menu

114 views

デキる人が折れるのはストレスではなく疲労だった!

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 319

うつ病が「心の病気」だと考えている人は多いですが、メンタルケアの現場では心だけの問題ではなく、体や脳など、身体の問題であるとの見方がずいぶん浸透してきました。
先日見かけた記事がとてもわかりやすかったので紹介しましょう。

元自衛隊メンタル教官が教える 「折れてしまう」原因は、ストレスではなく◯◯だった 〈dot.〉|dot.ドット

2015年12月から50人以上が働く事業所に義務化された「ストレスチェック」。年1回、労働者のストレス状態を調べることで、労働者のメンタル不調を事前に防ぐのが目的である。それほど、働く人の心の不調…

元自衛隊のメンタルケアを担当していた方が、経験に基いて書かれているものですが、ここでは「折れる」には2つのパターンがあり、そのうちの1つは「ストレスにやられるのではなく『疲労』にやられる」と書かれています。

「疲労」は心を壊す

メンタルケア心理士の私の経験でも、やはり身体の不調から精神疾患に陥る人はとても多いです。特に、責任感が強く、比較的頭の良い人は、ある日突然重度の精神疾患を抱えて社会復帰の難しい状態になることが多いですね。
責任感が強くて頭の良い人というのは、つまり仕事のできる人です。そういう人は、職場で自分がしなければならないことや、した方が良いことがよく見えます。自分の仕事ではなかったとしても、他の人ができていなければどうにかしなければならないと考えます。
結果、自分のキャパシティ以上のことをしようとしたり、休息をないがしろにしがちになります。
それがまた、できてしまうだけの能力があるんですよね。
周囲も大丈夫だと思って頼ってしまうし、期待をかけてしまうので、そのループは終わることがありません。慢性的に「働き過ぎ」な状態に陥ります。
そして急に、パッタリと動けなくなってしまうのです。
このタイプの折れ方は、最初からかなり重度です。
徐々にストレスを抱えていくのではなく、急にうつ状態になって一歩も動けなくなってしまったりするため、社会復帰がとてもむずかしくなります。

スポンサーリンク

まずは睡眠を大事にする

冒頭の記事には、こんなことも書かれています。

強制的に8時間睡眠と6時間睡眠をさせるグループを作り2週間後に比較したところ、6時間睡眠グループでは、酩酊と同じぐらいの能力の低下が観測された。米軍などでは、任務中でも少しでも余裕があるときは、交代で積極的に昼寝をすることを推奨している。

え、6時間の睡眠で酩酊と同じくらい?」と感じた人も多いでしょう。
軍隊ですから、日常の心身への負荷が大きく違うのですが、つまりは「心身への負荷が大きい人は6時間でも睡眠は足りていない」ということです。
そして、それを2時間増やすだけで結果は全然違うということも重要なことです。
私は、1日7時間半の睡眠を推奨しています。
また、疲れたと感じたら、20分未満の仮眠をとることもすすめています。
日常生活でどうしても3時間とか4時間とかしか睡眠が取れないという人には、休日にはたっぷり寝るようにすすめます。
睡眠をきちんと取れない人は、とても危険な状態なのだと覚えておきましょう。

より良い睡眠を得るために

睡眠は、時間だけではありません。
質がとても大事。
面接で睡眠に原因がありそうだな、と感じるクライアントには、まずは睡眠の質を高めるようアドバイスをします。

□寝る前のスマホチェックをやめる(液晶画面を見ない)
□真っ暗にして眠る
□朝起きたら朝日を浴びる(起き上がれなくても朝日は浴びるようにする)
□寝る前3時間は食べない
□手足を温める(内臓温度を下げる。入浴が効果的)
□午後に運動をする

質の高い睡眠が取れるようになれば、身体の疲労はかなり軽減されます。
また、判断力の向上も期待でき、気分も前向きに浮上しやすくなりますから、毎日疲労感の抜けない人はぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

塾は要らない!家庭学習におすすめ厳選教材

読書で悩みを解決!メンタル本人気トップ10!

関連記事

  1. 【速報】木村拓哉、解散について遂にコメント「本当に、ごめん…」

    オリンピックかSMAPか。日本のメディアはまさにこの二つのニュースしかないのではないかという程に真っ…

  2. 住宅ローンの借り換えで本当にお得になるのか?

    マイナス金利導入以来、夢のマイホーム購入を本格的に考えられる方が一気に増えました。確かに、今が絶好の…

  3. したい!できない!早起きの秘訣は5つあります

    早起きをする秘訣は何かあるでしょうか。目覚まし時計をかけるだけでは、根本的な解決になりません。…

  4. やっぱりあんたが悪い!!『夫が不倫をする理由ベスト10』

    以前、2010年代不倫ブームに蔓延するゲスの呪いにご用心を!という記事の中でも予想したように、どうや…

  5. 不倫のまとめ

    不倫とはドラマなどでも馴染みの深い「不倫」。意外と身近に感じている人も多く、相談の多いキーワ…

  6. 土用の丑の日直前企画(第1弾)ウナギは本当に体にいいの?

    7月30日は2016年の「ウナギの日」!じゃなかった、「土用の丑の日」です。どちらにせよ、年に一…

  7. 色彩心理ワインレッド編

    ワインレッドにはどのような色彩心理が隠されているのでしょう。気になっている方もいるでしょうが、ワ…

  8. 埼玉・武州ガスが電力自由化参入!何が変わる!?

    5月24日、埼玉県の武州ガスが電力自由化に参入すると発表。埼玉県でガス会社を営む同社の「参入」のニュ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【ママ友】がこわい!信じちゃダメ?人間不信に陥った体験談
  2. 【ママ友】っていったい何?どういう存在?いつからある言葉なの?

amazon

PAGE TOP