menu

345 views

17年度に新国家資格が誕生する3つの理由

この記事の所要時間: 155

12月7日、経済産業省からサイバーセキュリティー対策の専門家を認定する新しい国家資格を作るプロジェクトが発表されました。17年度にも新試験を行いたい意向のようで、これまで日本は技術大国とは言われているものの、IT分野に関しては実はかなり出遅れていました。ですがここにきて、サイバー方面でも新しい資格をとの事ですが、このような資格が誕生する背景は一体なぜなのでしょう。

スポンサーリンク

ITジャンルでの巻き返し

先にも少し触れましたが、日本はITというジャンルに関しては実は既に世界の先進国とは言えない状況となってしまっています。スマートフォンの製造メーカーを見ても分かるように、日本のメーカーはSONYだけとなってしまっています。かつて日本は「白物家電」と呼ばれているジャンルでは様々なメーカーが世界を席巻していました。ですがITのジャンルを見てみて下さい。家電量販店に行っても日本メーカーの物はほとんどありません。このような状況に対して本気で憂いてきたのかもしれません。

スポンサーリンク

ようやく重要性に気付いた

これまで日本はIT後進国とされていましたが、その理由は日本社会を動かしている層がまだまだインターネットがどのようなものなのかよく分かっていませんでした。そのため、マイナンバー問題然り、インターネット関連での情報漏えい等がとても多かったのです。おかげでインターネットの重要性にようやく気付き、このような制度の発足を考えたのかもしれません。先進国から比べるとかなり遅いと言わざるを得ないのですが。

国家資格制度の方が管理しやすい

IT関連の資格は多々あるのですが、実は国家資格はあまりないのです。つまり、資格を持っていると言ってもその資格の有効性に疑問を抱かざるを得ないような資格も多々あるのです。ですが国家資格になれば、国が資格の有用性を保証してくれているようなものですし、思わぬ技術者を登用する事が出来るようになるかもしれません。「一億層活躍」を掲げている政府にとっては、野に埋もれている技術力の高い人間を召し抱えるチャンスでもあります。

多少遅いとも言われていますが、何もしないよりはマシです。これからこの国家資格を持って仕事にと考える人も増えてくるかもしれませんから、決して無駄なものにはならないはずです。

スポンサーリンク

名探偵コナンの楽しみ方を3つ挙げる

映像のデジタル配信が進む3つの理由

関連記事

  1. 学力の伸ばし方、夏休みに何を勉強したら効率的なのか

    7月に入りました、あと2週間で夏休みです。遊ぶ予定もあるでしょうが、勉強の計画も企てましょう。…

  2. 選挙に向けた学校の主権者教育はどこまでできたのか

    2016年の夏は、違った意味でホットです。温暖化やオリンピックではありませんよ。参議院選挙と…

  3. 2017年の中学受験が一段落しました、今年もSの優位は変わらずで…

    東京、埼玉、千葉、神奈川の中学受験が2017年2月1日から始まり、一段落しました。今年は天候の乱れや…

  4. 子供のいじめをなくしたいなら、大人社会にある5つのいじめをなくす…

    テレビや新聞では原発事故に絡むいじめ問題がクローズアップされています。もちろんいじめを受けた子供のメ…

  5. 国民がもっと金融に興味を持つべき3つの理由

    経済評論家であり、作家でもある三橋貴明氏の3月28日のブログにて、「国民のリテラシーはそこまで高くな…

  6. 2017年春の中学受験、入試の傾向はどうなる

    10月も半ばになり、中学入試まで、残すところ約3カ月です。志望校は決まっていますね。最後…

  7. 塾で国語を勉強しても意味はあるのか?5つのチェックポイント

    塾や予備校で、何の教科を受講していますか。小学生ならば国語と算数でしょうか。中学受験なら、理…

  8. 不動産投資を海外で行うまとめ

    海外での不動産投資さて、不動産投資はなにも日本国内だけでしなければならないということはありません…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 5歳~7歳の嘘のしつけは優しく教えてもわかる?常に優しくしなければいけない?
  2. 2歳~4歳児の嘘にはどう対処する?小さな子どもに対するしつけの仕方
  3. ご褒美によるしつけ『これをすればこれをあげる』交換条件は良いか悪いか
  4. 怒っても何をしても治らない!子どもの人に対する噛み癖にはどう対処すべき?

amazon

PAGE TOP