menu

250 views

HSE症候群(HSES)について

この記事の所要時間: 19

インフルエンザに罹った場合には、絶対安静と充分な水分および栄養補給により早期回復に努めることが大切であり、合わせてHSE症候群(HSES)を含めたインフルエンザ脳症を予防することも重要です。

スポンサーリンク

ちなみにHSE症候群(HSES)とはHemorrhagic Shock and Encephalopathy Syndorome、つまり出血性ショック脳症症候群の略称であり、インフルエンザに伴う高熱が原因となって、ショック症状、意識障害やけいれんを含めた脳症、出血性の下痢などの症状を示すインフルエンザ脳症の一種とされる病気の総称です。

スポンサーリンク

HSE症候群(HSES)は他のインフルエンザ脳症とは異なり、特に1歳未満の乳児に多発する傾向があり、名前の通り出血性の下痢を示すのが典型例です。

またHSE症候群(HSES)では肝機能障害を起こすことも多いようです。

乳幼児の場合は、まだ免疫機能を含めて体力や抵抗力が弱いので、インフルエンザに罹らないように予防接種の実施、家族全員が帰宅時にうがいと手洗いを励行するなど、インフルエンザウイルスを持ち込まない、感染させない努力が必要です。

HSE症候群(HSES)に限らずインフルエンザ脳症に罹ると、乳幼児では死に至るケースがあったり、重篤な後遺症が残ることもあるようです。

スポンサーリンク

ベタメタリカは闘争心が強い魚です

水頭症の症状とは

関連記事

  1. 親知らずを抜歯した際、絶対守るべき5つの注意点

    日本テレビの人気アナウンサー、水卜麻美さんが、2016年6月22日の番組において親知らずに関…

  2. 結膜炎になったら眼帯ってしなくちゃいけないの?

    結膜炎になっても、どうしても会社に行かないといけない場合には、眼帯をした方が良いのでしょうか。流…

  3. 医療に正解はあるのか?ネット検索の是非と医療界や人体の不思議

    閉鎖に追い込まれるネットサイトがあります。そこでは医療系など不確かな情報を掲載していたようです。もち…

  4. ベーチェット病とはどんな病気?

    ベーチェット病概要ベーチェット病は、皮膚や粘膜、目などに慢性的な症状が繰り返し表れる病気です。…

  5. 肺気腫と芸能人

    肺気腫はヘビースモーカーに多い病気であり、別名「タバコ病」とも呼ばれています。そのため芸能人…

  6. 角膜内皮障害について

    角膜内皮障害概要角膜内皮障害(かくまくないひしょうがい)は、黒目の部分に当たる角膜細胞の内皮が、…

  7. 阪神タイガース西岡剛選手がFacebookにて手術を報告したもの…

    7月20日の巨人戦にてアキレス腱断裂の重傷を負ってしまった阪神タイガース西岡剛内野手が、25日に自身…

  8. 素足の季節が来ました!足の悩みを解消しましょう

    女性であれば、きれいな足が憧れですね。シェイプアップも必要ですが、もっと足先にも注目しましょう。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. いつまで続く!?何を言っても嫌がる子ども【イヤイヤ期】への簡単対処法

amazon

PAGE TOP