menu

183 views

フィラリア予防は飼主の義務

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 18

犬を飼っていると、案外多くの病気に罹るものです。
中でも予防に努めたいのはフィラリアです。
獣医さんに行けば、フィラリアの予防薬を使ってください!と半ば強引に奨められます。

フィラリアってどんな病気

そもそもフィラリアとは、蚊が媒介する寄生虫病です。
特に犬の心臓へ住み着きます。
直接死に至ることはありませんが、保菌者?となって別の犬へ伝染させる可能性があったり、心臓に負担がかかるため疲れやすい?
咳き込む!などの見た目に苦しそうな症状を示します。
そのため飼い主も消沈する?
せっかくのペットなので元気が一番!
ならば積極的にフィラリアの予防を始めましょう。

スポンサーリンク

ペットの健康を守りましょう

とはいえペットの薬は高い!
日頃活発に動いていると予防は、人間以上に気に掛けないものですが、ペットは自分では何もできない!
ペットの健康は飼い主の心がけ次第です。
初夏から晩秋までが注意期であり、この季節の予防策が重要です。 例えば家の周りや散歩コースの蚊を殺す!

なお、フィラリアに感染しても潜伏期間がありますが、その間に寄生虫が増えてしまうと、完治は難しくなります。
フィラリアの予防は半ば飼い主の義務です!
定期的に獣医さんの診察を受け、他の予防接種と一緒にフィラリア対策をしてもらいましょう。

スポンサーリンク

コラーゲンの市場規模は何億円?

ペット不可賃貸の退去費用は

関連記事

  1. 喧嘩するたび開いていく溝?深くなる愛情?【好きな人との言い争い】

    喧嘩するたび開いていく溝?深くなる愛情?【好きな人との言い争い】…

    好きな人との喧嘩誰しも好きな人と喧嘩なんてしたくないと思っています。好き好んで言い争いをする人は…

  2. 薄毛の悩みに朗報!毛髪だって再生医療が出来るかも!果たしてそのお…

    薄毛の悩みは今に始まったことではありません。とはいえ長生きはするものです。再生医療がついに毛…

  3. 医学的にみた妊娠の適齢期は何歳なのか

    少子化問題をどうやって解決すべきか。様々な分野の人たちが悩んでいるようです。とはいえ周りが悩…

  4. 出産する裏側のまとめ

    ラマーズ法ラマーズ法とは、自然分娩の方法のひとつです。「ヒッヒッフー」で知られているのが…

  5. 陳旧性脳梗塞について

    陳旧性脳梗塞とは医学用語の中には患者にとってわかりづらいものが多々ありますが、そのひとつに陳旧性…

  6. 車中泊は危険です。エコノミークラス症候群を防ぐ5つの対策

    地震は、直接の被害がもちろん深刻です。とはいえ二次災害?避難中に体調を崩す人が多くいます。今…

  7. 皮膚悪性リンパ腫について

    何事においても一度名前を付けると後から代えることは難しいし、かといって初めに適切でわかりやすい名称を…

  8. 拒食症にアイスクリーム推奨

    アイスクリームは夏の風物詩!昨今はご当地アイスなどもあります。アイスクリームは喉越しも良いため、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ママ友は必要?ママ友なんていらない?どっちが正しい?
  2. ママ友のランチ会に誘われたらどうする?仲良くなるための注意点

amazon

PAGE TOP