menu

180 views

吻合部潰瘍を予防する5つの方法

この記事の所要時間: 319

吻合部潰瘍とは?
胃の切除術をした後、つなぎ合わせた部分?
これを吻合(ふんごう)部と呼びますが、ここにできる潰瘍
腫瘍の一種とも考えられています。
とはいえそんな部分の予防はできるのでしょうか?

スポンサーリンク

吻合部潰瘍を予防する5つの方法

1.胃がんを予防する
2.違和感を訴える
3.良い医者を探す
4.体調を整える
5.自覚する

では具体的に解説してみましょう。

1.胃がんを予防する

そもそも吻合部潰瘍は?
吻合部がなければ発症しません。
そういう意味では?
胃がんを予防する!
これこそが吻合部潰瘍に対する究極の予防法です。
そのためには?
ピロリ菌を除去する!
胃がん検診を繰り返す!
暴飲暴食を避ける!
ストレスを溜めない!
適度な運動をする!
規則正しい生活をする!
基本的ながん予防法を実践しましょう。
そして胃がんが見つかれば?
可及的速やかに最適な治療法を始めましょう。
可能であれば?
外科手術を避けることが、吻合部潰瘍の予防になります。

2.違和感を訴える

昨今は医療技術が発達しています。
そのため吻合部潰瘍は?
ほとんど発症しないようになっています。
例えば吻合部潰瘍の原因として?
胃酸の出すぎ!
指摘があります。
しかしこれも薬によってコントロールできます。

とはいえ体質などによって?
吻合部潰瘍に至ることもある!
ならば予防策はないのか?
吻合部潰瘍になると?
吐血や貧血!
痛みを感じることがあるようです。
その際には?
医師や看護師に違和感を訴える!
変に遠慮してはいけません。
病気では患者が主役です。
華やかな?
著名な?
権威ある!
外科医であっても?
患者のトラブルを解決するのが仕事のはずです。
違和感を訴える!
違う症状が発見される可能性も?
稀ではないのです。

スポンサーリンク

3.良い医者を探す

医療器具や薬に差はありません。
しかし実際に手術をするのは?
人間です。
100%はありえない?
弘法も筆の誤り!
それでも自分の時には?
120%の安心が欲しい!
心を癒してくれるのも医者の大切な務めです。

一方で医者をどこまで信用するか?
医療ミスを告発することは難しい?
であれば?
良い医者を探す!
胃がんの治療はどこでもできる?
とはいえ吻合部潰瘍など初歩的な病気を予防するには?
努力を惜しむべきではないのでしょう。

4.体調を整える

胃の摘出手術をした患者に?
体調を整える!
変な話です。
体調が悪いから病気になる!
それでも術後のケアが大切なのです。
医師や看護師の指示に従いましょう。
無理をしてはいけません。
ちょっと体調が良くなったから?
病室で遊んだり夜更かしをする?
もちろん絶対禁煙です!
術後は体力や免疫力が低下しています。
それを薬で抑えているだけ?
吻合部潰瘍を予防したければ?
患者の側も覚悟を決めて協力しましょう。

5.自覚する

吻合部潰瘍は?
手術後2年以内に発症する可能性があります。
回復して退院しても?
その後の健康管理が大切です。
つまり自分は胃を摘出する手術を受けた!
そう自覚する!
胃がなければ胃がんは再発しません。
しかしがんになった?
他のがんのリスクは否めません。
そういう意味では?
常に自覚する!
ゆっくり噛んで食べる!
暴飲暴食をしない!
ストレスを溜めない!
禁酒禁煙!
日々自覚して暮らしましょう。
言い換えるなら?
吻合部潰瘍は必ず起きる!
そう自覚する!
そんな意識があれば?
吻合部潰瘍の予防につながるでしょう。

以上、日々心掛けてみましょう。
手術で完治して元気になった!
それは良いことですが?
油断は禁物です。
吻合部潰瘍の予防に努めましょう。

スポンサーリンク

代表的な冬の花5種の育て方と土壌pHについて

誤嚥を予防する5つの方法

関連記事

  1. 食道アカラシア症状

    食道アカラシアの主な症状は、食道に飲食物が詰まる、故に胸のつかえ、胸焼け、痛み、嘔吐などであり、さら…

  2. 好きになると放たれる【脳内麻酔】恋に堕ち麻痺する脳の秘密

    好きになると放たれる【脳内麻酔】恋に堕ち麻痺する脳の秘密

    恋に堕ち「好き」になる気持ち 容姿が余りにもタイプだったから、一目惚れをした。 何が…

  3. 免疫とは何か?機能を高める方法はあるのか?

    健康番組などでも、免疫の話が良く出てきます。とはいえ免疫とは何か、ちょっとわかりづらいですね。…

  4. 【好きな人のマナー違反】注意できますか?許せる?許せない?

    【好きな人のマナー違反】注意できますか?許せる?許せない?

    マナー違反の考え方マナーとは『行儀作法』の事を言います。簡単にご説明すると、以下の通りです。…

  5. アレルギー性結膜炎に効果的なサプリメント

    アレルギー性結膜炎は一般的な病気になってきましたが、油断すると失明や命に関わることもあるので、素人療…

  6. 脊髄損傷でも治る時代が来る?期待したい3つの研究

    交通事故などで脊髄を損傷したら、これまでは回復することができませんでした。しかし近い将来、治…

  7. ドン引きされる女の外見。こんな女は好きになれない真実とは?

    ドン引きされる女の外見。こんな女は好きになれない真実とは?

    「ドン引きされる?」女の勘違い女性には、好きな男性に対し「ドン引きされるかも・・・」という不安が…

  8. 悪性エナメル上皮腫の予防

    口内に現れる広義のがん、例えば悪性エナメル上皮種などは、現状において明確な原因が特定されているわけで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 『常識』『普通』っていったい誰の基準?喧嘩で使ってはいけない言葉
PAGE TOP