menu

188 views

運転中は地震に気付かない?

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 12

車を運転中は元々揺れているので小さな地震程度では気付きません。
類似した乗り物であっても電車は本部が一元管理しているため、地震が起きれば自動的に速度を緩めることになりますが、車の運転中はドライバー自身が認識するしかありません。
そもそも地震の揺れ、振動、これは車の揺れも同じなので、運転中に両者の振動が上手く?相殺されれば地震を感じることはなく、逆に揺れが干渉して増幅すれば激しく車体が傾く?場合によってはひっくり返る可能性が否定できません。
もちろん地震の被害で路面にヒビが入ったり、土砂崩れなどが生じれば大惨事に至る危険があるので、早めに地震を察知することが大切です。
なお運転中に地震が発生した際には、まず徐行、周辺を見つつ、路肩に寄せて止めましょう。
地震の大きさに応じて、車を放置する時にはエンジンを切り、しかし緊急車両の妨げにならないように、キーを挿したまま車から離れましょう。
車の運転中は、あらゆる事態を想定して操作することが求められており、それができない人は運転する資格がありません。
ちなみに津波のスピードは車より速い!ことが2011年の東日本大震災で実証されたので、車を捨てる?勇気を持ちましょう。

スポンサーリンク

マグマって何ですか?

怖いのが地震の二次災害

関連記事

  1. 温暖化を防げ!代替フロンの開発が急がれています

    暑い夏、熱中症を防ぐには、冷房が不可欠です。しかしエアコンの冷媒として使われている代替フロンが、…

  2. 注目の素材セルロールナノファイバーのメリットは5つある

    どの業界も競争が激しく大変です。とはいえ画期的な製品を作り出せば、それで一気に形勢逆転するこ…

  3. 海の中はどうなっているのか?海にある5つの秘密

    日本人にとって、海は身近な存在です。夏は海水浴を楽しみますし、海を見ると和みますね。とはいえ…

  4. 酸素がないのに太陽は燃えているのか?光、熱、炎の不思議

    SF映画では、宇宙空間でドンパチが行われます。派手に爆発したり炎上しますね。とはいえ宇宙空間…

  5. 職務発明の報酬は妥当なのか?そもそも発明は誰の物か

    日本は天然資源に乏しい国です。そのため人こそが宝です。そうした社員が生み出す発明品によって企業は利益…

  6. 月と太陽と引力を解説

    海で起こる現象の一つに潮が満ちたり、引いたりする現象があります。月の引力が海水を引っ張るために【…

  7. 大型連休はどこへ行く?自然散策では5つのことに注意しよう

    ゴールデンウイークはどこへ行きますか。山歩きや湖畔、海に行くのも楽しいですね。とはいえ自然散…

  8. 石油は本当に、いつか枯渇するのでしょうか

    1980年には、30年後に石油が枯渇する!真剣な議論があり、子供ながらに心配した記憶があります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. SOSサイン!?「ママ嫌い!」という子どもの本当の想いと最善の対処法

amazon

PAGE TOP