昔の大江戸の裏事情があります。ようするに、数日間の貯蔵や手で持って食べるときの抗菌対策だったという訳です。なので、元々食べるために巻くおむすびの海苔のような役割ではなく、ラップのような役割を担うものだという事なんだろうと思われます。

柏餅の葉は食べる?

実際問題、柏餅の葉は、槲という大木の葉っぱですからね、見るからに筋も多くて硬そうですし、食べる物ではないでしょう。とは言え、先述の通り、茶葉は一度乾燥させたものを茹でたり蒸したりして使いますから、青葉に比べれば、しなやかさはあります。

そこで、人生何事も経験とばかりに、一度は柏餅を葉っぱごと食べるという事にチャレンジされたという方は思いのほか多く、その方たちの感想として、やっぱり不味い! 美味しくないという答えが圧倒的多数なのです。よって、毎回きちんと食べる方はごく少数派で、一般ピープルとしては、一度食べれば十分という事になるのではないでしょうか?

不思議7、なんで柏餅は槲の葉に包まれているの?

さあ、柏餅の七不思議、いよいよ最後の謎の解明です。これが分かればきっと、端午の節句にどうして柏餅を食べるのかという答えも出そうですよ。

柏の葉で生を継ぎ、姓を継ぐ!

そもそも、何故、槲の葉に包んだお餅なんぞが登場したのか? その理由の一つは、先述の通り、槲の葉の持つ高い殺菌作用の恩恵を被りたいという事で、柿の葉寿司や笹団子と同じような保存食としての用途が上げられます。ですから、無理に槲の葉でなくても、笹や柿の葉でも良かった訳で、実際、同じ端午の節句に頂くちまきは笹の葉で包まれていますよねぇ!? しかし、槲の葉は、秋になると紅葉するものの、他の木のように、その後に葉が枯れ、綺麗に抜け落ちるという事はありません。

その大半は、茶色くなって、見た目は見窄らしくても、しっかりと枝にしがみつき、新芽が出たのを見届けてからようやくその一生を終えるのです。つまり、その木が丸裸になる事がなく、そこから、子孫繁栄と共に、代々我が家の名が途絶える事なく継続して行くという一つの仮説が成り立つ事になりました。こうして、生を継ぎ、姓を継ぐべく男の子の健やかな成長を祝う端午の節句の祝いの品として用いられるようになったのです。速い話、元々柏餅は、端午の節句のために編み出された季節限定のスイーツだったんですねぇ!!だから、5月5日に食べるんです。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
yamamoto
yamamoto
おしゃべり大好き! お節介大好き!! の典型的関西人おばちゃんです。言いたい事はズケズケ言うけど、結構面白かったり、時々ホロリとさせたりもしまっせ~( `pq´)ゥシシ 地元関西地区の食や趣味嗜好的な情報を中心に、自分の最大の課題であるダイエットの情報なんぞも、バンバン発信していきますので、よろしゅうおたのもうします(*^_^*)

3652b3ab892b26c7195c663c4c6c8e80_s.jpg5月5日に食べる柏餅の7つの不思議を解明しよう!(前編)

ac2abce4f4c8381eba993937c2db82a0_s.jpgGWは家でゴロゴロしながら家の事を考えよう!

関連記事

  1. 265224

    カース・マルツゥとは?

    チーズには、本当にたくさんの種類がありますが、その中でも、特にユニークなのがカース・マルツゥだと言わ…

  2. unanswered

    報われないと思っているあなたへ、評価してもらうにはどうすれば良い…

    ノーベル賞の発表などを見聞きすると、うらやましいと思う反面、悔しい思いもありそうです。なぜ自分で…

  3. nuhara

    ヌーハラって何?日本の文化?なぜヌードルハラスメントが日本中で大…

    ヌーハラという言葉をご存知でしょうか?最後に「ハラ」という言葉が付いているので新しいハラスメントだろ…

  4. dedb932173675f6ba5a9c918fbef2230_s

    クレジットカード現金化は違法なのでしょうか

    新しい借金の形態としてクレジットカードの現金化?略してクレカ現金化と称する方法が広がっています。…

  5. break_up

    【速報】木村拓哉、解散について遂にコメント「本当に、ごめん…」

    オリンピックかSMAPか。日本のメディアはまさにこの二つのニュースしかないのではないかという程に真っ…

  6. pixta_18301884_M.jpg

    霧の夢

    夢占いの中で、霧は疑惑や喪失、混乱を意味しています。霧という物自体が、はっきりとしないものですから、…

  7. ha20

    台風教室20時間目 台風の動きと速さの秘密を知ろう!

    猛烈な強さを持つと言われていた台風18号ですが、流石にここへ来て、随分勢力は衰えて来ました。非常に強…

  8. auto_drive

    自動運転車にも保険適用?交通事故の示談交渉が解決しやすくなるか

    人工知能AIの進化は目覚ましいものがあります。新聞には連日のように関連記事が掲載されています。そこで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. dynamite_01
  2. fb_w
  3. hatumode03
PAGE TOP