menu

66 views

三菱自動車の燃費問題は今後どうなるのか

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 39

4月28日、一連の三菱自動車の燃費不正問題の件で政府は行政側も三菱の不正があった車種で走行実験を行うと発表。三菱から出されるデータに信憑性がないため、自分たちでも調べるとの事。
自動車業界にあまり詳しくない人にとっては、何もそこまで…という気持ちもあるかもしれません。
そもそも、カタログ燃費から比べればどのメーカーだって全然違いますので、そのくらい良いのではないかと思う人もいるかもしれません。
ですがこの問題、看過出来ないいくつかの理由があるのです。

他のメーカーの視線

三菱自動車は名前からも分かるように三菱グループの自動車部門です。「三菱グループ」で考えた時、トヨタでさえ会社の規模では太刀打ち出来ないレベルです。
三菱は「うちは何をしても大丈夫」という傲慢があると言われているのですが、自動車に関しては他のメーカーも経済界にそれなりに強い影響力を持っています。
仮にですが、トヨタが「こんななぁなぁにするなら、もう本社は海外に移転する」とでも言いだしたら、日本にとっては大打撃所ではありません。
トヨタに限らず、海外に拠点を移されると税収がダウンします。自動車は輸出で好調です。
アベノミクスで円安に振ったのも、自動車業界など輸出業に対しての期待値でもあります。つまり、いくら三菱だからとはいえ、不正していた事実をうやむやにしてはならない。このような意識も働いているでしょう。

明確な違反だから

これまで自動車業界だけではなく、社会を震撼させるようなニュースは多々ありましたが、どれも「灰色」なものでした。
灰色段階である以上、政府としてもあれこれ言い辛い部分があるものの、今回に関しては「黒」です。
しかもメーカーを信頼して任せていたものの、そこでの不正になりますので、石井国土交通省大臣のコメントにもあるように、行政の信頼を裏切った事にもなります。
これで「次からは気を付けてくださいね」では、他のメーカーだけではなく、行政そのものも馬鹿にされているようなものです。
いくら三菱グループとはいえ、そこはやはりなぁなぁでは済まされないでしょう。

スポンサーリンク

三菱の姿勢

三菱自動車の問題は今回が初めてではありません。仮に今回が初めてであればここまで騒がれなかったかもしれません。
ですが三菱自動車はいわば二度目です。「次気を付けて下さいね」の「次」を起こしてしまったようなものです。これではさすがに行政側としても何も言わない訳にはいかないでしょう。
また、25日からは中国の上海でモーターショーが行われているのですが、そこでは三菱はこの問題を「封印」してイベントに臨んでいます。
反省していない訳ではないでしょう。ですが、ビジネスを考えたらモーターショーに出ないのは痛手です。
国内ではこれだけの大問題を起こしつつ、海外では「ビジネスのため」イベントに出席している。このような姿勢に対しての怒りもあるでしょう。

三菱への思い

これもあるかもしれません。先に少し触れたように、三菱は社内体質が傲慢です。「うちらは三菱」という思いが強い、いわば「選民思想」があります。
そのような姿勢に対しての「NO」もあるでしょう。いくら三菱だからとはいえ、ルールはルール。
守らなければ厳罰されると明確にしておく事はとても大切です。

特に自動車は輸出を考えた時、日本の「基幹産業」と言っても過言ではありません。今回は幸か不幸か国内で見つかりましたが、もしも国外でこれを追求されていたら、日本自動車業界だけではなく、日本への信頼性が揺らいでいたかもしれないのです。
いろいろな理由が重なっていますが、不正は許されるものではありません。身売りなどいろいろと話は出てきていますが、今後三菱自動車はどうなるのでしょうか…。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
二宮祐介
二宮祐介
30代のとりあえずいろいろな物に興味を持っているライターです。 最近は真田丸が熱いです。

紙の辞書を使いませんか?子供の能力が伸びてきますよ

急死の可能性あり!虚血性心不全の特徴と注意点を3つずつ

関連記事

  1. リオオリンピック直前ですが、4K放送は視聴できるのか

    ボーナスが出て、4Kテレビを買おうとしている人もいます。家電量販店に行くと、きれいな大画面が視聴…

  2. XperiaのEシリーズが出る?流出画像の意図するもの

    5月24日、Sonyがちょっとした「おとぼけ」をしでかしてしまいました。Xperia Xの登場を待ち…

  3. 2016年はVR元年?テレビは衰退していくのか

    テレビを脅かす娯楽の強敵は多数あります。たとえばパソコン、スマホ、ゲーム機などです。しかし2…

  4. ベタメタリカは闘争心が強い魚です

    ベタメタリカはベタの一種ですが、とても美しいシルエットを持っている一方、闘争心がとても強い事で知られ…

  5. iPhoneよりAndroid?Androidユーザーが増えつつ…

    日本国内だけで見ればiPhoneが大きなシェアを獲得しているものの、世界で見ればAndroidの方が…

  6. 【ネタバレあり】舞台 犬夜叉【2.5次元】

    高橋留美子原作、漫画「犬夜叉」が舞台化されました。今回は、2017年4月15日に行われた、千秋楽…

  7. デジタル放送は2秒遅れる?テレビが遅れる諸現象について

    テレビの報道番組など国際中継のシーンで、変な時間差があります。もう慣れたとは思いますが、デジタル…

  8. デジカメの時代は終わった?カメラは再びマニアの道具に戻るのか

    リコーがカメラの生産を縮小する!小さいですが衝撃的なニュースが報道されました。一般の人には馴染みが薄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. SOSサイン!?「ママ嫌い!」という子どもの本当の想いと最善の対処法

amazon

PAGE TOP