menu

1,067 views

カブラハバチの生態と形態

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 140

カブやアブラナなどの葉を食害する生態を持つ昆虫にカブラハバチがいます。
時にカブラバチ、ナノクロムシとも呼ばれ、蜂の一種ですが、針はなく、刺すことはありません。
類似種にニホンカブラハバチがいますが、カブラハバチは腹部の第1節の背面が黒いので、形態的に区別することができます。
主な生態は、年に数回卵、幼虫、さなぎ、成虫という完全変態の生態サイクルを繰り返し、越冬時は老令幼虫の形態で、土中において繭を作ります。
産卵はアブラナ科植物の葉の組織内に1個ずつ行います。
形態としては体長が1センチ程度なので、カブラハバチの成虫を見つけることは難しいですが、幼虫は驚くと体を丸めて葉から落下する習性があるので、比較的発見しやすいようです。

スポンサーリンク

被害の駆除方法

カブラハバチはアブラナ科植物の害虫です。
特にカブ、アブラナ、コマツナなどの被害が大きいようです。
成虫は葉の組織内に卵を1個ずつ産みつけ、幼虫は成長に伴い葉脈を残して食べつくすので作物に多大な被害を加えます。
基本的なカブラハバチの駆除方法は殺虫剤の使用であり、オルトランやマラソンなどが有効です。
なお幼虫は、刺激が加わると体を丸めて葉から落下する習性があるので、これを利用した駆除方法も効果的です。
また見つけ次第捕獲することも大切です。
さらにカブラハバチの成虫による産卵を防ぐことが根本的な被害対策になるので、防虫ネットなどを作物にかけることも駆除方法として有効とされています。

スポンサーリンク

イエユウレイグモの生態と形態

アベノミクスでも生活保護受給者が減らない理由

関連記事

  1. 下痢系の夢占いはお金と関係

    よくある夢としてトイレに駆け込む?また下痢を我慢している夢も少なくありません。下痢の…

  2. イエユウレイグモの生態と形態

    家屋内で異常に足が細くて長い形態を持つクモを見かけた場合は、それはイエユウレイグモでしょう。足を広げ…

  3. 過払い請求よくある質問まとめ

    よくある質問は?過払い請求にはいろいろな質問が寄せられるのですが、よくある質問として多いのが「ど…

  4. 不倫がばれるまとめ

    不倫がばれたら離婚がベスト日本における離婚理由で多いことは?性格の不一致!性的な不一致も…

  5. カツオのオイル漬け(ツナ)も健康食品のひとつです

    何かあと一品欲しい時、重宝するのが缶詰です。中でもカツオのオイル漬け!ツナマヨ的に作ると、酒…

  6. 【第3話】バレンタインデーとホワイトデーの由来・日本のバレンタイ…

    前回の【第2話】でご紹介したように、日本にバレンタインデーという呼称と、チョコレートを贈る習慣を持ち…

  7. 色彩心理ワインレッド編

    ワインレッドにはどのような色彩心理が隠されているのでしょう。気になっている方もいるでしょうが、ワ…

  8. デフレの原因は生産性の低さ?理由は3つあるようです

    日本人は勤勉!世界第三位の経済大国!これらが勘違いや思い込みだったら、どうしますか。日本のサービス産…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 子どもに何でも一生懸命して欲しい!最も有効なことは【やる気】と【記憶】
  2. もっと頑張らせたい!誰の判断?【努力していないように見える子ども】
  3. 子どもが笑わない原因は!?笑顔の大切さを教えるために必要な事

amazon

PAGE TOP