menu

11,556 views

雷の原理とは

この記事の所要時間: 115

雷はなぜ起こるか

それは、溜まった静電気が放電するというとっても単純な原理です。

スポンサーリンク

雷ができるまで

1 まずは水分が雲をつくります。

雲は水分のかたまりですが、空へ高く上がっていくと氷の粒になり、それが、ぶつかり合ったりこすれ合ったりするようになります。
ここで、静電気が発生します。

2 発生した静電気は、雲の中に溜まっていきます。

この帯電した雲が、雷曇。

3 さらに雷曇の中では、マイナスの電気を持った氷の粒が、雲の下の方に集まってきます。

プラスの電荷は上に集まります。まるで巨大な磁石みたいですよね。

スポンサーリンク
4 さらに、そのマイナスの電気につられて、地表にはプラスの電気が集まってきます。

もし、空気が電気を通す素材でできていたなら、さらっと空気に流れる雷曇の電気だけれど、空気は電気を通さないので、ギリギリまで電気は雲の中にとどまります。

5 そして、雲の下の方に集まったマイナスの電気と、地表に集まったプラスの電気とが中和しようとして電気が飛んでいきます。

以上のメカニズムを落雷といいます。
地表に落ちずに雲と雲の間で起こる雷も、原理は同じ、静電気の放電。

ちなみに、市販されているマイナスイオン発生器は、この雷と類似の原理を利用しているのだそう。
音はしないけれど、放電を起こしているのです。

2016.6.23追記
※さらに詳しく解説した、小学生でもわかる!雷の仕組みについて学ぼうも是非ご覧ください。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

お客様へ正しい羊羹の出し方

アルカリ性の飲み物にはどんなのがある?

関連記事

  1. X線天文衛星ひとみの後継機を2020年に打ち上げます

    X線天文衛星ひとみの後継機を打ち上げる?宇宙航空研究開発機構JAXAからそんな話が聞こえてきまし…

  2. アメリカ版はやぶさが目指している小惑星とは何か

    現地時間の2016年9月8日、アメリカ航空宇宙局NASAは、小惑星を目指す無人探査機オシリス・レ…

  3. 2017年1月1日に設定される、うるう秒って何?時間とは何かとい…

    総務省は2016年7月17日、うるう秒に関する公表しました。つまり2017年1月1日、いつもより…

  4. 地球はなぜ丸い?

    かつて地球は平面であり、水平線の先は滝になっており、その先には地の果てがあると恐れられていました。…

  5. 地球は水惑星のはずなのに各地で水不足になる3つの理由とは

    地球の表面積を考えた場合、約7割は海です。そのため水惑星と称されることがあります。とはいえ世…

  6. 電池の原理を知りましょう!ここにもイオンが活躍しています

    災害時のために備えておくべきですが、最近電池を見なくなりました。スマホ中心の生活になると、乾電池…

  7. ようやく台風1号ですが、台風が発生する仕組みとは

    2016年も7月に入り、今年も半分が終わりましたが、気象関係者の間では、気になることがあるようで…

  8. ついにCIAがデータを公開!宇宙人は存在するのか

    2016年1月26日アメリカ中央情報局いわゆるCIAが未確認飛行物体すなわちUFOに関する資料の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【常識を疑え】価値観の違いによっても変化する『当たり前』
  2. 『常識』『普通』っていったい誰の基準?喧嘩で使ってはいけない言葉
PAGE TOP