menu

535 views

肺気腫が原因で起こる様々な後遺症

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 113

どんな病気にも原因はあるはずですが、中には原因の明確ではない病気もあります。

とはいえ肺気腫は、タバコやアスベストなどの具体的な原因が指摘されており、昨今話題のPM2.5?
これも新たな脅威として考えられています。

肺気腫は原則的に治らない病気であり、肺気腫になると様々な方面でトラブル?
後遺症のような形が現れます。 例えば息が苦しくなるので、ちょっと階段や坂道を昇るだけで疲れる!
動悸やめまいなども後遺症?かもしれません。 心臓にも負担をかけるので、循環器系の後遺症?
心配です。

スポンサーリンク

なお肺気腫が重症化すると酸欠状態になるので酸素ボンベを常時使用することになりますが、管が肌に擦れて傷ができたり喉や気管にも炎症が起きやすく、これが常態化すると感染症の後遺症もありそうです。 さらに体が重く感じるため横になることが増えると寝たきり?になってしまいます。 すると食欲不振?
胃潰瘍など消化器系への後遺症も否めないし、外出や人との接触が減れば、脳の機能も低下して認知症やうつ病など精神神経系の後遺症も生じます。

生きる上で不可欠な呼吸ができないほど辛いことはなく、そこから多様な後遺症が想定されるので、その原因となる肺気腫をまず予防しましょう。

スポンサーリンク

拒食症を克服した人のブログ

高血圧とボルタレン

関連記事

  1. 輸血は有料なのに献血はなぜ無料で行われるのか

    街を歩いていると、献血を呼び掛ける声を耳にします。「今日中に〇人必要です!」もちろん切実な思…

  2. 陳旧性脳梗塞について

    陳旧性脳梗塞とは医学用語の中には患者にとってわかりづらいものが多々ありますが、そのひとつに陳旧性…

  3. 肺気腫の手術

    人間などの哺乳類は肺胞と呼ばれる肺の一部で酸素と二酸化炭素の交換を行っていますが、タバコの煙などの有…

  4. 脊髄損傷でも治る時代が来る?期待したい3つの研究

    交通事故などで脊髄を損傷したら、これまでは回復することができませんでした。しかし近い将来、治…

  5. 高齢者の定義が75歳以上に変わる?背景にある3つの理由と問題点

    2017年1月5日、日本老年医学会は「高齢者の定義を75歳以上にする」と国に提言する旨を公表しました…

  6. この冬に気を付けたいウイルス病とその予防法!5つずつ紹介!!

    冬は体調を崩しやすくなります。寒くて身体を動かさなくなるからです。運動不足になると新陳代謝も衰えます…

  7. 胆のうがんは怖い!そこには3つの理由があります

    俳優の渡瀬恒彦さんが、胆のうがん(胆嚢癌)であったことがわかりました。とはいえ年齢を考えれば、が…

  8. 「夏痩せ」に期待はありか、なしか?「夏痩せ」はOKか、NGか?

    7月に入り、一気に暑くなりました。ついに高温注意報が発令される地域も続出です。因みに、この高温注意報…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【ママ友】がこわい!信じちゃダメ?人間不信に陥った体験談
  2. 【ママ友】っていったい何?どういう存在?いつからある言葉なの?

amazon

PAGE TOP