menu

518 views

角膜内皮障害について

この記事の所要時間: 339

角膜内皮障害概要

角膜内皮障害(かくまくないひしょうがい)は、黒目の部分に当たる角膜細胞の内皮が、何らかの原因で細胞分裂を行わなくなる事で起こる病気です。
この角膜内皮細胞の数が減ると、角膜(黒目の部分)が白く濁るという症状が現れます。

スポンサーリンク

角膜内皮障害とは

角膜内皮障害とは、黒目と呼ばれる部分の一部である角膜の内皮が、何らかの原因で、細胞分裂を行わなくなるため、その結果、黒目部分がきちんと発達せず、白く濁ってしまうという症状が現れます。
この角膜内皮障害が進行すると、角膜全体がむくんだり、かすみ目や、強い目の痛みを感じるようになるそうです。

角膜内皮障害原因

角膜内皮障害は、角膜内皮の細胞分裂が妨害される事で起こります。
主な角膜内皮障害の原因としては、眼の外傷や、眼内の炎症、コンタクトレンズによる眼の酸素不足、内外手術やレーザー手術などがあげられます。
いずれも、角膜内皮を傷つけたりする事で、角膜内皮障害の原因になると言えるでしょう。

角膜内皮障害診断・検査

角膜内皮障害は、眼科で検査を行うのが一般的です。
角膜内皮障害は、黒目の部分に当たる角膜の状態を観察したり、目の手術や外傷などを含めた問診も行われています。
この角膜内皮障害は、角膜全体にむくみが出るまで、他に症状が出ないため、検査を受けるのが遅くなりがちですが、症状が悪化すると、かすみ目や目の痛みを感じる事もあるため、なにかしらの目の症状を感じたら、すぐに検査を受けた方が良いでしょう。

角膜内皮障害治療法

角膜内皮障害の治療法には、どんな方法があるのでしょうか。
これは、角膜内皮障害の症状の軽度によって異なります。
基本的に、角膜内皮障害は、角膜にむくみが出るまで、他の症状が出ないため、症状がなければ、治療をする必要もありません。
そして、角膜にむくみが出る場合には、眼科で目薬を処方してもらうことができ、目薬を打つ事で、角膜のむくみを緩和出来ると言われており、目の痛みなどを感じる場合にも、治療用コンタクトレンズを使う事が出来ます。
しかし、角膜内皮障害は、角膜内皮の細胞分裂が止まってしまう事で起きる病気なので、さらに症状が重くなる場合には、角膜内皮細胞を再生させる方法がないため、全層角膜の移植手術を行う必要があると言われています。

スポンサーリンク

角膜内皮障害生活上の注意

角膜内皮障害には、いくつかの原因や要因が挙げられますが、多くの場合は、目のレーザー治療や、眼圧の上昇、目の外傷、先天的な要素が強いため、日常生活で注意出来る事はわずかです。
特に、コンタクトレンズを使っている方は、コンタクトレンズによる眼の酸素不足も、角膜内皮障害の原因になりやすいので、しっかりと目の休息日を作る事も大切だと言えるでしょう。

角膜内皮障害予後

特になし。

角膜内皮障害予防

角膜内皮障害は、何らかの原因で角膜内皮の細胞分裂が止まってしまう病気なので、主な予防法としては、目の周りや、眼球を傷つけないように行動するのが一番です。
コンタクトレンズは、しっかりと洗浄をして、決まった期間使い、たまには、目の休息日を設けたり、目にゴミが入った場合には、水で洗い流すなど、出来るだけ、目の角膜を傷つけない事が、角膜内皮障害の予防に効果的だと言われています。

角膜内皮障害口コミ

先天性、手術などが原因でない場合には、角膜内皮障害を防ぐ方法として、眼球を傷つけないように心がけるという必要があります。
しかし、最近ではコンタクトレンズを使っている方も多く、1日使い捨てのコンタクトレンズを数日使い続ける事で、眼球とコンタクトレンズの間にゴミや細菌が溜まり、結果的に眼球を傷つけてしまう事があるようです。
特に、使い捨てタイプも含めた、ソフトコンタクトレンズ使用者の角膜内皮障害発症率は、ハードコンタクトレンズよりも、2倍ほど高いと言われています。

角膜内皮障害この病気に似た病気

特になし。

角膜内皮障害かかりやすいタイプ(年代・性別・遺伝要素など)

角膜内皮障害は、角膜内皮が傷付いたり、圧迫される事で、細胞分裂が止まってしまう目の病気です。
この角膜内皮障害は、先天性の場合もありますが、後天性の場合には、レーシックなどのレーザー治療を受けた事がある方、また、眼内の操作を要する手術を受けた方、緑内障など急激に眼圧が上昇する方、眼内の炎症にかかった事がある方などがあげられます。

スポンサーリンク

ベタメタリカは闘争心が強い魚です

水頭症の症状とは

関連記事

  1. 「夏痩せ」に期待はありか、なしか?「夏痩せ」はOKか、NGか?

    7月に入り、一気に暑くなりました。ついに高温注意報が発令される地域も続出です。因みに、この高温注意報…

  2. 妊娠で注意するポイントのまとめ

    妊娠中のタブーや戒め妊娠中には、タブーとされる事柄がたくさんあります。その中には、単なる迷信…

  3. かかりつけ医へ行けと言うが、どこにあるのでしょうか

    2016年4月から診療報酬が改定されます。薬代が安くなるのはよいことです。しかし患者側が注意…

  4. いくら好きでもドン引きされる女の行動。こんな事してませんか?

    いくら好きでもドン引きされる女の行動。こんな事してませんか?

    いくら好きでもドン引きされる女の行動美人で笑顔が可愛い・人に優しく性格がいい そう思い大好きだっ…

  5. 股関節痛の改善には人工股関節も選択肢のひとつです

    股関節の痛みを訴える中高年が、特に女性で増えています。年をとったから、仕方がないのかもしれません…

  6. 食道アカラシア症状

    食道アカラシアの主な症状は、食道に飲食物が詰まる、故に胸のつかえ、胸焼け、痛み、嘔吐などであり、さら…

  7. 好きなのにいつも喧嘩ばかり?【女なら要領よくこなせ計算・握れ手綱】

    好きなのにいつも喧嘩ばかり?【女なら要領よくこなせ計算・握れ手綱…

    何故?好きなのにすぐ喧嘩してしまう?男女に限らず、気の置けない関係になってくると喧嘩する事も増え…

  8. 今年のGWは是非、3日間のファスティングダイエットを!

    間もなくゴールデンウィーク! 様々な予定にワクワクの方は多い事でしょう。でも、行く所もない! する事…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【常識を疑え】価値観の違いによっても変化する『当たり前』
  2. 『常識』『普通』っていったい誰の基準?喧嘩で使ってはいけない言葉
PAGE TOP