menu

869 views

突然の鼻血!3つのやって良いこと悪いこと

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 351

突然、鼻血が出て困ったことはありませんか?
ドクドク流れてくると、怖いですね。
とはいえ鼻血で死ぬことは、ほとんどありません。
しかし仕事場や電車内などでは恥ずかしいですね。
ちなみに多くの人は、勘違いしているようです。
鼻血への適切な対処法を覚えておきましょう。

興奮しても鼻血は出ません

よく言われることですが、興奮しても鼻血は出ません。
またチョコレートの食べすぎも、関係ありません。
もちろん長風呂などでのぼせると、鼻血が出やすくなります。
慣れてくると、出そうな時がわかったりします。
しかし変な噂や間違った認識を持たないようにしましょう。

鼻血の原因は何か

1.鼻腔内の粘膜が弱っている

具体的な鼻血の原因は何でしょうか。
一番には、鼻腔内の粘膜が弱っていることです。
アレルギーなどが関係していることもあります。
冬の寒さやエアコンによって空気が乾燥していると、
粘膜が傷つきやすくなります。
するとちょっとした刺激で鼻血が出やすいようです。

2.物理的な衝撃

殴られたり、鼻を何かにぶつける!
そんな物理的な衝撃も、鼻血の原因です。
また花粉症などで、鼻をかんでばかりいると、
粘膜が摩擦によって傷んでしまいます。
ティッシュを鼻の穴にねじ込んでいませんか?
それで傷つけている可能性は否めません。
優しく鼻をかみましょう。

3.ストレス

興奮しても鼻血はでませんが、ストレスは関係しそうです。
自律神経系が乱れると、血管を急激に伸縮させたり、
神経が過敏に反応したりします。
すると、ちょっとした刺激で毛細血管が切れます。
寝不足の場合も、気を付けたいですね。

鼻血が出た時の対処法は

1.落ち着く

鼻血が出た際、やるべきことは何でしょうか。
喧嘩や事故であれば、早めに医療施設へ行きましょう。
とはいえ何もしていないのに突然出てきた場合には、
まず落ち着きましょう。
ティッシュやハンカチが真っ赤に染まります。
床に、ポタポタと鮮血が落ちます。
しかし出血多量で死ぬことはありません。
そこで興奮すると、拍動を速めてしまいます。
まずは深呼吸をして落ち着きましょう。

スポンサーリンク

2.鼻の根元を押す

鼻血のほとんどは、毛細血管が切れたためです。
その大元は、鼻の根元にあります。
ちょうどメガネの鼻あてが当たる部分です。
そこを少し強めに押しましょう。いわゆる圧迫止血です。
30秒から1分程度押し続けていると、ほぼ血は止まります。

3.考える人のポーズ

鼻血が出たら、無意識に上を向きますね。
しかし姿勢としては、前かがみになりましょう。
理想の形は、ロダンの「考える人」です。
洋式トイレに腰かけたような形です。
このまま5分程度安静にしていましょう。
なお出る血は出してしまうべきです。
鼻の穴辺りに、ティッシュを数枚重ねる、
ハンカチなどで鼻を外から押さえましょう。

やってはいけないこと

1.首の後ろを叩いてはいけない

多くの人が勘違いしているようですが、
鼻血が出た際に、やってはいけないことは何か、
それは首の後ろを叩くことです。
中年以上の人は、この方法をやってきたでしょう。
しかし逆効果であり、叩く刺激で出血を促します。
血が止まりにくいようです。
そもそも医学的な根拠はありません。

2.ティッシュを詰めてはいけない

ありがちですが、ティッシュを鼻に詰めてはいけません。
ティッシュは細かい繊維でできています。
圧迫止血としては有効かもしれません。
しかし血が止まり固まると、ティッシュがくっつきます。
それをはがすと、また傷が開いて出血することになります。
血を吸い取るために、軽く入れるのは良いでしょうが、
強く押し込んだり、入れたまま放置してはいけません。

3.仰向けにならない

血がこぼれないように、仰向けで横になることもあります。
しかしこれも止めましょう。
血が逆流して、食道を通り胃に入ってしまいます。
それで気分を悪くすることも多いようです。
血は、意外と消化が良くないですよ。
また間違って気管に入ると危険です。
鼻血が出たら、上記に示したように、考える人!です。

体質を変えましょう

体質的に鼻血が出やすい人もいるようです。
もちろん心配し過ぎるべきではありませんが、
頻繁に繰り返すようであれば、
一度医師と相談してみましょう。

血小板の止血作用が衰えていたり、
腫瘍の可能性も否定できないからです。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

3歳馬が2分で2億円稼ぐ、日本ダービーの謎

痩せたいなら難消化性デキストリン!3つの効果と注意点

関連記事

  1. スマホは危険!死亡事故にまで発展している携帯電話の在り方

    スマホは危険!死亡事故にまで発展している携帯電話の在り方

    今や欠かせない携帯電話やスマートフォン現代では、携帯電話やスマートフォンを持っているのが当たり前…

  2. 朝鮮半島有事!何が危険?逃げるならどこか?

    朝鮮半島が熱くなっています。アメリカの原子力空母カール・ビンソンに関する情報が一時混乱しましたが、海…

  3. 心体育道について

    護身的武道のひとつに心体育道(しんたいいくどう)があります。心体育道の武道としての基本は極真空手…

  4. 夏休みの自由研究は梅干しで

    8月も20日を過ぎると、夏休みも残り僅か!宿題の自由研究がまだ全然出、テーマすら決まっていないと…

  5. 西川貴教じゃなかった!元AKB48、高橋みなみに熱愛発覚!

    かねてから高橋みなみと「怪しい」と噂されていた西川貴教。先日、ツアーを行う沖縄で落ち合うのではないか…

  6. 脱獄iPhone販売で逮捕…脱獄?逮捕?様々ななぜ

    9月29日、富山市に住む男性がインターネットオークションにて脱獄したiPhoneを販売していたとのこ…

  7. 台風教室4時間目 台風の渦の秘密を知ろう!

    今年は台風が来ない来ないと言われていましたが、とんでもない!お盆明けから今日までの2週間ほどの間に、…

  8. 自動運転車にも保険適用?交通事故の示談交渉が解決しやすくなるか

    人工知能AIの進化は目覚ましいものがあります。新聞には連日のように関連記事が掲載されています。そこで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

amazon

PAGE TOP