menu

81 views

ミサイルかロケットか?そもそも人工衛星って何だ

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 347

2016年2月7日、平穏なはずの日曜日です。
しかし衝撃的なニュースが流れました。
つまりお隣の国が、
事実上の長距離弾道ミサイルを発射したからです。
ちなみにミサイルだと発射で
人工衛星なら打ち上げなんですね。
そんな皮肉はさておき。
当国は人工衛星と主張してます。
ならば科学の発展に寄与するのではないでしょうか。
そもそも人工衛星ってなんでしょうか。
その辺を紐解いてみましょう。

人工衛星とは

宇宙の話をする際の基本です。
太陽のように自らが光を発している天体を恒星と呼びます。
恒星の周りを回る星、つまり地球などを惑星と呼びます。
その惑星の周りを回る星、つまり月などを衛星と呼びます。
月は自然にできたため自然衛星です。
一方で人工的な物体を地球の周りで回らせる!
これが人工衛星です。

昨今は様々な目的で人工衛星が活躍しています。
毎日お世話になるのが気象衛星です。
天気予報の精度が高まりました。
またスマホを使っている人は?
GPSを含めた通信衛星が不可欠ですね。
BSテレビを観るには放送衛星が必要です。
さらに軍事衛星もあります。
一説には人工衛星を攻撃する人工衛星があるとか?
物騒になってきます。

人工衛星を打ち上げた国は

最初に人工衛星を打ち上げた国は?
いわゆる旧ソ連です。
1957年のことです。
当時は東西冷戦期です。
アメリカも負けてなるものか!
翌年の1958年に打ち上げました。
次いで1965年にフランスが打ち上げます。
そして日本も1970年!大阪万博の年ですね。
ここにも変な競争がありそうですが?
中国も1970年に打ち上げています。
国連常任理事国としてのイギリスも黙ってはいません。
1971年に仲間入りです。
その後はインドが1980年、
イスラエルが1988年、
ウクライナが1992年、
イランが2009年、
北朝鮮が2012年、
自称を含めて打ち上げに成功しました。

スポンサーリンク

人工衛星を打ち上げるには

実際に人工衛星を打ち上げることが
どれだけ大変なことなのでしょうか。
まず地球は丸いですね。
その球体の周りを回り続ける工夫が必要です。
つまり周回するスピードが遅すぎると?
重力の関係で地球に落下してきます。
一方でスピードが速すぎると?
重力の力を超えて地球圏外に飛んでいきます。
その丁度良い具合が求められます。
それが宇宙速度と呼ばれるものです。
高校の物理で習います。
例えば地球の周りを回り続ける!
人工衛星の場合には
秒速7.91キロの速さが必要です。  これは第一宇宙速度と呼ばれます。
また惑星探査へ行くためには?
秒速11.2キロの速さが必要です。  これは第二宇宙速度と呼ばれます。
さらに太陽の重力圏を脱するためには?
秒速16.7キロの速さが必要です。  これは第三宇宙速度と呼ばれます。

ミサイルにするには

基本的にミサイルも宇宙ロケットも
打ち上げる原理は同じです。

ただし乗せる物が違います。
爆弾を積めばミサイルです。
一方で衛星を入れた!
だったらただのロケットでしょう。
とはいえミサイルとして使うには?
もうひとつ重要な技術が不可欠です。
つまり普通に考えたなら、
打ち上げれば重力があるから落ちてくる!
イメージしますね。
しかし一度大気圏を越えたら?
大気圏に再突入する必要があります。
その際はとんでもないスピードがありますね。
それが空気に触れると摩擦熱を生じます。
これが理由でアメリカのスペースシャトルが
大惨事を起こしています。
アメリカの科学技術を持ってしても大変なことです。
今回打ち上げられた物体に関しては?
まだ耐熱設備が完備されていないようです。
すなわち何らかの理由で落ちてきても?
地上に到達する前に燃え尽きてしまいます。

科学者を自認するなら

先に示したように、人工衛星を打ち上げた国は?
きな臭い噂が絶えない国々です。
指導者がちょっと考え方を変えたら?
どうなるかわかりません。
そういう意味では人工衛星を打ち上げる!
国際社会の同意が不可欠です。

そもそもロケットを打ち上げる技術がある!
裏事情はあるでしょうが、科学者を自認するなら
それ自体は賞賛すべきです。
ただし周りに悪影響を及ぼさないためにも
協力していくべきなのでしょうね。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

紙おむつが若者の我慢を奪った?そう思わせる3つの理由

トヨタの今後の展望を3つの話題から検証してみる

関連記事

  1. 外来生物は誰にとって悪なのか?「自然とは何か」ですね。

    東京23区にハクビシンが多発している!不可解なニュースが届いています。街中に「野生動物」がい…

  2. DNAや遺伝子をどこまで信じるべきなのでしょうか

    先日、我が家のポストにチラシが入っていました。「遺伝子検査、身近になりました。今なら40%OFF…

  3. 今や火星へ移住は夢じゃない!必要なものは何か、準備をしましょう

    アメリカの話ですが、スペースX社が火星移住計画を検討しています。費用は1人当たり2000万円に押さえ…

  4. まだ間に合う!夏休みの自由研究はシャボン玉で決まり

    夏休みも半分終わりました。北国であれば、そろそろ新学期の準備ですね。自由研究は終わりましたか…

  5. 高齢犬の2割が認知症?5つの特徴とおすすめの対策

    高齢化問題は人間だけの話ではありません。家族の一員とも言えるペットでも深刻化しているようです。品種改…

  6. 地球は水惑星のはずなのに各地で水不足になる3つの理由とは

    地球の表面積を考えた場合、約7割は海です。そのため水惑星と称されることがあります。とはいえ世…

  7. 高病原性鳥インフルエンザ発生!偏見は禁物、正しい知識と注意点とは…

    2017年11月29日、新潟と青森で、それぞれ高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されました。直ち…

  8. 最近は暖かいですね。とはいえ温度とは何ですか

    2016年5月13日、日本の最北端である稚内で、サクラの開花宣言がなされました。春先が暖かか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【ママ友】がこわい!信じちゃダメ?人間不信に陥った体験談
  2. 【ママ友】っていったい何?どういう存在?いつからある言葉なの?

amazon

PAGE TOP