menu

53 views

DNAや遺伝子をどこまで信じるべきなのでしょうか

この記事の所要時間: 338

先日、我が家のポストにチラシが入っていました。
「遺伝子検査、身近になりました。今なら40%OFF」
がんや心筋梗塞などの病気への罹りやすさ、
長生き、肥満などの体質に関する遺伝的傾向を調べてくれるようです。
とはいえどこまで遺伝子やDNAを信じるべきなのでしょうか。
変に心配しないためにも、科学的に考えておきましょう。

スポンサーリンク

生保が活用を検討中

2016年4月2日にニュースが入ってきました。
生命保険大手の明治安田生命が、
遺伝子の情報を保険サービスに活用する!

保険会社としては初の試みだとか。
営利企業であれば、是非とも考えるべきことでしょう。
とはいえ倫理的な問題としてはどうなのでしょうか。
遺伝的に短命の傾向があるならば保険に入れない?
やるなら堂々とやって欲しいものですが、
お店で出されたカップに付いた唾液から検査する?
そんな刑事ドラマみたいなせこいことはしてほしくないですね。

DNAが教科書を変える

これまで動植物の分類は、形態によって判断されていました。
つまり見た目で、近い種類か遠い親戚か?区分しました。
しかしDNAの分析技術が安価かつ迅速にできるようになっています。
生物学の分野でも、これを活用すべきなのでしょう。
すると、従来の分類ではおかしな点が出てきたようです。
例えば双子葉植物と単子葉植物の分類が明確ではなくなる!
鳥や哺乳類に関しても、違った視点を持つことになります。
近い将来に、子供達の教科書が書き換えられてしまうのでしょう。
もちろん先人の知恵には敬意を表するべきです。
逆にDNAの違いはそれほど確実なのか?
科学的に疑う心も、失ってはいけないのでしょう。

スポンサーリンク

遺伝子がすべてを決めるわけではない

がんの遺伝子があっても、100%発症するわけではありません。
父親や祖父が薄毛でも?生活習慣次第で抜け毛を予防できます。
遺伝子は、ひとつの可能性にすぎません。
逆に眠っていた遺伝子が、何らかのきっかけで目覚める?
エピジェネティクスと呼ばれる現象もあります。
もっと細かく調べていけば?
これまで否定されていた獲得形質が遺伝する!
STAP細胞だって、やり方の問題?
もしかしたら存在しているかもしれません。
生命38億年の歴史を侮ってはいけないのでしょう。
人間には、未だ知らないことが多いのです。

遺伝子検査の目的は何か

遺伝子検査が安くなりました。
中途半端な人間ドックを受けるよりも確実かもしれません。
とはいえ遺伝子検査を自ら進んで行う目的は何でしょうか。
自分が将来がんに罹る!それを知ってどうするのか。
もちろん余命を知りたい!そういう願望はあります。
やりたいことをやってから死にたい!
一方で寿命を知ってしまうと、それで落胆してしまう。
自分の性格と相談すべきなのでしょう。
そもそも余生を気にしない人なら?
遺伝子検査をする必要もありませんね。
あとは野となれ山となれ!
健康管理の一貫として行うならば価値はあるでしょう。
しかし単に安心したいだけなら?止めた方が無難です。
遺伝子検査も100%確実だとは言い切れないからです。

DNAとは何か

改めてDNAとは何でしょうか。
オーストリアの植物学者であるメンデルが衝撃的な実験を行い、
その結果が1900年に再確認されてから100年以上が経過しています。
神の存在を信じる人であっても、遺伝の事実は否めないでしょう。
とはいえDNAとは単なる物質にすぎません。
たった4種類の塩基と呼ばれる物質の並び方が違うだけで、
病気に罹りやすいか否か?それが決まってしまうのです。
突然変異で変わってしまうこともあります。
もちろん放射線も、その原因のひとつです。
実に単純すぎる仕組みですが、それが進化の源になった?
考え方次第ですが、ギャンブル的な要因も少なくなさそうです。

どこまで信じますか

遺伝子検査をどこまで信じますか。
いくらまで値段が下がったら、やってみたいですか。
ウェブ上から申し込めば、専用のキットが送られてきます。
1カ月以内に結果が出てきます。
1万円のおみくじと思えば?
新年度を契機として、運試ししてみるのもよさそうです。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

X線天文衛星「ひとみ」が音信不通!考えられる3つの可能性

くしゃみを出したい?止めたい!具体的な3つの方法

関連記事

  1. ようやく台風1号ですが、台風が発生する仕組みとは

    2016年も7月に入り、今年も半分が終わりましたが、気象関係者の間では、気になることがあるようで…

  2. 地震の予測や評価、公表の方法を見直す時に来ているようです

    2016年の夏、国が地震に関する基準などを見直し始めています。まずは8月15日、政府の地震調査研…

  3. 石油は本当に、いつか枯渇するのでしょうか

    1980年には、30年後に石油が枯渇する!真剣な議論があり、子供ながらに心配した記憶があります。…

  4. 海の中はどうなっているのか?海にある5つの秘密

    日本人にとって、海は身近な存在です。夏は海水浴を楽しみますし、海を見ると和みますね。とはいえ…

  5. 夢の燃料?アンモニアは再び救世主となれるのか

    アンモニアに対するイメージは何でしょうか。おしっこの臭い?虫刺されの薬!化学肥料として使われ…

  6. 「虫よけ」はどれだけ効果があり、また安全なのでしょうか

    暖かくなると、野外での活動が増えます。もちろん熱中症に注意すべきですが、虫対策も重要です。そ…

  7. 海上保安庁が海底の歪みを発見した?地震の確率は変わるのか

    2016年5月24日、イギリスの科学雑誌ネイチャーの電子版に、海上保安庁がまとめたデータが掲載さ…

  8. 築地市場の移転で問題になっているベンゼンって何?

    ひとつの化学物質が、世の中を大きく揺るがすこともあります。例えばベンゼンです。高校の化学で登場す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【常識を疑え】価値観の違いによっても変化する『当たり前』
  2. 『常識』『普通』っていったい誰の基準?喧嘩で使ってはいけない言葉
PAGE TOP