menu

231 views

怖いのが地震の二次災害

この記事の所要時間: 11

地震はとても恐ろしいものですが、地震と同等、もしくはそれ以上に気をつけなければならないのが二次災害です。
東日本大震災も、地震そのものも大きな被害をもたらしたものですが、二次災害でもある津波。
これが大きな爪あとを残したのです。
自然現象ですので仕方ない部分もありますが、地震は二次災害を引き起こすものだという事を頭に入れておくべきです。
沿岸部であれば津波に警戒すべきですし、山間部であれば地震の衝撃で火山が起きたりするかもしれません。
また、河川部であれば洪水が起きたりするかもしれません。
このように、地震には二次災害がつき物ですので、地震が起きたら、地震そのものに対処するのはもちろんですが、二次災害も心配しなければならないのです。
揺れが収まったから終わりではないのです。
また、人間による二次災害もあります。
地震の際にパニックとなり、人混み等で混乱状態に陥る。
それが伝染し、多くの人が混乱し、どうにもならない状況となってしまう事だってあるのです。
このような事もありますので、人災とも言える二次災害にもまた、気をつけなければなりません。
特にこの二次災害は気持ち次第で防げるものなのですから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

運転中は地震に気付かない?

買い占めの心理

関連記事

  1. どこまで禁止すべきなのか?ドーピングの何が問題なのか

    2016年の今年はリオ・オリンピックがあります。何かとオリンピックの話題はお騒がせしていますね。…

  2. タイムマシンは可能なのか。時間順序保護仮説とは?

    時間順序保護仮説とは?『時間順序保護仮説』とは、イギリスの理論物理学者、スティーヴン・ホーキング…

  3. 洗濯物の汚れが落ちる仕組みを知れば無駄がなくなる

    昭和の時代は、大量の粉石鹸を洗濯機に入れて洗ったものです。しかし昨今の洗濯は、少量の液状洗剤が主…

  4. 世紀の大発明!ノーベルの遺産、ダイナマイトとは何か

    ノーベル賞ウィークが始まりました。今年は日本から大隅良典さんが出席します。ノーベル賞は科学者にとって…

  5. イセエビはロブスター?オマールエビとの違いを簡単に解説します

    数年前に、高級レストランなどでエビの偽装問題がありました。覚えていますか。とはいえその根底には、定義…

  6. 30年以内に発生する地震の確率をどう受け止めるべきか

    2016年6月10日、政府の地震調査委員会は、今後30年の間に震度6以上の地震が起きる確率を示し…

  7. 夕日はなぜ大きい?

    太陽の大きさは、原則として常に一定です。地球の公転軌道は楕円形ではありますが、太陽の見かけの大き…

  8. 海の中はどうなっているのか?海にある5つの秘密

    日本人にとって、海は身近な存在です。夏は海水浴を楽しみますし、海を見ると和みますね。とはいえ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 好きなのに価値観が違いすぎる?別れた後で後悔しないために
  2. 【常識を疑え】価値観の違いによっても変化する『当たり前』
PAGE TOP