menu

133 views

フィラリア予防は飼主の義務

この記事の所要時間: 18

犬を飼っていると、案外多くの病気に罹るものです。
中でも予防に努めたいのはフィラリアです。
獣医さんに行けば、フィラリアの予防薬を使ってください!と半ば強引に奨められます。

スポンサーリンク

フィラリアってどんな病気

そもそもフィラリアとは、蚊が媒介する寄生虫病です。
特に犬の心臓へ住み着きます。
直接死に至ることはありませんが、保菌者?となって別の犬へ伝染させる可能性があったり、心臓に負担がかかるため疲れやすい?
咳き込む!などの見た目に苦しそうな症状を示します。
そのため飼い主も消沈する?
せっかくのペットなので元気が一番!
ならば積極的にフィラリアの予防を始めましょう。

スポンサーリンク

ペットの健康を守りましょう

とはいえペットの薬は高い!
日頃活発に動いていると予防は、人間以上に気に掛けないものですが、ペットは自分では何もできない!
ペットの健康は飼い主の心がけ次第です。
初夏から晩秋までが注意期であり、この季節の予防策が重要です。 例えば家の周りや散歩コースの蚊を殺す!

なお、フィラリアに感染しても潜伏期間がありますが、その間に寄生虫が増えてしまうと、完治は難しくなります。
フィラリアの予防は半ば飼い主の義務です!
定期的に獣医さんの診察を受け、他の予防接種と一緒にフィラリア対策をしてもらいましょう。

スポンサーリンク

コラーゲンの市場規模は何億円?

ペット不可賃貸の退去費用は

関連記事

  1. 慢性扁桃炎検査・診断

    慢性扁桃炎に罹っていれば、その前段階として急性扁桃炎を経験しているはずです。そのため慢性扁桃炎に対す…

  2. そのこだわり本当に必要?真の価値観?本当に大切なものは何か

    個人特有の価値観やこだわりは、誰でも持っているもの。それは大変素晴らしいことです。そして、こ…

  3. 悪性リンパ腫に効果的な食べ物

    悪性リンパ腫は、胃がんや肺がんなどに比べれば患者数も少ないため過度に心配すべきではありませんが、昨今…

  4. 水頭症の症状とは

    水頭症は何らかの理由により脳脊髄液が頭蓋内に溜まり脳が圧迫される状態です。主な症状は頭痛、吐き気…

  5. 秋も油断禁物です!ダニが媒介する5つの感染症に注意しよう

    暑い夏は一段落したのでしょうか。秋の行楽にはよい気候です。とはいえ野山でハイキングや山菜採りをす…

  6. 外食と自炊のどちらが健康に良いのでしょうか

    不健康の代名詞にもなっているのが外食生活です。独身者に多いかもしれません。とはいえ結婚したら…

  7. 溶連菌感染症で鼻血が出るか

    鼻血の出やすい人と出にくい人がいます。鼻血は一見大量出血!のように感じられるし、ティッシュが真っ…

  8. 現在正常圧水頭症が難病指定

    大人でも水頭症に罹ります。中でも高齢者に多発しやすい正常圧水頭症に関して、認知症の一部は水頭症が原因…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 5歳~7歳の嘘のしつけは優しく教えてもわかる?常に優しくしなければいけない?
  2. 2歳~4歳児の嘘にはどう対処する?小さな子どもに対するしつけの仕方
  3. ご褒美によるしつけ『これをすればこれをあげる』交換条件は良いか悪いか
  4. 怒っても何をしても治らない!子どもの人に対する噛み癖にはどう対処すべき?

amazon

PAGE TOP