menu

278 views

詳しく解説する、網膜色素変性症

この記事の所要時間: 425

網膜色素変性症概要

網膜色素変性症(もうまくしきそへんせいしょう)は、網膜に以上な色素沈着が起こる目の病気です。

スポンサーリンク

ただ、網膜色素変性症の特徴は、症状が人によって様々で、患者さんによって、暗い部分が見えにくい、視野の中心しか見えないなどの症状が表れると言われています。

網膜色素変性症とは

網膜色素変性症とは、眼球の内面を覆っている網膜に異常な色素沈着が起こる病気です。

色素沈着が起こる事で、網膜自体が壊れてしまうため、暗い所が見えづらい、視野の中心しか見えないという症状が出る事があります。

ただ、症状の進行具合は、人によってことなり、長い時間をかけて徐々に進行する場合もあれば、ある症状まで出ると、自然に病気の進行が止まる場合もあると言われています。

その為、網膜色素変性症の診断や、治療法も患者さんによって、難易度に大きな違いが出るそうです。

網膜色素変性症症状

網膜色素変性症の初期症状としては、物が見えにくくなると言われています。

ただ、部分的に見えにくいというわけではなく、全体的に視力が落ちるため、網膜色素変性症だと気付かない場合も多いようです。

さらに、病気が進行すると、夜間や、暗い所では、物がほとんど見えないという症状が表れます。

一般的に、暗い所でも数分居れば、目が慣れて暗くても少しは目が見えるようになるのですが、網膜色素変性症を発症すると、夜間は、どれだけ長い時間をかけても、目が慣れないため、ほとんど物が見えないそうです。

さらに、症状が悪化すると、視野の脇の部分がかけて、中心部しか見えないという症状が出ると言われています。

網膜色素変性症原因

網膜色素変性症という病気の中にも、沢山の種類があり、その種類によって治療法は異なります。

網膜色素変性症は、網膜に異常な色素沈着が起こり、この色素沈着が網膜を壊すというメカニズムは分かっているのですが、ほとんどの場合には、なぜ変性が起こるのかが分かっていません。

ただ、一部の種類の網膜色素変性症には、遺伝子異常が関連していると言われています。

網膜色素変性症診断・検査

網膜色素変性症は、患者さんによって、症状や、網膜色素変性症のタイプが異なるため、専門機関でも網膜色素変性症の診断を出すのが難しいと言われています。

実際に、初期症状だけでは、網膜色素変性症の診断を出せる事がほとんど無く、病気が進行し、症状が確定し、網膜電位図を取ったり、暗順応検査などを行う事で診断を行います。

スポンサーリンク

ただ、網膜色素変性症のタイプによっては、診断が簡単なケースもあるので、目に異常を感じたら、早めに大きな病院で検査を受けた方が良いでしょう。

網膜色素変性症治療法

現在の所、網膜色素変性症の進行を完全に止める治療法は見つかっていません。

網膜色素変性症という病気自体、とても特殊な病気で、病気の症状やタイプ、進行具合も、患者さんによって大きく異なるため、治療どころか、診断すら、かなり病気が進まないと行う事が出来ないのです。

網膜色素変性症の治療法として、ビタミンの摂取などが行われる事がありますが、これだけで劇的な効果を得るのは難しいと言われています。

網膜色素変性症生活上の注意

特になし。

網膜色素変性症予後

網膜色素変性症は、現在の所有効な治療法が見つかっていないため、網膜色素変性症のタイプを診断するのが難しく、進行を防ぐ為の方法も分かっていません。

ただ、網膜色素変性症のタイプの中には、夜間に目が見えにくくなる夜盲症という症状が表れる事がありますが、この場合にも、症状が進行するか、途中で止まるかは人によって異なります。

その為、網膜色素変性症という病気の発症が分かったら、予後も含めて、眼科医と相談する必要があるでしょう。

網膜色素変性症予防

網膜色素変性症は、遺伝子異常など、遺伝による発症原因が一番多く、それ以外の原因は分かっていないため、有効な予防法は、今の所ないと言われています。

網膜色素変性症口コミ

網膜色素変性症の症状は患者さんによって異なりますが、網膜色素変性症だと診断されていても、日常生活では、ほとんどの物が見えていると感じる事も多いようです。

パソコンを使ったり、本を読んだりと、日常で自分の視野や視界に異常を感じる事は少なく、病院で、スクリーン上に動く物を見るという検査を受けて、初めて自分の視野がかけている事や、実際は見えていなかったと発見する事もあるそうです。

日常生活の思い込みから、自覚症状が出ない事も多い網膜色素変性症ですから、自覚症状がなくても、定期検診を受けるなどの心がけが必要でしょう。

網膜色素変性症この病気に似た病気

特になし。

網膜色素変性症かかりやすいタイプ(年代・性別・遺伝要素など他)

網膜色素変性症は、遺伝が関係している事が分っています。

家族の中に、常染色体劣性というタイプの人がいると、網膜色素変性症にかかる可能性も高くなると言われていますが、実際に家族全員が眼科で検査を受けている事はまれなので、網膜色素変性症が分かってから、家族も検査をするというケースがほとんどだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

ベタメタリカは闘争心が強い魚です

水頭症の症状とは

関連記事

  1. 優しい人はいい人?都合の良い存在?見え隠れするエゴ

    優しい人はいい人?都合の良い存在?見え隠れするエゴ

    優しい人とは何か?「優しさ」は、自己愛であり他者愛でもある、大変複雑なものです。「優しさ…

  2. 思いやり?おせっかい?【親切心のどうしようもない食い違い】

    思いやり?おせっかい?【親切心のどうしようもない食い違い】

    思いやりとおせっかいは紙一重? 自分の大切な家族・友人を思いやり、常に笑顔が見たい。 …

  3. ヒアルロン酸の効果まとめ

    ヒアルロン酸効果『ヒアルロン酸』ってよく耳にすることば。女性なら、化粧品なんかの印象が強いか…

  4. 脱毛を始めたいなら秋がスタートするよい季節です

    男性でも脱毛する時代になりました。女性ならばどうやって脱毛するかが悩みの種でしょう。巷ではワ…

  5. 誰でも気軽に美容整形! 整形「未満」のプチプチ整形が人気!

    「芸能人」「韓国」「事故」「不自然な顔」……様々なイメージの飛び交う美容整形ですが、実はそれほど大げ…

  6. 高血圧とヤクルト

    特定保険用食品(トクホ)をご存知ですか。 特定保健用食品と言うと、「なんだっけ?」という方も…

  7. 確定申告にまだ間に合う!医療費控除が変わります

    ほとんどのサラリーマンには関係のない話かもしれませんが、前年医療費を多く支払った、もしくは市販の薬を…

  8. 後頭神経痛には漢方薬が有効みたいです

    後頭神経痛に特効薬はありません。もちろん鎮痛剤など一時的に症状を止める薬はありますが、完治を目指す治…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP