menu

242 views

行政書士と中小企業診断士との類似点は

この記事の所要時間: 227

行政書士と中小企業診断士との類似点は何か

ちょっと不思議な資格に、中小企業診断士があります。
実際にはどんな資格なのでしょうか?
簡単に言えば?
中小企業の経営コンサルタントをするための資格です。
つまり企業の相談役になれる仕事です。
ならば行政書士との類似点もありそうです。

スポンサーリンク

受験資格に制限がない

行政書士と中小企業診断士との類似点は?
受験資格に制限がないことです。
例えば弁護士や税理士には学歴などの制限があります。
しかし行政書士と中小企業診断士を目指す際は?
年齢や学歴に関する条件はありません。
そういう意味では両者ともにすべての国民にとって平等な資格です。
人生を一発逆転したい!
それを叶えてくれる資格と言えそうです。

合格率が低い

行政書士と中小企業診断士との類似点は?
合格率が低いことです。
この理由は?
受験資格に制限がないことも関係しそうです。
とはいえ弁護士や税理士も難関です。
そうであるなら学歴は関係ない?
安易に挑戦しても難しいということかもしれません。
両者の受験を考えているならば?
相応の準備と覚悟をしておきましょう。
もちろん国家資格に人数制限はありません。
頑張って基準をクリアすれば?
倍率に関係なく資格は得られます。

スポンサーリンク

独立開業してこそ生きる

行政書士と中小企業診断士との類似点は?
独立開業してこそ生きる資格である点です。
言い換えるなら?
企業内にいるサラリーマンが取得したとしても?
あまり会社内で威力を発揮することはないでしょう。
昇進や昇給にも響かないでしょう。
もちろん行政書士事務所や経営コンサルタント会社であれば?
逆に資格がないと意味がありません。

コミュニケーション力が求められる

行政書士と中小企業診断士との類似点は?
コミュニケーション力が求められる点です。
営業して顧客を開拓することも当然です。
なお同じような企業からの相談であっても?
行政書士ならアドバイスに止まるでしょう。
しかし中小企業診断士であれば?
経営内容へ突っ込んだ意見を言うことになります。
それでも企業との距離感による違いの方が大きいでしょう。
行政書士や中小企業診断士で大切なことは?
結局は人とのつながりです。

中小企業診断士とダブルライセンスが主流

中小企業診断士は、どちらかというと行政書士からワンランクアップした資格?
そんなイメージがあるようです。
例えば行政書類の作成を依頼されたけど何らかの助言をしたい場合?
中小企業診断士の資格があれば説得力が高まるかもしれません。
今後は行政書士プラス中小企業診断士のダブルライセンスで活躍する人が主流になりそうです。
ちなみに行政書士の資格試験で学んだ内容は?
中小企業診断士の資格試験において直結する部分が多々あります。

スポンサーリンク

行政書士にも英語力は必要?

心臓病に効果的なサプリメント

関連記事

  1. 10都府県しか子供の貧困調査をしていない5つの理由

    2016年4月から6月にかけて首都大学東京が、各都道府県に対して子供の貧困調査への取り組みを調べ…

  2. 嫌々勉強するよりは、目標探しを始めましょう

    毎日の生活は楽しいですか?楽しい人は、将来的な目標がある人です。それに向かって、やることがた…

  3. 【大学入試改革】文科省が国語記述式テスト案を提示!受験生の対策は…

    2020年には様々なことがあります。その一つが大学入試改革です。具体的な内容がなかなか決まらないので…

  4. 学校の部活に休養日を!それはだれのためですか

    部活に休養日を設定すべし!2016年6月13日、文部科学省が提言したようです。子供の健康を守…

  5. 高校で人生が決まる!その5つの理由と失敗しない高校の選び方

    受験シーズンですが、受験する理由は何でしょうか。大半の人は一流大学を目指し、一流企業に就職することを…

  6. 投資の基本のまとめ

    基本を知ろうさて、そもそも不動産投資とは、どのようなものでしょうか。こんな風に聞かれて、…

  7. 暗記科目ではない!中学の社会は大人でも学ぶ点があります

    学校で習う「社会」について、どのようなイメージがあるでしょうか。文系でマイナー?多くの受験生は暗記科…

  8. 日本は学校への公的支出が先進国の中で最低!

    2015年11月24日に経済協力開発機構(OECD)は、国内総生産(GDP)に占める学校などの教育機…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【常識を疑え】価値観の違いによっても変化する『当たり前』
  2. 『常識』『普通』っていったい誰の基準?喧嘩で使ってはいけない言葉
PAGE TOP