menu

98 views

出会いがないと嘆く人が「本当に」するべき事

この記事の所要時間: 33

出会いがない」と嘆いている人、とても多いのではないでしょうか。5月28日、「Excite」でもそのような記事が掲載されていましたが、出会いとは自分だけの問題ではありません。
確かに相手がいなければ出来ない事ではあるのですが、出会いになるか否かは自分自身の魅力次第でもあります。
相手が自分に対して「魅力的」だと思えば出会いに発展しますが、自分自身が相手に魅力を覚えたとしても相手が自分に魅力を感じてくれなければ出会いには発展しないのです。
つまり、出会いに発展するかどうかは相手+自分の魅力が必要なのです。

スポンサーリンク

魅力って何?

そのような事は言われるまでもなく分かっているものの、ではそもそも「魅力」とは何か。
これが分からないからこそ誰もが困っているのではないでしょうか。それが分かれば困らないものの、分からないから困っているという人が圧倒的に多いと思いますが、何が魅力になるのかは結局は相手次第としか言えないのです。
例えば、一般的には「ヒゲの濃い男性は好まれない」と思っているでしょう。確かにアンケートを取ればヒゲが濃い男性より薄い男性の方が好きだとの答えの方が多いでしょう。清潔感が求められているのです。そのような結果となるのも致し方ない話ではありますが、目の前にいる女性が必ずしもヒゲが苦手とは限りません。
もしかしたらマイノリティである「ヒゲの濃い男が好きな女」かもしれないのです。何が魅力になるのかは蓋を開けてみなければ分からないのです。

外見のハードルは高くはない

アンケートを取れば外見が良い方が良いという結果になるのは当たり前ですが、あくまでもアンケートの話です。
むしろ外見にはそこまでこだわっていない人が多いです。更に、感情移入してくればどのような外見であれ愛おしく思えるようになるものです。
つまり、外見よりもどのような価値観を持っているのか。内面の方が大切になってくるのは言うまでもありません。

スポンサーリンク

「内面が大切」って事くらい分かっているけど…

出会いに限らず人間は「内面が大切」だとはよく言われていますので、そのくらいは誰もが理解しているでしょう。
ですが、そもそも「内面」とは何か。出会いに繋がるような内面とは一体何か。
難しく考えてしまいがちな人もいれば、ついつい緊張してしまったり、あるいは相手に不愉快を与えないようにと思って気を使いすぎてしまう人も多いのですが、答えは案外シンプルです。
一緒に居て楽しい」です。何が楽しいと感じるのかは人それぞれですが、相手も同じ人間である以上、似ている部分とて多々あるものです。あまりにも気を使われ過ぎていたらやはりそれはそれで嫌だなと思うでしょう。
オドオドされたり、怖がられていると感じたり、あるいは妙なレッテルを貼られたりでは面白くないはずです。
自分自身がそのように接せられたらどう思うのか。これ次第なのではないでしょうか。

自然が一番?

出会いがないと嘆いていると、どうしても少ない異性との接点に力を入れ過ぎてしまいます。
「このチャンスをものにしなければ」という思いが行動に現れてしまうのでしょう。
ですがこれも逆の立場で考えてみてください。楽しみたいのに、なぜかやたら「異性」を感じさせるような行動や言動ばかり…。
これではさすがに楽しめるものも楽しめないのではないでしょうか?
もっと気楽にと思っても、相手がどうしても出会いに通ずるような事ばかり訪ねてくる…これでは楽しめないでしょう。
つまり、出会いをものにしたいなら、「このチャンスを」という気持ちは奥底にしまい、まずは相手との時間を楽しむ事を心がけてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
二宮祐介
二宮祐介
30代のとりあえずいろいろな物に興味を持っているライターです。 最近は真田丸が熱いです。

三菱の燃費不正問題で191億円補償…高い?安い?

忙しい毎日に冷凍野菜はどうですか?効能は5つです

関連記事

  1. 租税回避は合法か?3つの問題点と対策を整理します

    年も改まって、古い年のことは忘れたい人も多いでしょう。実際に忘れてしまった?日々の変化が大きく、時間…

  2. 作り笑いでも脳は活性化!どんな悩みも笑いでなくなる?

    2015年12月5日、岡山県のニュースで「笑いヨガ」の本が紹介されました。「笑いヨガ」の効能知っ…

  3. 改めて「生活保護」ってなんなの?

    かつて生活保護というのは言うなれば「都市伝説」と言っては大げさですが、どのようなものなのかあまり知ら…

  4. バレーボール日本男子惨敗…オリンピック不参加決定の影で囁かれてい…

    6月2日、リオデジャネイロオリンピック出場権を賭けた一戦で日本男子バレーボールチームはオーストラリア…

  5. 2017年の気になるおせち 老舗百貨店の3万円以上おせち おすす…

    今やすっかり定番となった和洋中おせちも3万円代となると、各回の巨匠たちが腕を競い合いながらも見事にコ…

  6. 台風教室11時間目 台風に大雨は付きものである事を知ろう!

    台風はあくまでも、暖気のみで形成された熱帯低気圧のうち、10分間の最大風速が17.2m/sを超えるも…

  7. 賃貸住宅で遺品整理に困った際、頼れる業者は誰なのか

    親族が亡くなった!悲劇ですね。絶望感と脱力感に襲われます。お葬式の準備もありますが、遺品整理も大…

  8. レーシックの術後に抱える共通した5つの悩み

    近眼の多い日本人に救世主か?レーシックを受けた人は多いですね。芸能人やアスリートなどでも経験…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 5歳~7歳の嘘のしつけは優しく教えてもわかる?常に優しくしなければいけない?
  2. 2歳~4歳児の嘘にはどう対処する?小さな子どもに対するしつけの仕方
  3. ご褒美によるしつけ『これをすればこれをあげる』交換条件は良いか悪いか
  4. 怒っても何をしても治らない!子どもの人に対する噛み癖にはどう対処すべき?
  5. 【絶対NG!】言う事を聞かない子どもに言ってはいけない言葉とその理由

amazon

PAGE TOP