menu

169 views

子供の学力向上?家庭学習を促す3つの方法

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 349

子供の教育に悩んでいる親は多いでしょう。
18歳人口の半分が大学へ行く時代です。
とはいえ名前に拘らなければ?
希望する人が全員大学へ入れる時代です。
しかし大卒相応の学力は欲しいですね。
遊んでいても大学へは行けますが、我が子の学力を伸ばすにはどうすればよいのでしょうか?
基本は家庭学習です。
それを促すには、どんな方法があるのでしょうか。

家庭学習で学力は伸びる

昨今は塾へ通うのが当たり前の時代です。
一方で自宅において通信教育を受ける子供達も多いようです。
部活が終わってから塾へ行くのは大変です。
ならば塾へ行かなくても?
家庭学習の習慣が身についていれば?
学力を伸ばすことは難しくありません。
とはいえ家庭学習の習慣こそが難しいのですね。
家でゴロゴロしている子供をみて?
勉強しろ!
何回叫んだことでしょう。
それに疲れてしまう親?
親子関係が険悪になります。
何とかなりませんか。

子供に家庭学習を促す方法とは

子供に家庭学習を促したいなら?
やるべきこととやってはいけないこと!
これを履き違えないようにしましょう。
多くの親は間違っています。

1.親は勉強に関して何も言わない

基本的に親は、勉強に関して口出ししてはいけません。
勉強を教えるのは?
学校や塾の仕事です。
親の務めは躾です。
今はそれが逆になっています。
例えば小学生の子を持つ母親は?
半数以上が家庭で勉強を教えているそうです。
何故でしょうか?
もちろん塾へ通わせるのが大変だからでしょう。
しかし親の教え方は正しいのでしょうか?
そこで子供が混乱している可能性があります。
一方で中学の学習内容は?
普通の親なら対応できません。
中学の数学や理科は複雑です。
そんな際に親が解答に窮すると?
親を見下してしまうケースもあります。
総合的に考えて?
親は勉強に関して何も言わない!
まずはこれを徹底しましょう。

スポンサーリンク

2.夢を持たせる

塾などで頑張る子供に尋ねてみると?
皆何かしらの夢を持っています。
進学塾でもだらだらしている子は?
将来の夢が曖昧です。
サラリーマンになる!
それは目標か?
直近ではユーチューバーになりたい!
そんな声を聞いて愕然としました。
もちろん好きな仕事で稼ぐことは重要です。
職業に貴賎はありません。
30年後に今ある職業の半分はなくなる?
指摘もあります。
どんなことでもよいので、子供に夢を持たせてあげましょう。
そしてその夢を壊してしまう否定的な発言は控えましょう。
子供は自ずから夢を修正していくからです。
大人が一方的に否定すると?
何もかも否定する大人になってしまいますよ。

3.自信を持たせる

夢と同時に自信を持たせましょう。
そういう意味で昨今の流行は?
褒めて伸ばす教育!
褒められると自信が生まれます。
自分もできるんだ!
そういった感情を抱くことが大切です。
あれダメこれダメ!
もちろん老婆心からの発言です。
しかしネガティブな発言は?
可能な限り控えましょう。
例えば社会的に悪いことをしたら?
それダメ!
ではなく
された人はどう思うかな?
言い方次第で心に響きます。
とはいえ昔の子供は?
ダメと言われてもやったものですが。
その行動力の違いはどこにあるのでしょうか。

「どうせ」をなくしましょう

大人が子供を叱ると?
今の子は「どうせ私はできませんよ」
開き直った言葉が返ってきます。
悲しいというか情けないというか。
どうしてそう考えるようになったのか。
もちろん育った環境に何かがあったのでしょう。
とはいえ言葉によって人は変わります。
言葉遣いに気をつけろ!
先人の言うことは間違っていないのでしょう。
まずは「どうせ」をなくしてみませんか。

夢が持てない時代ですが

政府が頑張っていますが?
2016年は景気が上向くのでしょうか?
そういう意味では20年続くデフレによって子供が夢を持てない時代です。
バブルを経験した大人たちは?
根拠のない自信に満ち溢れているでしょう。
それを知っているならばこそです。
子供達に自信と夢を与えてあげましょう。
やればできる!
限界を作るのは常に自分です。
親は勉強ではなく、社会経験をさせましょう。
どんどん外へ連れて行く!
子供はきっと何かを感じて?
家庭学習を始めるはずです。

スポンサーリンク

人身事故が多いですね。しかし起こしてはいけない5つの理由

2016年のダイエット目標はBMI指数で決まる!

関連記事

  1. 情報端末の進化で受験会場が変わる?カンニング技術の変遷

    受験シーズン真っ盛りです。もちろん一生懸命勉強をして、その成果をぶつけるべきです。努力は必ず報われま…

  2. 太平洋戦争や日中戦争の話を後世へどう伝えるべきか

    今年も終戦記念日が来ました。71年も過ぎたので戦争を体験した人は激減しています。とはいえ単な…

  3. 本当に感動して良いのか?高校野球が抱える5つの問題点

    2016年も無事に夏の全国高校野球選手権大会が終了しました。オリンピックと並走していたにも関わら…

  4. 若者の間で漁業が人気のようですが、理由は何か

    日本における漁業の就業者数は、減少しています。中国などとの競争もあり、衰退の傾向は否めません。…

  5. 今からでも間に合う!子供の好奇心を高める5つの方法

    多くの親は子供が勉強しないことを悩んでいるようです。とはいえ変なことを押し付けていないでしょうか…

  6. 小学校の理科が変わっている?日常生活から消える物も多いです

    塾の夏期講習も無事に終了し、新学期の準備が始まります。そこで近年気になることを書いてみたいと思い…

  7. 2016年学力テストの結果公表!主体的な学びは成功したか

    集計ミスを理由に発表が遅れていた2016年度学力テストの結果が、2017年9月29日に公表されま…

  8. 【速報】元女優、高樹沙耶容疑者、大麻の現行犯で逮捕

    本日10月25日、NHKのニュース等で元女優の高樹沙耶(本名・益戸育江)が大麻所持の現行犯で逮捕され…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 子どもの『なぜなぜ期』への最も良い対処法
  2. 常に子どもに「なぜ?」の疑問を持たせると良い理由

amazon

PAGE TOP