menu

292 views

日本が誇る健康食は味噌汁!おすすめの具材は5つあります

この記事の所要時間: 332

お袋の味と言えば、味噌汁かもしれません。
高齢者であれば、味噌汁がないと物足りませんね。
とはいえ昨今の若者は、麺類やパンが主食になる?
味噌汁とはご無沙汰のようです。
1カ月間、米飯をまったく食べない人もいるとか。
しかし味噌汁は、日本が世界に誇る健康食です。

スポンサーリンク

味噌は発酵食品です

味噌の原料は大豆です。それだけでも健康に良さそうですね。
さらに発酵させています。味噌は、絶対無敵の健康食品です。
とはいえ味噌汁を飲むと塩分過多になる!
だから敬遠してしまう人もいるようです。
しかし具材に気を遣えば、心配はありません。
ちなみにある研究によれば、
大豆中のタンパク質に血圧を下げる効果がある?
だからといって飲みすぎてもいけませんが、
味噌汁を悪者扱いすべきではなさそうです。
飲み続けてきたことに、大きな意味があるはずです。

おすすめの具材とは

味噌汁の具材に関しては、賛否両論ありそうです。
地域による常識や非常識も分かれるようです。
とはいえ健康面から考えると、何がよいのでしょうか。

1.豆腐

大豆がかぶりますが、やはり豆腐です。
大豆製品に間違いはないでしょう。
また色使い、あっさりした味という点でも、
豆腐に勝る具材はありません。
これ以上、言う必要もないでしょう。
なお大豆かぶりのついでで言うならば、
納豆や油揚げも、加えてみましょう。

2.ワカメ

海藻系も健康食品の定番ですね。
ワカメも揺ぎ無い味噌汁の具材です。
豆腐とワカメの組合せがベストかもしれません。
なお昨今では、頭髪に対する効果は否定されています。
それでもミネラル分が豊富です。
頭皮の新陳代謝を高めてくれるでしょう。
また食物繊維も多く含まれています。
高血圧を防いだり、血液をサラサラにしてくるようです。

スポンサーリンク

3.長ネギ

長ネギは、具材なのか?
薬味の一種であり、入っていて当たり前!
長ネギの立ち位置には賛否両論ありそうですが、
味噌汁に入れること自体は、異論がなさそうです。
ネギにはアリシンが含まれています。
ビタミンB1の働きを助けてくれます。
その結果、エネルギー代謝を促します。
抗酸化作用もあり、血栓やがんの予防にもなるようです。
イライラを抑えたり疲労回復にもつながるとか。
長ネギの効能は、書き出すとキリがないようです。

4.キャベツ

意外と思う人もいそうですが、キャベツもおすすめです。
キャベツには、当然ですがビタミンCが豊富です。
またビタミンUとも呼ばれるキャベジンが含まれています。
どこかの胃腸薬の名前ですが、そもそもの語源です。
胃粘膜の生成を促し、消化を助けてくれます。
食物繊維も多いので、お通じにも効果的です。
野菜としては珍しく季節を問わず売られている点も嬉しいですね。

5.シジミ・アサリ

シジミやアサリなどの貝類も忘れてはいけません。
動物性の食材なのでビタミンB群が豊富です。
中でもビタミンB12は、中枢神経系の機能を維持したり、
脂肪の代謝を促してくれます。
悪性貧血の予防にもなるようです。
また鉄分やカルシウムなども含まれています。
朝食を抜きがちな女性や二日酔いの朝にもおすすめします。

豚汁もおすすめです

おかずを作るのが面倒であれば、豚汁もおすすめです。
ニンジンやゴボウ、もちろん豆腐やネギも入りますね。
地域によって具材は変わるかもしれませんが、
1杯飲むだけで、様々な栄養が摂取できます。
牛丼屋でも、味噌汁ではなく、豚汁を飲みましょう。
活力源として最適です。

インスタント味噌汁でもOKです

忙しければ、インスタント味噌汁でもOKです。
夜、小腹が空いた時はスナック菓子を食べるよりも、
インスタント味噌汁にしましょう。
腹持ちが良い一方で、睡眠中も胃がもたれません。
味噌汁は、隠れたダイエット食品かもしれません。

毎日1杯以上飲みましょう

味噌汁は日本の伝統的な健康食品です。
毎日1杯以上は飲みたいですね。
毎朝味噌汁を飲む習慣を付ければ、
健康でいられるでしょう。
季節に応じた具材を楽しみましょう。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

エアコンの掃除はしましたか?過敏性肺炎に気をつけましょう

新型iPhoneの噂が出始めてきた!

関連記事

  1. 近畿では5割以上の人が「冷麺」と呼ぶ冷やし中華の謎!(第1弾)

    ゴールデンウィークの頃になると、気の早い食堂やラーメン屋、そして、中華料理店の軒先には、『冷やし中華…

  2. 肺気腫と温泉プール療法

    近年における急速な医学の進歩は目覚しいものがありますが、それでも治せない病気は未だにたくさんあり、中…

  3. 迷惑行為の認識を深めよう!電話する際の最低限必要なマナーとは?

    迷惑行為の認識を深めよう!電話する際の最低限必要なマナーとは?

    電話による迷惑行為 電車内や公共の場での、所構わず行われる迷惑電話。 車に乗りながら…

  4. 定番料理の作り方コツのまとめ

    卵焼きお寿司屋さんや居酒屋さんで出てくるような、ふわふわの玉子焼きが家でも作りたいなぁ、とは思い…

  5. いくら好きでもドン引きされる女の行動。こんな事してませんか?

    いくら好きでもドン引きされる女の行動。こんな事してませんか?

    いくら好きでもドン引きされる女の行動美人で笑顔が可愛い・人に優しく性格がいい そう思い大好きだっ…

  6. 羊羹を保存のために冷凍する

    どんな食品でも冷凍すれば? 原則として半永久的に保存できます。つまり冷凍することによって食中毒の原因…

  7. 『肥満遺伝子』を知ろう!(第3回) 日本人が持つ3つの遺伝子

    先祖代々の贈り物『肥満遺伝子』を知ろう!企画の最終回となる今回は、いよいよ肥満遺伝子との上手な付き合…

  8. ベーチェット病とはどんな病気?

    ベーチェット病概要ベーチェット病は、皮膚や粘膜、目などに慢性的な症状が繰り返し表れる病気です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 5歳~7歳の嘘のしつけは優しく教えてもわかる?常に優しくしなければいけない?
  2. 2歳~4歳児の嘘にはどう対処する?小さな子どもに対するしつけの仕方
  3. ご褒美によるしつけ『これをすればこれをあげる』交換条件は良いか悪いか
  4. 怒っても何をしても治らない!子どもの人に対する噛み癖にはどう対処すべき?
  5. 【絶対NG!】言う事を聞かない子どもに言ってはいけない言葉とその理由

amazon

PAGE TOP