menu

521 views

海上保安庁が海底の歪みを発見した?地震の確率は変わるのか

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 354

2016年5月24日、イギリスの科学雑誌ネイチャーの電子版に、
海上保安庁がまとめたデータが掲載されたようです。
内容は、日本の太平洋岸における海底の歪みについてです。
これによって、巨大地震の発生確率は変わるのでしょうか。

海上保安庁が調査しました

このニュースで、ある意味衝撃的なことは、
研究者ではなく、海上保安庁が調べたことです。
もちろん日本近海の状況を把握するのも、同庁の仕事です。
今回の結果は、2006~2015年度までの調査をまとめたものです。
公的機関だからこそ、じっくりと調査できたのも事実です。
とはいえ同庁の海洋情報部では、東北沖のデータも調べています。
平成20年6月6日、つまり西暦2008年の報告書では
「福島沖での海底の動きを捉えました」とのタイトルがあります。
これが2011年の東日本大震災に対する予測に生かされたのでしょうか。
同年同月9日に開催される地震調査委員会に報告する予定?
そう示されていますが、実際はどうだったのでしょうか。

プレートは動いています

今回の調査結果から年間で5センチ以上の動きを示している地域は
静岡から愛知、高知、紀伊半島などの沖合に集中しています。
いわゆる南海トラフ、深い谷になっている海域です。
そもそも地球上には多くのプレートがあり、常に動いています。
東日本大震災のような海底が震源になる地震は、
ほとんどがこの、津波を伴うプレート型地震です。
熊本地震や阪神大震災とは異なります。
日本列島の下には、それらのプレートが沈みこんでいます。
地震の巣と呼ばれる所以です。
なお今回の調査結果は、8月21日に開催される
地震予知連絡会で報告される予定です。
もちろん研究者らは、すでに情報を掴んでいるはずですが。

何が問題なのか

変に恐怖心を煽ってはいけませんが、何が問題なのでしょうか。
プレート自体が動き、海底に歪みができること自体は、
昔からわかっていることです。
これは隠しようのない事実であり、素直に受け止めるべきです。
そこで、年間5センチという数値です。
我が家が年間5センチ移動していた?パニックですね。
しかし日本列島という規模で考えるとどうなのか。
上述した2008年の調査結果では、宮城県沖で年間7センチ、
福島県沖で年間3センチ動いていたようです。
その3年後である2011年に東日本大震災が起きています。
どこまで真剣に捉えるかでしょうね。

スポンサーリンク

巨大地震の確率は変わるのか

南海沖で起きると想定されている巨大地震の確率は、
今後30年以内に70%です。
4月に起きた熊本地震について、
2015年1月1日時点において算出した今後30年以内の発生確率は、
布田川・日奈久断層帯において、ほぼ0~16%でした。
それが約1年後に発生したことになります。
ならば今回の調査結果を元に、確率も変わるのでしょうか。
もちろん個々の研究者は計算を始めたでしょう。
しかし国や全体としての意見集約は?
夏まで待つことになるのでしょうか。
もちろん変に煽ってはいけませんが、
科学的な検討を早急にして、国民に知らせる義務はあるでしょう。

地震は予知できないと言い張るのか

地球の歴史から考えれば、万年単位は瞬間です。
いつ次の地震が起きるのか?
客観的、科学的に考えるほど、前例がない?
予知はできないのでしょう。責任もあります。
とはいえ最近は様々なデータが集まっています。
とんでも話であっても、参考にできるはずです。
それでも地震学者は、予知できないと言い張るのでしょうか。
海上保安庁がデータを公表した?
そんな体制でよいのでしょうか?
今回の報道を見て違和感を覚えるのは、おかしいのか?
騒ぎすぎているのでしょうか。

備えはできていますか

何度も言いますが、変に煽ってはいけません。
心配しすぎてもいけません。
しかし備えはしていますか。
食料や水の備蓄はしていますか。
家具は固定してありますか。
避難経路や場所を決めていますか。
自然には勝てませんが、
負けない方法は、あるはずです。

地震の関連記事

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

出生率が1.46に上昇しました!特徴は5つある、みたいです

アイドル…じゃない?冨田真由さん刺傷事件に見え隠れする様々な思惑

関連記事

  1. 次世代エネルギー?バイオマスが普及しない3つの理由

    石油が枯渇する?言われて久しいですね。もちろん資源には限りがあります。しかしそれを上回る科学…

  2. 農薬も規制緩和の対象?食の安全は守られるのでしょうか

    一般の人にはあまり身近ではありませんが、規制緩和の一環として農薬の安全性試験を一部省略するとの議論が…

  3. 文部科学省政策シミュレーションが開催されるようです

    4月8日、文部科学省から「政策シミュレーション」が開催されると発表されました。4月20日、16時30…

  4. 知っておきましょう!水に関する5つの噂について

    自宅に水を備蓄していますか。東日本大震災から5年を経過して、災害に対する意識が薄れてしまって…

  5. 怖いのが地震の二次災害

    地震はとても恐ろしいものですが、地震と同等、もしくはそれ以上に気をつけなければならないのが二次災害で…

  6. てんぷら火災が起きたら?科学的にやってはいけない3つの方法

    2016年3月4日は、春の火災予防運動期間の中日です。唐突ですが、自宅に火災警報器は設置されてい…

  7. 建物の耐震基準は、科学的にどこまで信用できるのか

    2016年4月14日から続く熊本地震は、多くのことを教えてくれます。これまでの地震に対する考え方…

  8. 異常気象ではありません。猛烈寒波に襲われた3つの理由

    2016年1月24日奄美大島で115年ぶりの雪を観測しました。このように西日本を中心として大…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 『いい子に育てる』とはどういう子?子どもをコントロールしようとしていないか?

amazon

PAGE TOP