menu

318 views

外来生物は誰にとって悪なのか?「自然とは何か」ですね。

この記事の所要時間: 330

東京23区にハクビシンが多発している!
不可解なニュースが届いています。
街中に「野生動物」がいる。
言い換えると冬でも暖かく、残飯が多い!
野生動物には暮らしやすい場所かもしれません。
一方でハクビシン?
外来生物の問題を指摘する風潮もあります。
とはいえ外来生物の何がいけないのでしょうか?
ちょっとひねくれた視点から考えてみましょう。
つまり「自然とは何か」そういう話です。

スポンサーリンク

外来生物とは何か

まず外来生物とは何か?
元々その生態系に含まれていなかった生物のことを指します。
とはいえ元々とは、いつを基準にするのでしょうか。
別の解釈をすると、
故意を問わず、
人間の活動によって導入された生物とも言えるようです。

例えば毛皮を得る!
ペットを含めて飼育目的で輸入されるケースがあります。
それが脱走?野生化した!
一方で農作物への有害生物に対する天敵とするため、
積極的に野へ放つこともあります。
しかしその有害生物は、元々いた生物ではないのか?
農業の方が「外来生物」かもしれませんが。
さらに飛行機や船に紛れて来日した?ムシ系に多いですね。
いずれにしても人間がやったことです。
動植物に罪はないはずです。

生態系への影響とは

外来生物を問題視する理由として、生態系への影響!
これを重視しますね。
とはいえ生態系への影響とは何でしょうか?
もちろん固有種が絶滅する!
例えば小笠原諸島では野山羊が増えてしまい植生が破壊された。
沖縄ではジャワマングースがアマミノクロウサギなどを襲っている!
ブラックバスの問題もありますね。
生き残るような強い種が導入されると、弱い種が駆逐される!
まさしく弱肉強食です。
自然現象?
野生の掟を直接見ることができます。
何か問題があるのでしょうか。

スポンサーリンク

何がいけないのか

生態系への「悪」影響がある。何がいけないのでしょうか。
ひとつは多様性が失われる!
わかりやすい解釈ですね。
とはいえ自然は、人間が考えるほど「愚か」ではありませんよ。
人間が「邪魔」をしなければ、
自然は自ずと多様性を築いて落ち着きます。

新しい「自然」生態系として安定していきます。
そうやって地球上では進化を続けてきたのです。
人間に限らず、盛者必衰です。恐竜も滅びたのですから。

ありえない仮定ですが

ありえない仮定ですが。
もし中生代の終わり、恐竜が絶滅の危機に瀕している時、
今の科学技術を持った人間がその場にいたら、
恐竜を救うべきなのか?
しかし恐竜を放置していれば、
自分が襲われるかもしれないのですよ。

ウルトラマンの世界を考えてみれば、わかりやすいかもしれません。
科学特捜隊やMATは自然を破壊しているのでしょうか。
同じことが病原菌に関しても当てはまるでしょう。
自然保護団体に尋ねると、
極端すぎる!
バカにされました。
とはいえ多様性という意味で捉えれば、
病原菌や怪獣にも何らかのメリット?
生きる権利があるはずです。

自然保護とは人間保護

巷で言われている自然保護、環境保全とは何か?
言い換えると人間保護です。
人間のための活動です。

一見して自然を大切にしましょう!
耳当たりは良いですね。
しかし駆逐される動植物は悪者なのでしょうか。
彼らこそ、置かれた場所で健気に頑張っているのではないでしょうか。

逆に人間が操作していますよね。
自然に任せてはいないですね。
人間が介入しています。
それが本当に自然保護なのでしょうか。

そろそろ素直に認めた方が良いのではないでしょうか。
人間保護活動をしましょう!
変な衣を着けるから、おかしな言い争いになるのです。

最強の外来生物は何か

農業は自然か?
人間に世話をしてもらわないと生存できない!
作物や家畜は自然な生き物なのでしょうか。
農業系大学の教授ですら、誤った認識があります。
そもそも自然にとって最も迷惑な生き物は何か?
最強の外来生物は何か?
極論だ!批判する前に、自問してみるべきです。
鏡に尋ねてみましょう。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

pixta_13614065_M.jpgiPhoneよりAndroid?Androidユーザーが増えつつある5つの理由

st世界が緑に染まるセントパトリックスデー

関連記事

  1. 786409237-koli-bacteria-123081-ERJK-640x426-MM-100.jpg

    最近の細菌はすごい!今後も期待できる7つの分野

    細菌と聞けば、病原菌!怖いイメージですね。しかし細菌の種類は千差万別です。人間にとってありが…

  2. pixta_13589905_M.jpg

    X線天文衛星「ひとみ」が音信不通!考えられる3つの可能性

    2016年2月17日に打ち上げられたX線天文衛星「ひとみ」が、 3月26日に、音信不通となりまし…

  3. spider

    クモの巣を見たら、害虫がいる証拠です

    薄暗い場所を歩いていたら、クモの巣に引っかかった!嫌な思いをした人も多いでしょう。もちろん見…

  4. global_warming

    地球温暖化に関する3つの誤解?本当に解決すべきなのか

    地球温暖化の進行を食い止めるため2015年12月に合意を得たパリ協定が、2016年11月4日に発効し…

  5. 014206.jpg

    水中の生物と地震にまつわる5つの関係は迷信なのでしょうか

    2016年4月14日以降、熊本を中心とした九州地方で大きな地震が続いています。いつ収束するか…

  6. pixta_18125886_M.jpg

    光合成しない植物がいる!そもそも植物なのでしょうか

    屋久島でまた、光合成をしない植物が発見されたようです。2012年にも同島において光合成しない…

  7. pixta_14800145_M.jpg

    日本の宇宙産業はイプシロンで逆転なるか

    日本の宇宙産業にとって2015年は飛躍の年でした。金星や小惑星への探査機が成功しました。ロケ…

  8. trnd

    夏は竜巻に注意!発生する仕組みと避難方法を知りましょう

    竜巻が多く発生する季節はいつでしょうか。暑くなる、初夏から秋にかけてです。実際に2016年6…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 好きの反対語は本当に無関心?では嫌いの反対はいったい何!?
  2. preventive_medicine
  3. 好きと嫌いは【固定観念】もあるという事実。思い込みの怖さ
  4. profile_01
  5. tourabu119
PAGE TOP