menu

197 views

地震が多い国について

この記事の所要時間: 12

日本は世界的にみても地震が多い国とされており、世界中で発生する地震の1割は日本で起きているとも言われています。

スポンサーリンク

地震が多い国の特徴は火山が多いということであり、一般に太平洋周辺諸国、例えばアメリカでは西海岸沿い、南米ではチリ、オセアニアではニュージーランド、そしてインドネシアなども典型的な地震が多い国です。

また日本より西側に位置する国を見ると、中国やイラン、さらにトルコなども地震が多い国として著名であり、時に大きな地震の被害が報告されています。

スポンサーリンク

これに対してマレーシアなどの大陸東南アジア諸国や韓国、オーストラリアなどは地震がほとんど発生しないので、そのような国から留学や仕事などで来日し、突然の地震にビックリすることが少なくないようです。

日本は顕著に地震が多い国ですが、建物に対して厳しい耐震基準が設けられているので、地震による死者は相対的に少ないと言われています。

一方で中国やトルコなどでは未だ充分な地震対策が施されていない地域もあるため、大きな地震が発生すると被害は甚大です。

ちなみにヨーロッパ諸国は地震がほとんど発生しないので、古い石造りの建物を現在に至るまで残すことができたとされています。

スポンサーリンク

imasia_16172459_M.jpg横ずれ断層型について

imasia_8356840_M.jpgマグマって何ですか?

関連記事

  1. ionbattery_01

    リチウムイオン電池とは何か?なぜ問題視されないのか

    韓国サムスンが作ったスマホで発火事故!大きなニュースとなりました。原因はリチウムイオン電池か…

  2. c51e2c031dacc9a7368d926f0bf5f220_s.jpg

    大型連休中にあった宇宙や星に関する5つのトピック

    大型連休はどこへ行ったでしょうか。最近は体験型の博物館なども増えています。もちろん何の予定も…

  3. kmnr01

    小学生でもわかる!雷の仕組みについて学ぼう

    雷の仕組みを解説します大気が不安定になる状態が最近増えました。これも地球温暖化の影響なのでし…

  4. 766fb717798e33580735018e3b32ac57_s.jpg

    「虫よけ」はどれだけ効果があり、また安全なのでしょうか

    暖かくなると、野外での活動が増えます。もちろん熱中症に注意すべきですが、虫対策も重要です。そ…

  5. pixta_18950122_M.jpg

    どこまで禁止すべきなのか?ドーピングの何が問題なのか

    2016年の今年はリオ・オリンピックがあります。何かとオリンピックの話題はお騒がせしていますね。…

  6. pixta_17429227_M-e1460088527294.jpg

    量子科学技術研究開発機構が発足!期待される3つの技術

    気づいていない人も多いでしょうが、2016年4月3日に、放射線医療総合研究所と日本原子力研究開発…

  7. shared-img-thumb-OOK785_yoituburete_TP_V.jpg

    紫外線とは何か?どうして危険なのか考えてみましょう

    初夏を迎えるこれからの季節、紫外線対策は不可欠です。日焼けはやけどと同じことです。ではどうし…

  8. global_warming

    地球温暖化に関する3つの誤解?本当に解決すべきなのか

    地球温暖化の進行を食い止めるため2015年12月に合意を得たパリ協定が、2016年11月4日に発効し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ff15
  2. security1205
  3. bird1205
  4. vogue_word
  5. global_warming
PAGE TOP