menu

897 views

1997年に流行したものは?

この記事の所要時間: 243

1997年(平成9年)に流行したものは?

たまごっち

発売は前年で、当初はそこまで売れていなかったが、1997年になって手に入らないほどの大ブームに。
ターゲットは10代女性、特に女子高生だったが、結果的に老若男女問わず人気を集め、本物のペットのように扱う人が増加、社会現象となりました。

スポンサーリンク

□ポケットモンスター赤・緑

現在でも人気のゲーム『ポケットモンスター』。
前年の1996年にシリーズ初となる「赤」と「緑」がゲームボーイ用ソフトとして同時発売され、発売年にはあまり売れていなかったものの、この年にブームに。
ロールプレイングゲームにおいて売上世界一を記録し、現在もDSソフトとして人気のシリーズです。

ハイソ(ハイソックス)

直前まで大流行していたルーズソックスを押しのけ、ハイソックスが大流行。
特に紺のハイソは「紺ハイ」と呼ばれ、脚が引き締まってさらに清楚に見えると人気になりました。

ホルターネック

両肩ではなく、首の後ろで留めるタイプの服が若い女性に流行。
そのまま肩を出したファッションが人気に。

スポンサーリンク

映画『タイタニック』

アメリカの映画『タイタニック』が公開。
主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(セリーヌ・ディオン)も大流行。

1997 流行語

第14回 1997年(平成9年)

1997年は、それまで3つ選ばれていた大賞が1作品のみに。

大賞

「失楽園(する)」
受賞者:渡辺淳一(作家)
受賞者:黒木瞳(女優)

日本経済新聞に連載されていた小説『失楽園』が映画化され、その激しいラブロマンスを演じた黒木瞳とともに大きな話題に。
この作品で不倫に憧れる女性も多く、不倫することを「失楽園する」と呼んだりすることもありました。

トップテン入賞

「たまごっち」
受賞者:真板亜紀(バンダイ玩具第一事業部)

「時のアセス」
受賞者:堀達也(北海道知事)

「ガーデニング」
受賞者:八木波奈子(『私の部屋ビズ』編集長)

「日本版ビッグ・バン」
受賞者:松井道夫(松井証券社長)

「透明な存在」
受賞者:田島一昌(『フォーカス』編集長)

「もののけ(姫)」
受賞者:宮崎駿(アニメ作家)

「パパラッチ」
受賞者:省略

「マイブーム」
受賞者:みうらじゅん(漫画家)

「郵政3事業」
受賞者:小泉純一郎(厚生大臣)

スポンサーリンク

色彩心理サーモンピンク編

レッドビーシュリンプの水換え方法

関連記事

  1. レーシックの術後に抱える共通した5つの悩み

    近眼の多い日本人に救世主か?レーシックを受けた人は多いですね。芸能人やアスリートなどでも経験…

  2. 鰯節(イワシブシ)って?

    「鰯節(イワシブシ)」は、書いて字のごとく、イワシを原料にしたかつおぶしの仲間です。イワシといえば煮…

  3. 納骨の際に相応しい服装

    納骨の服装に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。葬儀や告別式ともなると、単純に喪服で…という思い…

  4. 育毛の悩みに応えるのか?IGF-1理論とは何か

    髪の毛に関する研究は枚挙に暇がありません。しかし万人に効くような特効薬はありません。多数ある…

  5. 自動運転車にも保険適用?交通事故の示談交渉が解決しやすくなるか

    人工知能AIの進化は目覚ましいものがあります。新聞には連日のように関連記事が掲載されています。そこで…

  6. タウリンが豊富なタコを食べて夏バテを解消しましょう

    回転寿司でタコを食べるのはもったいない?原価が安いからのようです。とはいえ値段で食べるわけで…

  7. NHKの放送受信料が変わるかもしれない?裁判結果が興味深い理由

    8月26日さいたま地裁でひっそりと行われた裁判の結果が話題を集めています。NHK受信料をめぐる裁…

  8. スズキの問題があるにせよ…自動車産業がここまで優遇されているのは…

    5月18日、NHKの昼のニュースにて速報が入りました。それは、「スズキも燃費不正をしていた」というも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 5歳~7歳の嘘のしつけは優しく教えてもわかる?常に優しくしなければいけない?
  2. 2歳~4歳児の嘘にはどう対処する?小さな子どもに対するしつけの仕方
  3. ご褒美によるしつけ『これをすればこれをあげる』交換条件は良いか悪いか
  4. 怒っても何をしても治らない!子どもの人に対する噛み癖にはどう対処すべき?

amazon

PAGE TOP