menu

204 views

エアコンの掃除はしましたか?過敏性肺炎に気をつけましょう

この記事の所要時間: 336

5月に入って暖かい日が続いています。
地域によっては30度を超える真夏日を迎えました。
エアコンを働かせた家庭があるかもしれません。
とはいえエアコンの掃除はしましたか?
たいへんな病気になってしまうかもしれませんよ。

スポンサーリンク

エアコンはカビの温床です

エアコンはカビの温床です。
そもそも空気中にカビの胞子は飛び交っています。
どれほどキレイにお掃除をしたり空気清浄機を使っても、
根絶させることは不可能です。
なお最新型のエアコンには自動掃除機能があるようです。
とはいえ過信してはいけません。
カビは細かい隙間、想定外の部分まで侵入します。
ちょっとの栄養と水分だけで大繁殖することが可能です。
冬の間は寒かったのでカビも黙っていましたが、
毎日20度を超えるようになったなら注意ですよ。
前面にあるフィルターのみならず、奥まで丁寧に掃除しましょう。

過敏性肺炎に気をつけましょう。

エアコンがカビだらけになると、何が怖いのでしょうか。
気をつけたい病気として過敏性肺炎があります。

1.過敏性肺炎とは

エアコンから吹き飛ばされたカビ、細菌、ウイルスが、
肺の奥、肺胞まで入り込みます。
通常であれば免疫作用によって浄化されます。
とはいえ急な暑さでばて気味だったりすると、
侵入者たちが居ついてしまいます。
本来はそれほど病原性のない微生物であっても、
体温によって適度な環境になり大繁殖します。
そして肺胞で過敏反応が現れて炎症を引き起こします。
これが過敏性肺炎です。

2.どんな症状なのか

過敏性肺炎のメカニズムは、アレルギー反応です。
とはいえ主な症状は、発熱、せき、呼吸困難、
身体がだるく感じたりもします。
日頃健康であったりアレルギー体質ではなくても、
突然発症することがあります。
ほとんど原因がわからずに、胸が痛く苦しくなります。
しかしエアコンを止める、
またはその部屋から出て行くと、症状がなくなります。
そこに気づけばよいのですが、
多くの事例では感染源がわからず、重篤化するようです。

スポンサーリンク

3.治療法はあるのか

過敏性肺炎の治療法は、第一にエアコンを掃除することです。
アレルゲンがなくなれば、身体も反応しなくなります。
また重症化していれば、お医者さんで治療を受けられます。
基本的にはステロイド剤の投与です。
早めに発見できれば、それほど恐れることはありません。
とはいえ気づかないことこそが、この病気の怖いことです。
夏風邪?疲れているだけ?
言い訳を勝手につけず、検査をしてもらいましょう。

4.どうやって予防すべきか

過敏性肺炎は、予防がすべてです。
つまりエアコンの掃除です。
季節の変わり目に、エアコンの掃除を習慣づけましょう。
もちろんエアコン内のみならず、
風が送り出されれば、室内にある埃が舞い上がります。
絨毯や畳の隙間にいたダニの死骸なども浮遊します。
小鳥を飼っている人も注意です。
排泄物の中にもアレルゲンがあります。
さらに室外機からも雑菌や虫が入り込みます。
根絶させることは不可能ですが、
小まめな掃除に勝る、過敏性肺炎の予防法はありません。

5.加湿器にも注意しましょう

現在のような生活形態では、エアコンが主な原因です。
とはいえそれ以外にも、アレルゲンは潜んでいます。
例えば加湿器です。
水タンクを毎日掃除していますか?
水を継ぎ足していると、中に入ったカビが繁殖します。
それを水蒸気と一緒に撒き散らしてしまいます。
加湿器の意味がなくなってしまうので、要注意です。

気管支炎にも注意

エアコンが原因になる気管支炎にも注意しましょう。
こちらは胸の痛み、咳、喀痰などが続きます。
微熱を伴うこともあります。
適切な治療を受けないと、こちらも危険です。
子供の場合には、喘息になることもあります。
理由がわからず突然咳をしたら、
まずはエアコンを止めてみましょう。

空気を入れ替えましょう

エアコンの掃除は絶対条件ですが、
定期的に空気の入れ替えをしましょう。
暑いからといって締め切ってはいけません。
朝、昼、晩の1日3回、窓を開けましょう。
空気清浄機を過信してはいけません。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

出会い系が当たり前…ではなかった?

日本が誇る健康食は味噌汁!おすすめの具材は5つあります

関連記事

  1. 粒子線治療の一部が4月から保険適用になります

    2016年4月から健康保険に関する診療報酬が改定されました。この機会に、新たな治療法が保険適用に…

  2. 車中泊は危険です。エコノミークラス症候群を防ぐ5つの対策

    地震は、直接の被害がもちろん深刻です。とはいえ二次災害?避難中に体調を崩す人が多くいます。今…

  3. 薬価を下げる話が見送り?増税延期の余波が医療に向かう

    2017年4月に消費税を上げない!首相が新しい判断をしました。庶民にとっては、とりあえず安心です…

  4. 消費者庁から勧告されました。トクホでは効果を謳えませんよ

    2016年3月1日消費者庁はライオンに対して、健康増進法違反があったため再発防止策を講じるように…

  5. 人を【好き】だと想う気持ちって何?全ては【欲求のはじまり】

    人を【好き】だと想う気持ちって何?全ては【欲求のはじまり】

    人の気持ち【好き】っていったい何?基本的に、人の気持ちはいつも2つの気持ちに左右されています。…

  6. 言い過ぎないで!すきで好きで仕方がないけど我慢した方がいい理由。

    言い過ぎないで!すきで好きで仕方がなくても我慢した方がいい理由。…

    【好き】な気持ちに年齢は関係ある?男女がお互いに大好きな相手と付き合い始めると、まるで世界が広が…

  7. まゆげ手入れ失敗した時しない為まとめ

    カットする時の注意点眉毛のカットにチャレンジしよう ?女性編?女性の場合は特に、眉毛のカット…

  8. 虫歯や歯周病のお悩みを解決!おすすめしたい新しい歯の磨き方

    毎日歯を磨いていますか。どんな頻度で、どんな方法で磨いているでしょうか。たぶん子供の頃に教わった方法…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 『常識』『普通』っていったい誰の基準?喧嘩で使ってはいけない言葉
PAGE TOP