menu

150 views

誰でも気軽に美容整形! 整形「未満」のプチプチ整形が人気!

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 321

「芸能人」「韓国」「事故」「不自然な顔」……様々なイメージの飛び交う美容整形ですが、実はそれほど大げさなものではないって知っていますか?
美容整形と一言で言っても、骨を削って顔の輪郭を変えるような大げさなものもあれば、整形未満とでも言うような、ちょっとした「美容のための注射」なども含まれているんです。

美容外科の需要は増えている!

事故などが報道されることも多く、なんとなく「ナイショにするべき」という意識もある美容整形ですが、その需要は増加傾向にあります。
11月19日に公開された厚生労働省の統計によると、2008年には美容外科の数は108でしたが、それが2014年には123と増加しているんです。
ただ、2012年からは、123(2012年)→122(2013年)→123(2014年)とほぼ横ばいになっています。
2015年がどうなっているのか、統計結果公開が待ち遠しいところです。

みんな実はしているのかも!?

「美容整形をした」というのは、なかなか人には言えないことですよね。
でも、いざ「二重手術」や「鼻を高くする手術」をしたら、友達だったらすぐ気づくはず……と思われるかもしれません。
しかし、こうした手術は、人に「あの子最近きれいになったかも?」とか、「お化粧変えたかな?」という程度の印象を与えるだけで、はっきりそうわかるということはあまりないのです。
実際、同窓会に行くと、「変わったね!」という子が何人もいます。
その中には、整形をした人もいるかもしれませんが、単に年齢やお化粧の仕方で変わったように見えたというだけの人もたくさんいるのです。

今人気なのはプチプチ整形!

ただでさえ人には気づかれにくいちょっとした整形ですが、さらに誰にもばれずに自然に綺麗になれるのが、「美容注射」などを使ったプチプチ整形です。

スポンサーリンク

・プラセンタ注射
美容に良いことで知られているプラセンタを直接体内に注射することで、美白や慢性疲労の回復に役立ちます。
肝機能の改善に良いとして医薬品としても使われることのある成分ですから、安心です。

・ボトックス注射
顔は、表情を動かす度にシワができます。
このシワや、小顔に効果的なのがボトックス注射です。
また、脇や手のひらの汗にも効果があるので、総合的な美を意識している人にもおすすめです。

・にんにく注射
にんにく注射といっても、にんにくが入っているわけではありません。
ビタミンB1を注射することで、全身の疲労回復に効果があります。
体が疲労していると、顔にも元気がなくなり、老けてしまいます。
定期的ににんにく注射を打ちに行っている芸能人も多く、ブログなどで公開されていることもあります。

脱毛から美容整形を始める人も!

美容クリニックで脱毛をすると、その後、ビタミンC注射のキャンペーン案内が届いたり、ちょっとした美容注射を勧められたりすることもあります。
カウンセリング時に、「他に気になるところはありますか?」と聞かれることもあるでしょう。
そういうところから、美容整形未満の、ちょっとした美容注射を始める女性もたくさんいます。

こうした行為は、整形と言うほど本格的ではありませんから、誰でも気軽に始められますし、人に言い辛いということもありません。
だからこそ、数多くの芸能人が気軽に「今日は○○打ってきた!」と発言しているのです。
こういう美容注射は、「整形」ではなく、「意識の高い美容行為」という程度のことだと言えるでしょう。

初めての美容整形にオススメのほくろ取り!

ほくろやアザ、シミの除去は、通常の皮膚科でも行われているものです。
手術自体も、30分~1時間程度で終わり、金額も1万円前後程度ですから、日帰りで気軽に行うことができます。
整形してみたいけど、いきなり肌を切ったりするのは不安、という方は、まずレーザーでのほくろ、アザ、シミの除去を試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

探偵が警察に捜査協力できる範囲はどこまで?

不妊治療中に整形はできるか

関連記事

  1. 妊娠中の病状に関するまとめ

    妊娠中毒症は現代病妊娠中毒症という症状を耳にされて事のある方は多い事でしょう。実はこの妊娠中…

  2. 偽膜性腸炎を予防する5つの方法

    偽膜性腸炎とは?大腸に膜のような炎症ができることから称される病気の一種です。大腸がメインなので?…

  3. 好きな人に愛されている?不安にならない方がいい理由

    好きでどうしようもなくても、不安にならない方がいい理由

    私は好きな人に愛されているのだろうか?恋をすると毎日とってもHAPPYです。 今までは…

  4. 自分とは違う彼氏の【お金の価値観】許容範囲?それとも許せない?

    自分とは違う彼氏の【お金の価値観】許容範囲?それとも許せない?

    価値観には様々なものがあります。人は価値観の違いにより、恋人同士が別れてたり、『そこまで気に…

  5. 悪性エナメル上皮腫

    歯に関する腫瘍のひとつに悪性エナメル上皮腫があります。一般的にエナメル上皮腫は良性のケースが多いよう…

  6. あらためて結核に関する5つのポイントを確認しましょう

    2016年4月13日に、驚きのニュースが流れました。東京の警視庁渋谷署内で、署員19人が結核に感…

  7. 出産のお祝いのまとめ

    メッセージカードを渡すタイミング出産のお祝いは様々なものがあるでしょう。現金はもちろんで…

  8. 高齢者の定義が75歳以上に変わる?背景にある3つの理由と問題点

    2017年1月5日、日本老年医学会は「高齢者の定義を75歳以上にする」と国に提言する旨を公表しました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【ママ友】がこわい!信じちゃダメ?人間不信に陥った体験談
  2. 【ママ友】っていったい何?どういう存在?いつからある言葉なの?

amazon

PAGE TOP