menu

128 views

パナマ文書は何が問題なのか。そしてこれからの影響はどうなるのか

この記事の所要時間: 33

4月5日、まさに世界が揺れました。パナマの法律事務所から流出したとされる金融取引に関するデータですが、何が問題なのか分からないという人もいるのではないでしょうか。世界の首脳の名前が多々列挙されていますが、今後この問題はどのように変遷していくのか。いろいろな懸念がされているのですが、この問題を分かりやすくお話してみるとしましょう。

スポンサーリンク

事実だけでいえば…

この問題は、タックスヘイブンと呼ばれる租税回避地にて世界の首脳たちが金融取引を行っていたというデータが流出しました。金融取引というのは株ですとか融資ですとか、いろいろな事です。取引そのものはどこででも行われているものなのですが、なぜタックスヘイブンでの取引が問題になっているのかというと、金融取引も本来であれば税金がかかります。

ですがタックスヘイブンでの取引であれば税金がかかりません。これは脱税という意味ではなく、ルールによって定められていますので、タックスヘイブンでの金融取引は決して違法ではありません。

オフショアファンドなども、基本的にはタックスヘイブンでの投資信託になります。本来であれば利益に対して税金がかかるのですが、タックスヘイブンであれば税金がかかりませんので、税金がかかるエリアでの投資信託よりも高い利回りが可能なのです。つまり、行為そのものだけでいえば、決して何かを問われるような事はありません。単純にタックスヘイブンで金融取引を行ったというだけです。

何が問題なのか

では何が問題なのか。タックスヘイブンでの金融取引はお金持ちの方々にとっては節税になります。首相や大臣であっても税金は発生します。アイスランドの首相がこの問題で辞任に追い込まれたのですが、アイスランドは金融危機のおかげで税金を上げていたのです。国の税収が少ないという事で税率を高めたものの、実は自分は節税していたのです。これが問題なのです。

スポンサーリンク

国は税収がない。だからこそ税金を高くするなど、国の税収アップのために庶民に負担を強いているものの、自分自身は節税していたという事です。ルールで禁止されていません。ですが、モラルの面を考えると、政治家は率先して税金を納めるくらいの心意気を求められているでしょう。自分で節税して国民には税金を出させる。これでは問題になるのも無理からぬ話です。

日本は大丈夫なのか

日本はというと、日本の企業もいくつか名前が挙がっているようですが、メディアでは報道されていません。こちらもよく言えば「節税」であって、決して違法性のある問題ではありません。

ですが、国が税収が低いと嘆き、消費税増税など庶民に「しわ寄せ」が来ているのは、実は大企業の数々がこのような形で節税を行っていたとなれば、国民感情としても「消費税増税して下さい」とはいかないでしょう。

結局は感情論になってしまいますが、繰り返しになりますが違法行為ではありません。モラルが問われる部分の問題であって、政治家が「違法性のある事はしていないけど何か問題があるのか」と開き直れば、法律の面から追い詰める事は出来ません。

今後はどうなるのか

今後の金融情勢がどうなるのかは、かなり未知数です。違法行為ではありませんので、政治家の方々が辞任なり、あるいはタックスヘイブンの法律が変わったりとなれば世界の金融事情が一変する可能性さえあります。

日本のメディアが日本に関して報道していないのはまだまだどのような状況になるのか分からないので報道出来ない部分もあるのでしょう。全容が解明されない限り、もしかしたら報道局でさえ今回の件に巻き込まれてしまうかもしれないのです。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
二宮祐介
二宮祐介
30代のとりあえずいろいろな物に興味を持っているライターです。 最近は真田丸が熱いです。

日本の住宅ローンは、なんと、100年以上前からあった!

暖かくなりましたが、一酸化炭素中毒には注意しましょう

関連記事

  1. 漢字の書き順をどうするか?正しい教え方はあるのか

    テレビ番組でもありますが、大人も漢字の書き順を知らない?もちろん結果として正しく読めれば問題はな…

  2. ファイナンシャルプランナーの資格は何級から履歴書に書ける?

    ファイナンシャルプランナー(FP)資格取得者の数は、毎年増えて来ていますが、何級の資格を取れば、履歴…

  3. 探偵業務の裏仕事のまとめ

    警察との違い「探偵」と「警察」はぜんぜん違う!探偵と警察は、どちらも同じように調査を行ってい…

  4. アメリカ新大統領決定!その裏で日経平均が急落した理由

    日本時間11月9日、何かと話題を振りまいていたアメリカ大統領選挙の結果が出ました。下馬評を覆し、…

  5. 教員養成大学から教員になる人が減っている!?その理由5つ!

    2020年に学校の教育制度が大きく変わります。児童や生徒も大変ですが、もっと大変なのは先生です。…

  6. 国がサイバー防衛専門家の育成を本格的に進めるようです

    夏も過ぎ予算編成の時期ですが、総務省は2017年度の予算に、サイバー防衛専門家の育成に関する費用…

  7. いじめはなくならない?いじめに強くなる5つの方法

    文部科学省の調査によれば、2015年度のいじめ件数は小中高を併せて22万件を超えたました。2014年…

  8. 専門職業大学?文科省が新しい大学を作るみたいです

    文部科学省の諮問機関として中央教育審議会があります。そこが2016年5月30日に文科省へ答申しま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 自身の価値を見出せ。美しさにこだわる価値観よりももっと大切な事。
  2. 価値観とルックスどっちが重要?男と女の結婚観はこうだった!

amazon

PAGE TOP