menu

521 views

海の中はどうなっているのか?海にある5つの秘密

この記事の所要時間: 348

日本人にとって、は身近な存在です。
夏は海水浴を楽しみますし、海を見ると和みますね。
とはいえ私たちは、海のことをよく知りません。
地上とは比較にならないほどの神秘が隠されています。
その一端を、ほんの少しですが、紹介しましょう。

スポンサーリンク

海の秘密とは

これまでに確認できた海の秘密を、少し見てみましょう。

1.水圧は強い

意識していない人も多いでしょうが、水圧は強いです。
お風呂に長く浸かると疲れますね。水圧も関係しています。
空気中でもそうですが、水中では前後左右上下、
すべての方向から圧力がかかります。
また水圧は深さに比例します。
例えば肩幅が50センチ、胸板厚20センチの人が1メートル潜ると、
底面積が50×20=1000平方センチメートルになります。
この上に1メートルだから100センチの高さを掛けると
1000×100=100,000立法センチメートルの水が頭上にあります。
1000立方センチメートル=1リットル=約1キログラムなので
100,000立方センチメートル=100キログラム!
つまり単純計算ですが、100キロの重さが加わります。
水中に入ると空気の入ったペットボトルは簡単に潰れる?
この水圧に耐えられるように生物は進化しています。
だから、深海魚を陸に揚げると?
圧力が弱すぎて、眼が飛び出る!
内蔵が破裂することもあるようです。

2.浮力は凄い

水圧に反するかのように、水中では浮力が働きます。
では浮力とは何か?
水中に入った物体の体積と同じだけの水の重さ」です。
具体的な数字で表すと、
肩幅50センチ、胸板厚20センチ、身長170センチの人の体積は
50×20×170=170,000立法センチメートルです。
水は1000立方センチメートルで1キログラムですから
単純計算ではありますが、170キロの浮力が生まれます。
だから必然的に、この人は水に浮くはず!
そうした原理なので、身体が大きいほど浮力は大きくなります。
さらに海水のように不純物が多いほど浮力は増えます。
故にクジラやジンベイザメなど、大型の生物が生存できるのです。

スポンサーリンク

3.光のない世界

水中に深く入るほど、太陽の光が届かなくなります。
特に赤い光は水に吸収されやすいので、
水深が深くなるほど、青い世界になります。

不純物や波の影響もあり、正確には計算できませんが、
細かい光は水深1000メートルまでは届くようです。
とはいえ光合成できるような明るさではありません。
そのため水深200メートルが植物プランクトンの生存限界?
植物がいなければ動物も生存できない?
なお光がなければ物が見えません。
そのため深海生物には眼が退化したものが多いようです。

4.硫化水素で生きる

生物の進化は驚異?神秘です。
つまり深海では光合成できず、酸素も少ない環境です。
では栄養源は何か?
深海底の一部から硫化水素の吹き出ている場所があります。
その成分を利用して化学合成細菌が繁殖します。
これが光合成の変わりに栄養を作り出しています。

これらの細菌と共生している不気味な生物?
ガラパゴスハオリムシなどが発見されています。
人間にとって硫化水素は有毒です。
火山近くなどにある、いわゆる「硫黄臭い」原因です。
とはいえ、蓼食う虫も好き好き!
食べ物の好みについて、文句を言ってはいけないのでしょう。

5.熱いのが好き

海底の下には何があるか?マグマです。
そのため深海底の割れ目から、熱水が吹き出ている箇所があります。
そこの温度は400度を超えることがあるようです。
水は100度で沸騰するのでは?
しかし吹き出た周りの水温は通常2度程度です。
直ぐに冷やされてしまいます。
とはいえその熱水を目当てに集まる生き物がいます。
バクテリア古細菌と呼ばれるものたちです。
これらは熱い、酸素がない、光がない!
そんな世界で悠々と?暮らしています。
それって、どこかに似ていないですか。
そうです、宇宙です。
木星の衛星であるエウロパが、そんな環境だと考えられています。

宇宙以上に海はわかっていない

意外なことですが、海は、宇宙以上にわかっていない!
とはいえ海について調べれば調べるほど?
理屈では考えられないようなことが起きています。
宇宙人の存在が予測できる?
宇宙人以上に奇妙な存在に、逢えるかもしれません。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

セブンイレブンの闇…?社長退任案否決の意味

レクサスってどんな車?特徴を挙げてみよう

関連記事

  1. NASAが太陽系外惑星を発見!地球外生命体の探し方

    アメリカ航空宇宙局NASAが39光年先に太陽系外惑星を7つ発見した!2017年2月23日付の科学…

  2. 火星に向けた有人宇宙船をスペースX社が始めるようです

    これからの宇宙開発は民間企業が中心です。ロケットの打ち上げも、民間が頑張ります。日本で言えば…

  3. 沖縄が梅雨に入りましたが、梅雨とは何でしょうか

    2016年5月16日、沖縄と奄美地方が梅雨に入りました。じめじめした季節の到来です。この時こ…

  4. アインシュタインの予言が的中?重力波を捉えたぞ!

    休日開けの日本にビッグニュースが飛び込んできました。円高ではありませんよ。アメリカの研究チー…

  5. X線天文衛星の打ち上げ成功!期待される3つのこと

    2016年2月17日午後5時45分宇宙航空研究開発機構JAXAと三菱重工業はH2Aロケットを…

  6. まだ間に合う!夏休みの自由研究はシャボン玉で決まり

    夏休みも半分終わりました。北国であれば、そろそろ新学期の準備ですね。自由研究は終わりましたか…

  7. 気象庁が3か月予報を発表!2016年の夏も暑いみたいです

    2016年5月25日、気象庁は、6~8月の3か月における天候の見通し、いわゆる3か月予報を発…

  8. 花粉とは何か?なぜ飛ぶのか?花の仕組みを考えよう

    春が近づくのは嬉しいものですが、乗り越えるべき壁があります。それはスギに代表される花粉症です。これか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 子どもを追い詰めてはいけない理由。逃げ場を与える怒り方の必要性

amazon

PAGE TOP