menu

398 views

体脂肪の測定法あれこれと体脂肪計の原理

この記事の所要時間: 528

今日は、体重との危険な関係を持つ体脂肪率って?の続編!体脂肪計のお話しです。
ダイエットを考える上で見て見ぬふりの出来ないのが体脂肪率という事で、それを測定するために、どのような体脂肪計を選べばいいのかを考える事は大切でしょう。
と、その前に、上記の記事にも書いた通り、元々測定困難なのが体脂肪率!!医療機関ですら、大がかりな装置を使わないと明らかにならない脂肪の重さを家庭用のコンパクトな体脂肪計が、一体全体どうやて測るというのでしょうか?不思議ですよねぇ!!
そこで、まずは体脂肪計の仕組みを見てみたいと思います。

スポンサーリンク

体脂肪率の測定法あれこれ!

実は前回、アルキメデスの原理を生かした「水中体重秤量法(水中体重測定法)」という方法と、お相撲さんたちが使う「空気置換法」という2つの体脂肪測定法をご紹介しましたが、これらはいずれも、通常の体重と密閉された特定条件のもとでの体重を量り、その身体密度の差から体脂肪率を計算するという手法でした。どちらも正確さでは天下一品で、長い歴史と実績を持つ測定法です。
しかし、文明の進化とともに、体脂肪の測定方法もあれこれ編み出され、現代社会においては、他にも様々な手段があるのです。

二重エネルギーX線吸収法

まずは「二重エネルギーX線吸収法」!医療機関などではよく“DEXA法デキサ法)”と言われます。
恐らく、“そう言えば聞いた事ある~!!”とおっしゃる方も少なくない事でしょう。
とは言え、“あれって、骨密度検査の時に使ったんじゃなかったっけか!?”と思われる方も多いだろうと思います。
そうなんです。実は、元々は骨密度を測定する上では、これ以上ない確実で且つ安全な方法だとされていて、骨粗鬆症の検査では必ず実施されるものです。また、癌検診でも大活躍という事で、癌養護として扱う医学書もあるほど優秀なものなのです。
その原理は意外にも単純で、堅いものにぶつかるとたちまち吸収されてしまうというX線の性質をフルに生かしたもの!!その名の通り、2種類の異なる波長のX線を照射し、骨と他の部位との吸収率の差からどのくらい骨がしっかりと存在しているかが分かるというからくりです。
しかし、これは軟部組織である筋肉や脂肪の量を測定する事も可能で、体内の水分の影響を受けにくいところから、対生活習慣病の体脂肪率測定において、多くのドクターの支持を集めているのです。
因みに、DEXAというのは、二重エネルギーX線吸収法の英語名である“Dual Energy X-ray Absorptiometry”の略で、他に、“DXA”と表記される事もあります。

スポンサーリンク

近赤外線分光法

上記と似たような方法ですが、こちらはX線ではなく、見えない光と言われる近赤外線を上腕二頭筋中央部に照射し、その光九州のスペクトルデータをもとに体脂肪率を求める方法!実は、食品の成分やその他諸々の物体の安全性を外から検証出来る所謂非破壊検査術として、様々なシーンで活躍しています。
その原理は、やはり照射された光線の吸収の度合いから体脂肪率を弾き出そうというものですが、この分光法というのは、透過光の強度を周波数・エネルギー・時間などの関数として示すことで、科学的に欲しいデータを導き出す事が出来るのです。
ただし、骨というのは頭の先から足の先まで通っていますから、先のデキサ法においては、全身に照射する事により、体全体の脂肪を捕らえる事が出来るのに対し、こちらは、一部の組織のデータから全体の体脂肪率を分析するもので、同じ用いるのなら、X線の方が正確な答えを得られる確率が高いと言えるでしょう。
また、この近赤外線は、シミの要因となる美肌に大敵の赤外線ですから、余り好まれる体脂肪の測定法とは言えそうにありませんね。

脂肪の特性を生かした体脂肪率の測定法

他にも、体脂肪率の測定方法には、原始的な手段から文明の利器のような手法まで、多種多様の技や機械が使えますが、その多くは、水中測定法で活用した水より比重が軽いと言ったような脂肪の特性を生かしたものであると言えるでしょう。例えば、カリウムという物質は、脂肪には含まれません。
そこで、「ヒューマンカウンター」と呼ばれる専用の装置で体内のカリウム量と分布を測定する事により、体脂肪率を求める事も可能になる訳です。

