menu

645 views

「借金大国日本」はこの先どうなるのか、5つの角度から検証する

この記事の所要時間: 31

1月29日にマイナス金利の導入が決定したものの、以降も株価の不安定さは続いています。辛辣な評価を下している所もあるのですが、このようなニュースばかりを目の当たりにしていると、本当にこの先日本はどうなってしまうのかと、何とも言えない気持ちになっていく人も多いのではないでしょうか。
消費税増税、少子高齢化、国の借金…。まだまだ諸外国と比べれば恵まれているのかもしれませんが、格差の拡大など、日本はもはや「安全大国」「将来の心配のない国」とは言えなくなってきています。
そこで、日本の将来など、金融面も含めていろいろな角度から問題を検証してみるとしましょう。

スポンサーリンク

少子高齢化の影響

これこそ金融面だけではなく、日本社会がとにかく何とかしなければならない事です。なぜなら、少子高齢化によってまずは医療費が膨らんでいます。そして、人口比率が高齢者の方が多いのですから生産人口の低下、さらには選挙に関しても結局は高齢者を優遇しなければならない状況となっています。
ですが、少子高齢化の何が問題なのかと言えば、そうそう簡単に解決出来ない問題だからです。
少子高齢化というのは、高齢者が多い事ですが、物ではないのです。人間が多いのですから、物のように「多いから捨てる」「量を調整する」とはいきません。モラルに関わる部分でもあるのですから、これらの点に関してどうすれば良いのか迷うのも当然です。

国の借金の問題

こちらに関しては金融事情をある程度勉強すれば、そこまで大きな問題ではないのだなという事に気付かされるでしょう。なぜなら、「国の借金」と報道されているものがどのような性質なのか。
それらさえ理解してしまえば、実はそこまであれこれ騒ぐような問題ではなく、何も知らない国民を欺くための方便でしかない事に気付かされるでしょうから。

スポンサーリンク

格差問題

こちらに関してはいろいろな観点から見る事が出来ます。確かに「格差」という言葉は辛辣なものではありますが、そもそも資本主義経済は差を生み出すものです。
「格差をなくして平等に」というのは共産主義・社会主義的な考え方です。民主主義・自由資本主義経済である以上、差は出来て当然です。日本はそれまで、あまりこの点がクローズアップされてこなかったのですが、商業とはそういったものです。格差をどうにかしたいと思うのであれば、雇われる立場ではなく、自分自身がリスクを背負って何かアクションを起こすしかありません。

株の乱高下

金融情勢に関しては、いろいろな角度から見れるでしょう。そもそも、株価が高まっても「高くなっても庶民の生活には影響が出ない」とアベノミクスの株高に沸いていた人間に冷や水を浴びせていた識者もいました。
それがです。このような形で上がったり下がったりすると「日本経済は~」と話すようになるのは、結局は株云々ではなく、何かを批判したいだけなのでしょう。
つまりは、そこまで気にするような話ではないのです。株価がダイレクトに我々の生活を脅かすような事は確かにそうそうありませんから。

生産力不足の問題

これもまた、少子高齢化同様大きな問題です。現実的に、とにかく今すぐにとなったら外国人労働者の力を借りるしかありませんが、長期的な目で見れば少子高齢化対策同様、とにかく出生率を高めなければなりません。出生率の低さは金融情勢や経済性に不安があるからですから、社会全体の取り組みが求められるのですが、短期的な視野と長期的な視野の両方からいろいろと考慮しなければならないでしょう。
実際、どのお店に行っても「アルバイト募集」の張り紙が貼ってあるような状況ですからね。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
二宮祐介
二宮祐介
30代のとりあえずいろいろな物に興味を持っているライターです。 最近は真田丸が熱いです。

今こそ「フラット35」で夢のマイホームを!

少子化の原因は男にあった?不妊とEDとの意外な関係

関連記事

  1. プログラミングが必修化?家庭でやっておきたい5つのこと

    コンピュータプログラミングが小中学校で必修化!2020年から段階的に進めていくことを政府が決めた…

  2. 東京都が私立高校の授業料を無償化?背景と期待される効果は

    東京都の小池知事は、私立高校の授業料に関して一部無償化する!意向のあることが2017年1月17日の新…

  3. 不動産投資を海外で行うまとめ

    海外での不動産投資さて、不動産投資はなにも日本国内だけでしなければならないということはありません…

  4. AIが普及しても大丈夫?生き残る7つの仕事とは何か

    2016年は人工知能AI元年とも言われるほど急速な進歩がありました。2017年もさらなる飛躍が期待さ…

  5. タカラジェンヌになりたい!宝塚音楽学校の受験情報

    宝塚音楽学校受験と願書宝塚音楽学校を受験するには、やはり願書を出さなければなりません。まずは…

  6. 17年度に新国家資格が誕生する3つの理由

    12月7日、経済産業省からサイバーセキュリティー対策の専門家を認定する新しい国家資格を作るプロジェク…

  7. ファイナンシャルプランナーの資格は何級から履歴書に書ける?

    ファイナンシャルプランナー(FP)資格取得者の数は、毎年増えて来ていますが、何級の資格を取れば、履歴…

  8. 子どもの塾でトラブル発生!?早めに対処しましょう

    6月は祝日がなく、夏休みまで、まだ1カ月以上あります。じっくりと勉強できる期間です。新しく入…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 価値観とルックスどっちが重要?男と女の結婚観はこうだった!
  2. 味覚の違いはどう埋める?味付けが不味いと言われて悩む方の解決策
  3. 自分とは違う彼氏の【お金の価値観】許容範囲?それとも許せない?
PAGE TOP