menu

70 views

新年度に向けて、手帳を選ぶ際の5つのポイント

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 335

1年のスタートはお正月でしょうか。
しかし日本では、4月1日も新たな一歩を踏み出す日です。
そんな日を前に、手帳を準備しましょう。
とはいえいろいろあって迷いますね。
その際にポイントとなることは、何があるでしょうか。
手帳は有効に使えてこそ、意味があります。

紙の手帳が選ばれています

そもそも手帳を持っていますか。スマホで済ませていますか。
アラーム機能があると、忘れないかもしれません。
とはいえ日本能率協会によるアンケートによれば
約4割の人が紙の手帳を使っているようです。

スマホは2割で、カレンダーに直接書く人も2割弱とか。
また別の調査で、学生だけに尋ねてみると、
約7割が紙の手帳を使用し、スマホは2割弱でした。
デジタル化が進んでいても、紙の手帳が選ばれているんですね。

失敗しない選び方

文房具屋さんで手帳を前にあれこれ探す光景が見られます。
最近は凝ったデザインなどが売られています。
目移りしますが、失敗しない選び方のコツはあるのでしょうか。

1 目的を明確にする

まず目的を明確にしましょう。何のために手帳を使うかです。
社会人になれば、スケジュール管理が求められます。

プライベートの予定も一緒に記入しますか?
もちろん複数の手帳を持ち歩くこともできます。
とはいえ仕事用!決めるなら決めましょう。
それだけで、まずデザインが決まります。
派手な手帳は、会社に持っていけませんからね。

2 ポケットに入るもの

一時期、システム手帳が流行りました。
もちろん紙面が大きければ、たくさん書けます。
文字が大きくなるので、見やすいですね。
しかし一方で持ち運びが不便です。
どちらを犠牲にするかですね。

男性ならスーツの胸ポケットに入るサイズがベストです。
女性であっても、なるべく小型の方が結果的に楽ですよ。
手帳の極意は、コンパクトかつシンプルです。
だらだら書きたければB5判の大学ノートと割り切りましょう。
凝縮してまとめる技術を、手帳を使って習得すべきです。
小さい手帳を持っている人の方が、賢く見えたりもします。

スポンサーリンク

3 基本は年、月、週、日で書けるもの

昨今はシンプルだけど機能的な手帳が増えています。
とはいえ基本は年、月、週、日、時間単位で記入できることです。
まず大きく年間スケジュールを書ける。
次に月毎の予定を記入できる。
そして週の括りで計画を表せる。
そこが日別かつ時間当たりで表示可能となっていれば、
ビジネスには便利ですね。

遡ってイメージしたり、年から下って考えてみる。
大きな目標と小さな目標など。
使い分けられる手帳が重宝します。

4 メモ帳機能がある

手帳には予定を書き込むことを第一に考えます。
しかし備忘録、すなわちメモ帳としての機能も重要です。
営業先でのメモなら、ノートを広げるのも一法でしょう。

しかし移動先で、ちょっと思いついたことをメモする。
そういう意味では空白ページがある手帳も便利です。
サイズとしても片手で持てる大きさが扱いやすいでしょう。
切り取り線が付いていて、メモ部分を切り離せると、
後で整理する時に重宝しますよ。

5 付録が案外役立ちます

市販の手帳には付録がついています。
これが案外役立ちます。例えば鉄道路線図です。
もちろんスマホで行き先などを調べられます。

しかし突然の事故などが起きた時、
路線図を広げることにより、
おおよその位置関係を知ることができます。

とはいえ慣れていないとチンプンカンプンでしょうが。
一方で年齢早見表も便利です。

平成元年は西暦何年か?ややこしいですね。
なお仕事に応じたミニ情報が載っていると、
暇つぶしにもなるし、まさかの際に使えます。

紙の手帳は廃れません

スマホのキーボードを打つのも良いでしょう。
しかし手書きが選ばれるには理由があるはずです。
書くことにより、人間は覚えるようです。
思いを込められるのでしょう。

デジタル化が進んだとしても、
紙の手帳は廃れることはありません。
日記のような思い出になってくれるでしょう。
そんな手帳を、今年こそ作りましょう。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

これからの時代は、農家も大卒であるべき5つの理由

民進党が消費税据え置きに反対する3つの理由

関連記事

  1. 笑えないのが唯一の悩み?笑うことで体調を整えましょう

    東京大学と千葉大学などのグループが、笑いの頻度と健康状態に関するアンケート調査をしました。す…

  2. 出会い系が当たり前…ではなかった?

    5月9日、ウーマンエキサイトにある意味衝撃的な記事が掲載されました。独身女性100名へのアンケートで…

  3. なぜ「真田」は人気なのか、5つの角度から考える

    1月10日から新しい大河ドラマ、「真田丸」が始まりました。戦国時代の大名、真田家を描いた作品になるの…

  4. いまさら聞けない?巷で流行るフィンテックとは何か

    ビジネスパーソンなら知っておきたい用語があります。例えば巷で流行っているのがフィンテックです。…

  5. 2017年の気になるおせち 老舗百貨店の1万円代おせち おすすめ…

    2017年の幕開けを飾るおせち料理!その予算は、前回の2017年の気になるおせち事情で明らかになった…

  6. 人身事故が多いですね。しかし起こしてはいけない5つの理由

    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…

  7. 子どもがまだ小さいからどうせ忘れるだろう!?約束はいい加減でいい?

    子どもがまだ小さいからどうせ忘れるだろう!?約束はいい加減でいい…

    子どもがまだ小さい頃は、親が言っていることを全てきっちり理解しているわけではないし、仮に約束をしたと…

  8. 春は出会いも多いですが、緊張をほぐす5つの方法があります

    春は出会いが多いですね。入学式や入社式、初めて会う人たち、新しい職場には慣れましたか。緊張し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 子どもに何でも一生懸命して欲しい!最も有効なことは【やる気】と【記憶】
  2. もっと頑張らせたい!誰の判断?【努力していないように見える子ども】
  3. 子どもが笑わない原因は!?笑顔の大切さを教えるために必要な事
  4. 新生児が笑うのは何故?寝ている赤ちゃんの微笑みから声を出して笑うまで

amazon

PAGE TOP