生体インピーダンス法

そんな脂肪の特性の一つに、電気を通しにくいというのがあります。逆に、電解質を多く含む筋肉は、電気を通しやすい!となると、体内の電気抵抗値を見れば、脂肪が多いか少ないかが分かる訳ですよ。
この原理を生かして体脂肪率を測定使用というのが「生体インピーダンス法」!インピーダンスとは、圧力と流れの比を表す単語で、ここでは電気抵抗値という事になる訳です。そして、それを測定する器械こそが、市販の体脂肪計であると思ってもらえばいいでしょう。
つまり、同じ身長160センチで、体重50キロの人でも、筋肉派なら、電流は速やかに流れますから、体脂肪率が低いという事が分かります。けれど、電気がすんなり流れなければ脂肪が多い事が判明するのです。
体脂肪計を使用する前に身長の入力が指示されるのは、体重と電気抵抗という2つの数値から筋肉量を弾き出すためだったんですね。

体脂肪計の原理

実際、私たち人間の体は、元々電気を通す構造になっていて、脳から手を動かせとか、足を動かせという指令は、電気信号を使って伝えられています。ただし、ロボットのようにわざわざ作られた電気回路が通されている訳ではなく、通常は筋肉を中心とした電気を通しやすい部位を結ぶような形で伝達しているのです。
それを考えると、太っている人の体の動きが鈍いのは、単に身体が重いからだけではなく、脳からの指令が円滑に届かない事も影響しているのかも・・・!?という気もしないでもありませんが、とにもかくにも、人体というのは、電気抵抗の少ない筋肉が多ければ、電気抵抗値は低く、電気抵抗の大きい脂肪が多ければ、電気抵抗値は高くなるという事は否めません。
という事で、現在国内で市販されている体脂肪計は、この生体電気インピーダンス法を用いた体重計を兼ねた測りに素足で乗るのが主流です。
しかし、両手で持って測定するものもあれば、さらに、体脂肪以外にも、内臓脂肪レベルや皮下脂肪率・基礎代謝、骨格筋率、挙げ句の果ては体年齢まで、様々な事が分かるものもあるというから驚かされてしまいます。
そこで次回こそは、そんな体脂肪計の機能を検証しながら、自分にあった1台の選び方を考えて行きましょう。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
yamamoto
yamamoto
著者取材ブログ当サイト記事
おしゃべり大好き!お節介大好き!!の典型的関西人おばちゃんです。 趣味で京都の観光ボランティアガイドをしています! 言いたい事はズケズケ言うけど、結構面白かったり、時々ホロリとさせたりもしまっせ~( `pq´)ゥシシ 地元関西地区の食や趣味嗜好的な情報を中心に、自分の最大の課題であるダイエットの情報なんぞも、バンバン発信していきますので、よろしゅうおたのもうします(*^_^*)

死因の○○不全とは、実際にどういう状態なのか

日本の米作農家はプロではない?言われる理由は3つある

関連記事

  1. 今年のGWは是非、3日間のファスティングダイエットを!

    間もなくゴールデンウィーク! 様々な予定にワクワクの方は多い事でしょう。でも、行く所もない! する事…

  2. BBクリームの効果まとめ

    効果とは「BBクリーム」本当に効果はあるの?爆発的人気となった「BBクリーム」。たくさん…

  3. 好きな人に嫌われる電話の仕方【女がしがちな重大な間違い】

    好きな人に嫌われる電話の仕方【女がしがちな重大な間違い】

    好きな人との電話あなたは、好きな人や付き合っている相手に電話する際、どうやって話をし始めますか?…

  4. 裏切りの奥底に秘められた真実とは?「ぎった」?「ぎられた」?の違い

    裏切りの奥底に秘められた真実とは?「ぎられた」?「ぎった」?の違…

    人間関係の裏切り裏切る・裏切られる という言葉があります。異性同性関係なく、友情などで育…

  5. 喧嘩するたび開いていく溝?深くなる愛情?【好きな人との言い争い】

    喧嘩するたび開いていく溝?深くなる愛情?【好きな人との言い争い】…

    好きな人との喧嘩誰しも好きな人と喧嘩なんてしたくないと思っています。好き好んで言い争いをする人は…

  6. 悪性エナメル上皮腫の原因

    口の中は唾液による殺菌作用が期待できるので、あまり病気に罹ることはないようです。とはいえ口内炎を…

  7. 肺気腫と温泉プール療法

    近年における急速な医学の進歩は目覚しいものがありますが、それでも治せない病気は未だにたくさんあり、中…

  8. 秋も油断禁物です!ダニが媒介する5つの感染症に注意しよう

    暑い夏は一段落したのでしょうか。秋の行楽にはよい気候です。とはいえ野山でハイキングや山菜採りをす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【常識を疑え】価値観の違いによっても変化する『当たり前』
  2. 『常識』『普通』っていったい誰の基準?喧嘩で使ってはいけない言葉
PAGE TOP