menu

156 views

AIはKYだった?やっぱり人間の脳は凄い!

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 342

昨今何かと話題なのは、AIすなわち人工知能です。
様々な先進性が謳われています。
将来的には人間と置き換わる?
しかし意外な弱点があったようです。
つまり当たり前なことを知らない?
KY(空気が読めない)だったようです。
そう考えると、やっぱり人間の脳は凄いのですね。
頭の良い人に、AIみたいだね!
これは褒め言葉になるのか?微妙ですよ。

AIとは

そもそもAIとは何でしょうか。
英語のArtificial Intelligenceを略したものです。
コンピュータを使って、人間の脳を再現しよう!
そういった機械?です。
とはいえ単なるコンピュータの集まりではありません。
可能な限り脳に近づける!思考方法を工夫しているようです。
そのため昨今では、与えられた情報から類推する機能も有するようになりました。
そして東大の入試問題に挑戦!そんな試みも行われています。
しかしそこから?意外な弱点がわかってしまったようです。

プログラムされないとわからない

私たちには、暗黙の了解がありますね。
例えば物は下に落ちる!
小学生くらいになると、重力があるから!
言えるようになります。
とはいえ重力の科学的な仕組みは理解していないでしょう。
しかし下に落ちる!
これを無意識にでも前提としていることが重要なのです。
一方でAIはどうでしょうか。
基本的にプログラムされていることしか知りません。
持っている茶碗を手放すとどうなるか?
AIにはわからないようです。
すると物理の問題は解けません。
私たちは必然的に、落ちる!危ない!考えます。
高校生になれば自由落下の公式を当てはめます。
それでもAIにはわからない!
この場合はこの公式を使う!
プログラムされないとわからないのです。
もちろん指示された後の計算は速いですけどね。

スポンサーリンク

人間は無意識に体得する

もちろん親から、危ないよ!
言われているかもしれません。
しかし茶碗を手放すと落ちる!
無意識に体得するようです。
理屈は後からついてきます。
だからよくありますね。
子供の「どうして」攻撃が。
それに辟易するお母さん方も多いようです。
これに上手く応えてあげると?
子供は理科を好きになるでしょう。
一方で適当に誤魔化したり、
変なことを聞くな!
当たり前でしょ!
そんな返答をすると?
子供に諦め癖がついてしまいます。

それでも興味を示す子は、自分で考えたり調べたりしてくれますが。
そういう積極性こそ、人間に本来備わっている本能なのでしょう。
AIとの大きな違いかもしれません。

悲惨な事故は無くなるのか

昨日(2016年2月25日)も大阪で悲惨な事故がありました。
つまり運転手が急死したため、車が赤信号を猛進しました。
最近は多いですね。
一方で自動運転の車も開発が進んでいます。
自動運転が当たり前になったら、
こうした事故は無くなるのでしょうか。
しかし人を殺してはいけない!
そういう当たり前のことをプログラムしているでしょうか。
障害物を避けろ!イコール人を傷つけるな!
人間なら暗黙の了解ですね。
しかしAIにはいちいち因果を含めなければなりません。
製作者のちょっとした思い込みが、大きな事件とならないことを祈りたいですね。

当たり前とは何か

当たり前とは何でしょうか。
これは地域や文化によって違いますね。
変な言い方ですが、生活習慣が大きく影響します。
だから結婚してびっくり!そんなケースが少なくありません。
なお本来は人類共通の「当たり前」であるはずです。
つまり、人を殺してはいけない!
とはいえ毎日のように殺人事件があったり、戦争がなくなりません。
こうした世の中でAIも感じているでしょう。
人間にとって「当たり前」とは何か?
それを汲み取ってAIは働くのでしょうか。
KYでいてくれた方が、安心な気もしますが。

勉強しないとAIになる

将来的にAIが普及したら、勉強しないとAIになるよ!
そんな戒めが聞かれるようになるのかもしれません。
健気に働くAIには気の毒です。
とはいえAIにどこまで「当たり前」を教えるべきなのか。
人間は本当に凄い!
そう思わせるような、人間の良識が問われることになりそうです。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

火事は何故なくならないのか?予防が難しい3つの理由

福井で見つかった恐竜は新種?恐竜に関する誤解をとこう

関連記事

  1. 次なる宇宙の課題はダークマターを探すことです

    ノーベル賞級の宇宙に関する謎が、連続して解明されています。とはいえまだまだわからないことはたくさ…

  2. 量子科学技術研究開発機構が発足!期待される3つの技術

    気づいていない人も多いでしょうが、2016年4月3日に、放射線医療総合研究所と日本原子力研究開発…

  3. 元素の周期表を理解すれば化学がよくわかります

    先日113番目の元素としてニホニウムが認められました。これを機に化学への関心を深めてみませんか。…

  4. AIがまた快挙!実質的な囲碁界のトップ棋士に完勝です

    お隣韓国でのお話です。だから日本では、あまり話題になっていませんね。とはいえ2016年3月1…

  5. 強アルカリ性の危険性

    酸と塩基物質の化学的分類法のひとつに酸と塩基があります。酸と塩基は相対的な概念ですが、物質が…

  6. 豊洲から出続ける!シアンとは何か?

    豊洲劇場はどこまで続くのでしょうか。もちろん安全や安心の問題はありますが、今では築地も危ない?…

  7. エルニーニョだから暖冬?暖冬になる本当の原因とは

    2016年1月も半ばを迎えました。ようやく平年並みの寒さがやってきたようです。スキー場にも雪…

  8. 紫外線とは何か?どうして危険なのか考えてみましょう

    初夏を迎えるこれからの季節、紫外線対策は不可欠です。日焼けはやけどと同じことです。ではどうし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 子どもに何でも一生懸命して欲しい!最も有効なことは【やる気】と【記憶】
  2. もっと頑張らせたい!誰の判断?【努力していないように見える子ども】
  3. 子どもが笑わない原因は!?笑顔の大切さを教えるために必要な事
  4. 新生児が笑うのは何故?寝ている赤ちゃんの微笑みから声を出して笑うまで

amazon

PAGE TOP