menu

242 views

ベーチェット病とはどんな病気?

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 449

ベーチェット病概要

ベーチェット病は、皮膚や粘膜、目などに慢性的な症状が繰り返し表れる病気です。
このベーチェット病に感染すると、口内炎がよく出来たり、視力の低下や、目の炎症などが頻繁に表れると言われています。
ちなみに、ベーチェット病は難病のひとつで、中国と日本に多い病気なので、シルクロード病と呼ばれる事もあるようです。

ベーチェット病とは

ベーチェット病とは、日本や中国に感染者が多い難病のひとつです。
このベーチェット病に感染すると、目の中にぶどう膜に炎症が起こるため、ぶどう膜炎と関連して起こる事が多いと言えるでしょう。
ベーチェット病は、地域によって、感染者の数に違いがありますが、その原因自体は分かっておらず、完治させるのは、かなり難しいと言われています。

ベーチェット病症状

ベーチェット病の症状は様々ですが、主な症状としては、口内炎が良く出来る、皮膚にニキビのような発心が出来、目のぶどう膜に炎症が出る場合が多いようです。
特に、目のぶどう膜に炎症が出来る場合には、「ぶどう膜炎」というぶどう膜の難病に関連していることが多く、ぶどう膜炎に感染すると、視力が低下したり、失明する事もあると言われています。
さらに、ベーチェット病では、関節の痛みを強く感じたり、腸に潰瘍が出来る、また、血管内で動脈炎や静脈炎が起こる事もあるため、ベーチェット病の症状は全身に渡っていると言えるでしょう。

ベーチェット病原因

ベーチェット病の原因は、今の所、はっきりとは分かっていません。
ただ、ベーチェット病は、人の細胞に含まれるタンパク質に関係しており、このタンパク質のタイプによって、遺伝的な要因があると言われる事もあるようです。
その為、世界的に見ても、ベーチェット病の患者は中国や日本に多く、シルクロードの国々に、なんらかの要素があると言われる事もあるようです。
さらに、ベーチェット病は、遺伝的な要素だけでなく、感染症や、ストレスなどの環境的な要素が重なって、病気が悪化する場合も多いと言われています。

ベーチェット病診断・検査

ベーチェット病は、全身に様々な症状が出るため、症状によって、検査の方法も異なります。
まず、皮膚に出来るニキビのような発疹は、皮膚に注射針を指して、その後の皮膚反応でベーチェット病かどうかの検査を行います。
針を刺した部分が化膿して腫れる場合には、ベーチェット病の可能性も高いと言えるでしょう。
さらに、ベーチェット病の症状の中で重要なのが、ぶどう膜の炎症なので、眼科で視力や、目の角膜などの検査を行うのが一般的です。
ただ、全身に炎症などの症状が出る場合には、血液検査を行い、血液中のタンパク質量などを調べる事が多いと言われています。

スポンサーリンク

ベーチェット病治療法

ベーチェット病の治療は、症状によっても異なりますが、関節炎や、発熱など、全身に症状が出る場合には、ホルモンなどのステロイド薬や、非ステロイド抗炎症薬などが使われるのが一般的です。
ただ、症状が重く出る場合には、免疫抑制などが使われる事が多く、身体の、どの部分に、どんな症状が出るかによって、薬の種類も異なりますが、ベーチェット病の全ての症状に有効な薬はないと言われています。

ベーチェット病生活上の注意

ベーチェット病は、遺伝的要素が強い病気だと言われていますが、原因は分かっておらず、環境的な要素で病気を防止するなら、しっかりと体力をつけ、栄養バランスの良い食事を取る必要があると言われています。
さらに、日常のストレスを避ける事も、ベーチェット病の予防、治療には重要だと言えるでしょう。

ベーチェット病予防

ベーチェット病は、病気の原因がはっきりと分かっていないため、確実な予防法はありませんが、日常のストレスを避ける事で、病気を予防する効果が少なからずあると言われています。
さらに、強いアルコールを飲み過ぎない事も、身体の栄養バランスを保つ上で重要です。

ベーチェット病口コミ

ベーチェット病は、全身に症状が現れる慢性的な難病なので、実際にベーチェット病に感染すると、様々な症状に長く悩まされると言われています。
特に、目のぶどう膜に炎症ができ、視力の低下、最悪の場合、失明する恐れがあるぶどう膜炎も、ベーチェット病が原因で起こる事もあり、慢性的な口内炎、関節の痛み、皮膚の発疹などは、とても堪え難いと言えるでしょう。
さらに、ベーチェット病にかかると、男性の場合は陰嚢、女性の場合には陰唇に、痛みを伴う潰瘍が出来る場合もある為、症状が重くなると、生きる気力もなくなってしまう方が多いようです。

ベーチェット病この病気に似た病気

ベーチェット病は、目のぶどう膜に炎症が出来るぶどう膜炎は、ベーチェット病と関連して症状が出る場合が多く、「目の炎症を検査してみたら、ベーチェット病だと分かった」というケースもあると言われています。
ただ、ベーチェット病には、ニキビに似た皮膚の発疹や、口内炎、関節痛など、日常生活でも出るような症状が多いため、症状が出る頻度や、痛みの具合によっては、早めに検査を受ける必要があるでしょう。

ベーチェット病かかりやすいタイプ(年代・性別・遺伝要素など)

ベーチェット病は、トルコの医師が発見した病気のひとつで、病気の原因は分かっていない物の、シルクロードに当たる中近東、地中海などに、ベーチェット病の患者が多く、日本や中国も世界的に見ると、ベーチェット病患者の数が多い国だと言われています。
ただ、なぜその地域にベーチェット病患者が多いのかは、明らかになっておらず、その地域の人々が持つ血液内のタンパク質のタイプによって、遺伝的な要素が関係していると言われる事も多いようです。

スポンサーリンク

ベタメタリカは闘争心が強い魚です

水頭症の症状とは

関連記事

  1. タバコの葉を使ったインフルエンザワクチンの新しい作り方

    タバコの葉からインフルエンザワクチンを作る!2016年2月23日の日本経済新聞で報道されました。…

  2. お盆明けに注意したい病気は7つあります

    2016年8月11日は制定後最初の「山の日」でした。木曜日だったので連休が取りやすかったかもしれ…

  3. めまいが起きても慌てずに!まずは原因を知りましょう

    熱中症でも気を付けたい症状は、めまいです。もちろんそれ以外でも、めまいに襲われることがあります。…

  4. ドラッグストアでも薬剤師がいないと薬は売れません

    ドラッグストアで、薬を買えなかった経験はありますか。深夜営業しており、やっと見つけたお店だったの…

  5. 『肥満遺伝子』を知ろう!(第3回) 日本人が持つ3つの遺伝子

    先祖代々の贈り物『肥満遺伝子』を知ろう!企画の最終回となる今回は、いよいよ肥満遺伝子との上手な付き合…

  6. 暖かくなりましたが、一酸化炭素中毒には注意しましょう

    暖かくなりました。花見を楽しむ人もいるでしょう。とはいえちょっと肌寒いですね。暖をとるには何…

  7. 効果・効能は謳えない!化粧品の広告表現でも85%が基準に反してい…

    日本広告審査機構JAROなどがインターネット上のサイトや広告を調べた結果、化粧品の85%で何らかの違…

  8. 『肥満遺伝子』を知ろう!(第2回) これが肥満遺伝子の正体

    「肥満遺伝子」、ああなんて嫌な響きでしょう。きっと多くの方が嫌われる遺伝子の一つだろうと思われます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

amazon

PAGE TOP