menu

277 views

エルゴ球とは何でしょうか?

この記事の所要時間: 12

『エルゴ球』って?

「一般相対性理論」によると、ブラックホールは、大きな重力によって、光さえも脱出することができない天体のことを指します。

スポンサーリンク

ブラックホールは回転していると考えられ、その回転しているブラックホールの外側にある領域のことを『エルゴ球』と呼んでいます。

簡単な2次元図で表すと、ブラックホール、すなわち事象の地平面はほぼ円形であらわされますが、『エルゴ球』は楕円形。
光速度よりも速い速度で、ブラックホールの回転方向へ引っ張られていると考えられています。

スポンサーリンク

『エルゴ球』には負のエネルギーが?

ぐいぐいとブラックホールの回転方向へ引っ張られているエルゴ球内の物体。
この動きによって、エルゴ球内には負のエネルギーが存在していると考えられています。

そして、そのエネルギーは取り出すことが可能なのだとか。
エネルギーを取り出す過程としては、ロジャー・ペンローズにより提唱された「ペンローズ過程」が有名。

もちろん、実証はされていませんが、コンピュータモデルでは計算がされていて、非常に興味深い研究結果です。

莫大なエネルギーを有効利用できる未来がやってくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

imasia_16883606_M.jpgタイムマシンは可能なのか。時間順序保護仮説とは?

imasia_9052898_M.jpg月と太陽と引力を解説

関連記事

  1. imasia_15397786_M.jpg

    夕日はなぜ大きい?

    太陽の大きさは、原則として常に一定です。地球の公転軌道は楕円形ではありますが、太陽の見かけの大き…

  2. pixta_17812751_M.jpg

    偏見を取り除こう!日本が独自に戦闘機を開発すべき理由とは

    日本は現在、戦闘機に関する様々な技術を独自に研究および開発しています。もちろん賛否両論あるで…

  3. 786409237-koli-bacteria-123081-ERJK-640x426-MM-100.jpg

    最近の細菌はすごい!今後も期待できる7つの分野

    細菌と聞けば、病原菌!怖いイメージですね。しかし細菌の種類は千差万別です。人間にとってありが…

  4. Coelacanthiformes

    生きた化石シーラカンスの新種が確認されました

    北九州市立自然史・歴史博物館などの研究グループは、2016年7月1日、シーラカンスの新種を確認し…

  5. pixta_4048711_M.jpg

    究極のエネルギー製造工場?人工光合成は実用化するのか

    大手企業が密かにやっている研究があります。それは人工光合成です。何故か?光合成は究極のエ…

  6. safe_food

    農薬も規制緩和の対象?食の安全は守られるのでしょうか

    一般の人にはあまり身近ではありませんが、規制緩和の一環として農薬の安全性試験を一部省略するとの議論が…

  7. pixta_2650551_M.jpg

    風力発電は原子力発電の代わりになりえるのか

    2011年の東日本大震災から5年を迎えようとする今、少しずつ原子力発電の再開を是認する風潮が現れ…

  8. imasia_16883606_M.jpg

    タイムマシンは可能なのか。時間順序保護仮説とは?

    時間順序保護仮説とは?『時間順序保護仮説』とは、イギリスの理論物理学者、スティーヴン・ホーキング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. vogue_word
  2. global_warming
  3. story_of_tono
  4. hatumode02
PAGE TOP