menu

160 views

フィラリア予防は飼主の義務

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 18

犬を飼っていると、案外多くの病気に罹るものです。
中でも予防に努めたいのはフィラリアです。
獣医さんに行けば、フィラリアの予防薬を使ってください!と半ば強引に奨められます。

フィラリアってどんな病気

そもそもフィラリアとは、蚊が媒介する寄生虫病です。
特に犬の心臓へ住み着きます。
直接死に至ることはありませんが、保菌者?となって別の犬へ伝染させる可能性があったり、心臓に負担がかかるため疲れやすい?
咳き込む!などの見た目に苦しそうな症状を示します。
そのため飼い主も消沈する?
せっかくのペットなので元気が一番!
ならば積極的にフィラリアの予防を始めましょう。

スポンサーリンク

ペットの健康を守りましょう

とはいえペットの薬は高い!
日頃活発に動いていると予防は、人間以上に気に掛けないものですが、ペットは自分では何もできない!
ペットの健康は飼い主の心がけ次第です。
初夏から晩秋までが注意期であり、この季節の予防策が重要です。 例えば家の周りや散歩コースの蚊を殺す!

なお、フィラリアに感染しても潜伏期間がありますが、その間に寄生虫が増えてしまうと、完治は難しくなります。
フィラリアの予防は半ば飼い主の義務です!
定期的に獣医さんの診察を受け、他の予防接種と一緒にフィラリア対策をしてもらいましょう。

スポンサーリンク

コラーゲンの市場規模は何億円?

ペット不可賃貸の退去費用は

関連記事

  1. 粒子線治療の一部が4月から保険適用になります

    2016年4月から健康保険に関する診療報酬が改定されました。この機会に、新たな治療法が保険適用に…

  2. 亜脱臼に効果的な食べ物

    亜脱臼、脱臼、骨折などの怪我はアスリートであれば日常茶飯事でしょう。とはいえこれらは突発的に生じ…

  3. 悪性エナメル上皮腫の原因

    口の中は唾液による殺菌作用が期待できるので、あまり病気に罹ることはないようです。とはいえ口内炎を…

  4. FDAが抗菌石鹸の販売を禁止?理由は3つ!日本への影響は?

    2016年9月2日、アメリカ食品医薬品局(FDA)は、抗菌剤を含有する抗菌石鹸やボディーソープの…

  5. 皮膚悪性リンパ腫について

    何事においても一度名前を付けると後から代えることは難しいし、かといって初めに適切でわかりやすい名称を…

  6. 胃もたれを簡単に治したい?3つの解消法と予防法を試してみよう

    飲み会のシーズンですが、好きな人は年中無休かもしれません。しかし翌朝に胃がもたれる、そんなことが増え…

  7. 結核と妊娠

    結核と妊娠の関係は?近年、結核患者が再び増加していることをご存知でしょうか。 結核自体は、治療…

  8. 秋も油断禁物です!ダニが媒介する5つの感染症に注意しよう

    暑い夏は一段落したのでしょうか。秋の行楽にはよい気候です。とはいえ野山でハイキングや山菜採りをす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 子どもの『なぜなぜ期』への最も良い対処法
  2. 常に子どもに「なぜ?」の疑問を持たせると良い理由

amazon

PAGE TOP