menu

1,160 views

若い男性でも要注意!冬に増える尿漏れの原因5つ

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 331

いい年をした大人がお漏らしをする?
とはいえ今の時代は珍しくありません。
ただ恥ずかしいので誰も口に出さないだけです。
そうして独りで悩みを抱える人は少なくないようです。
30歳代であっても?
男女を問わず1割の人は尿漏れを経験しているとか。
漏れる量や頻度が多いなら?
一度お医者さんで相談してみましょう。

尿漏れとは

尿漏れにも様々なタイプがあります。
最たるものは完全なお漏らし状態です。
トイレが見つからなかったり大行列?
これはアクシデントです。
しかし少しの我慢もできないケースがあるようです。
またそこまで重症ではなくても?
残尿感があったり一物をしまった後パンツの中でジュワッと残尿が漏れることもあるでしょう。
この程度の尿漏れであれば?
かなりの頻度で経験者がいるそうです。
それを諦めるか妥協するか?
とはいえ放置すると深刻化する場合もあるので気をつけましょう。

尿漏れになる原因は

尿漏れになる原因は多々あります。
男性でもありがちなのは以下のとおりです。

1.切迫性尿失禁

尿意を感じてからトイレに行くまで間に合わなかった!
これは切迫性尿失禁と呼ばれます。
ほとんど我慢できない状態です。
外出するのが怖くなります。
何らかの病気が隠れている可能性があります。
例えば脳梗塞などの後遺症で神経系がおかしくなったケースです。
また男性では前立腺肥大症も関係しています。
一方で膀胱炎などもありがちです。
とはいえ服用薬で症状を和らげることができます。
早めに泌尿器科で診察を受けましょう。

2.前立腺関係

男性で多いのが前立腺関係のトラブルです。
もちろん前立腺肥大症や前立腺がんなどもあります。
とはいえ年齢を経れば、誰でも前立腺が大きくなります。
そして大きくなると尿道を狭めてしまいます。
これが残尿感を生む原因です。
きれが悪かったり、しまった後にチビる理由でもあります。
あまり悩み込む必要もありません。
落ち着いてゆっくりと排尿するように心掛ければ?
大きな失敗は防げるでしょう。

スポンサーリンク

3.排尿時に尿道を圧迫している

若い男性に現れやすい尿漏れの原因は?
排尿時に尿道を圧迫しているケースです。
ぴったりめのスーツやジーンズなどで尿道を押さえつけていると?
排尿がスムーズにいきません。

場合によっては尿道内に数滴尿が残ることもあります。
これがしまった後の漏れにつながります。
基本的に病気ではないので心配する必要はありません。
とはいえ不快です。
ゆったりめのズボンを穿きましょう。
また昨今流行?
座って排尿するのも、このケースでは予防になるようです。

4.慌てている

駅のトイレなど、男性は慌ててしまいがちです。
女性は個室にこもれます。
しかし男性は後ろに並ばれてしまいます。
これがプレッシャーになる?
中途半端で排尿を止めてしまうケースがあるようです。
すると残尿ができ尿漏れの原因にもなります。
隣に人がいると尿道が狭まってしまう人もいます。
難しいでしょうが、ゆっくり息を吐きつつ肩の力を抜きましょう。
排尿がスムーズになります。

5.身体が冷えている

冬に残尿や軽度の尿漏れを頻発する人も多いでしょう。
この理由として身体が冷えてしまい尿道括約筋などの働きが弱まってしまうこともあるようです。
夏は大丈夫だったけど冬になると漏れる?
尿漏れで季節を感じてしまうケースもあります。
日頃から身体を冷やさないことが大切です。
なお自宅でもトイレは他の部屋より寒いものです。
だから早く出ようと考えてしまいます。
これが残尿そしてチビ漏れにつながります。
トイレに小さな暖房器具を置く!
暖かい格好でトイレに行く。

それだけでも予防できますよ。

尿漏れは仕方がない?

ある程度の尿漏れは仕方がない!
特に年齢を経れば老化もあります。
案外ストレスに由来する残尿や尿漏れもあります。
恥ずかしいでしょうが、心配ならば?
泌尿器科で相談してみましょう。
それだけで安心して、漏れが治まることもあるようです。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

1月7日は家族みんなで七草がゆを食べよう!

学校の部活が教育の上でも必要な3つの理由

関連記事

  1. 3つのアンケート調査から分析する部屋探し、さて、1階・3階・5階…

    先日、新居探しのベストは1月、正しく今です!というお話をしましたが、まだまだ選択肢豊富で、ゆったり部…

  2. あなたは大丈夫?歯肉炎で家が買えないかも知れない!!団体信用生命…

    サラリーマンAさん、住宅購入検討中&歯科通院中大手企業に勤めるAさん40歳、小学生の息子…

  3. 結婚2周年の記念日は綿婚式!愛する妻を喜ばせるには?

    男にとっては早々忘れがち、あるいは、覚えていても、一気に粗末になりがちなのが、結婚2周年の記念日です…

  4. お盆休みは必要か?いらないかもしれない5つの理由

    毎年のように繰り返される高速道路の大渋滞!空港や駅も大変な人が集まります。それはそれで景気が…

  5. 新生児が笑うのは何故?寝ている赤ちゃんの微笑みから声を出して笑うまで

    新生児が笑うのは何故?寝ている赤ちゃんの微笑みから声を出して笑う…

    生まれたばかりの新生児に「可愛いね~。」と話しかけると笑ったり、眠りながら微笑んだりします。…

  6. 怒っても何をしても治らない!子どもの人に対する噛み癖にはどう対処すべき?

    怒っても何をしても治らない!子どもの人に対する噛み癖にはどう対処…

    ケンカすると、すぐに友達に噛みついてしまう。 自分の思い通りにならないと、いらだって噛…

  7. 改めて「生活保護」ってなんなの?

    かつて生活保護というのは言うなれば「都市伝説」と言っては大げさですが、どのようなものなのかあまり知ら…

  8. 【ママ友】がこわい!信じちゃダメ?人間不信に陥った体験談

    【ママ友】がこわい!信じちゃダメ?人間不信に陥った体験談

    親子の共依存に気づき、子どもを社交的にするために『母親の私が変わらなければいけない!』と気づいた私は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【ママ友】がこわい!信じちゃダメ?人間不信に陥った体験談
  2. 【ママ友】っていったい何?どういう存在?いつからある言葉なの?

amazon

PAGE TOP