menu

3,484 views

強アルカリ性の危険性

この記事の所要時間: 126

酸と塩基

物質の化学的分類法のひとつに塩基があります。
酸と塩基は相対的な概念ですが、物質が水に溶けた場合の水素イオン濃度(pH)を単位として用いるのが一般的です。
pHは1から14までの範囲で、pH7を中性として、pH7未満を酸性pH7より大きくなると塩基性と考えます。

スポンサーリンク

アルカリ性と強アルカリ性

そして塩基の性質を持つ物質が水に溶けたケースをアルカリ性と呼び、このうちpH14に相対的に近い場合を強アルカリ性と言います。

アルカリ性の性質

アルカリ性の物質の基本的な性質は、しぶい味がする触るとぬるぬるする赤色リトマス紙を青色に変える酸性と反応して効果を打ち消す(中和する)などがあります。
特に強アルカリ性の物質はタンパク質を溶かす性質があり、手などに触れると火傷のように皮膚が溶け出す危険性があるので取り扱いには注意が必要です。

スポンサーリンク

強アルカリ性の使用上の注意

逆に強アルカリ性物質が持つタンパク質を溶かす性質を利用して一部の石鹸や洗剤などは殺菌剤として用いられています。
強アルカリ性の製品を使用する場合には、使用上の注意にしたがって適正に扱えば危険性は低いですが、時に酸性物質である塩酸などと同時に使用すると化学反応を起こして塩素ガスが発生する危険性が高く、命に関わる危険性があるのでご注意ください。

関連記事

【そもそもアルカリ性とは?】
いまさら聞けない?酸性やアルカリ性とは何ですか
【強アルカリ性の水が豊洲市場で検出された】
築地市場の移転で問題になっているベンゼンって何?
【2017/1/16 最新記事!】
豊洲の地下水から高濃度のベンゼンが検出された?想定される3つの理由

スポンサーリンク

アルカリ性の飲み物にはどんなのがある?

汗はおしっこと同じ成分

関連記事

  1. 異常気象ではありません。猛烈寒波に襲われた3つの理由

    2016年1月24日奄美大島で115年ぶりの雪を観測しました。このように西日本を中心として大…

  2. 運転中は地震に気付かない?

    車を運転中は元々揺れているので小さな地震程度では気付きません。類似した乗り物であっても電車は本部…

  3. イセエビはロブスター?オマールエビとの違いを簡単に解説します

    数年前に、高級レストランなどでエビの偽装問題がありました。覚えていますか。とはいえその根底には、定義…

  4. DNAや遺伝子をどこまで信じるべきなのでしょうか

    先日、我が家のポストにチラシが入っていました。「遺伝子検査、身近になりました。今なら40%OFF…

  5. お風呂のカビを取り除くためには3つの心がけ

    油断すると、お風呂の壁や天井が黒ずみます。その正体とは?カビのようです。毎日掃除しているつも…

  6. 火星が大接近します!とはいえなぜ距離が変わるのか

    2016年5月31日、火星と地球が大接近します。全国的に天気は悪くはなさそうなので、夜、南の…

  7. 木星でもオーロラを観測!オーロラの原理とは

    アメリカ航空宇宙局NASAは、2016年7月2日、木星の北極付近で光るオーロラの映像を公開しまし…

  8. エルゴ球とは何でしょうか?

    『エルゴ球』って?「一般相対性理論」によると、ブラックホールは、大きな重力によって、光さえも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 子どもを追い詰めてはいけない理由。逃げ場を与える怒り方の必要性

amazon

PAGE TOP