menu

576 views

専門職業大学?文科省が新しい大学を作るみたいです

この記事の所要時間: 333

文部科学省の諮問機関として中央教育審議会があります。
そこが2016年5月30日に文科省へ答申しました。
つまり専門職を育成するための大学を作ろう!
その名も「専門職業大学」です。
もちろん総称ではありますが、その真相は何でしょうか。

スポンサーリンク

専門職業大学のコンセプトは

専門職業大学とは、どのようなコンセプトがあるのでしょうか。
いわゆる現行の大学が世の中の情勢にマッチしていない?
より使える、即戦力的な職業教育をすべし!
そういう方向性があるようです。
そのため卒業単位の3~4割は実習や演習にするとか。
教える先生も、5年以上の実務経験者を4割以上採用する。
理論よりも実践面を重視すべし!
具体的な分野としては、プログラマー、
観光や農業、調理師なども含まれるようです。
また卒業すると、学士などの学位を授与するとか。
単に大学と専門学校の良いとこ取り?
資格は取りやすくなるのでしょうか?

専門学校ではいけないのか

専門職業大学のようなことは、これまで専門学校が担ってきました。
では専門学校を強化するだけではいけないのでしょうか。
答申によれば、育成したい人材とは、
専門業務を担える実践的な能力とともに、伸びしろを身につけた人材
幅広い教養を学ぶ大学ではなく、技能に特化している専門学校でもない?
新しい概念が必要になったようです。
誰が?
概念が具体的ではないと、同じことの繰り返しになりそうですが。
言い換えると、専門学校を出て資格を取ったとはいえ、
将来企業を担えるような即戦力になっているのか?

仕方のないことですが、資格取得のための勉強でしたよね。

スポンサーリンク

「大学」である必要はあるのか

新しい概念の学校を作ることは、時代のニーズなのでしょう。
産業界からの要請もあるようです。
またネットでも、入りたい!ポジティブな反応があります。
とはいえ今までのような専門学校ではいけないのでしょうか。
逆に「大学」の名称を残す必要があるのでしょうか。
大学にこだわる理由として、実務だけにならず教養も学ぶべし!
もっともな話です。
ならば現在ある大学が内容を変えればよいのでは?
専門学校の側からは、積極的な意見があるようです。
一方定員不足で悩んでいる大学にとっては脅威か?チャンスか?
18歳人口が減少する現実を鑑み、現実的な判断が求められます。

民間資金を呼び込みたいのか

文科省が管轄するなら、公的な予算補助はあるでしょう。
実際に財政支援する方針を答申に盛り込んでいるようです。
しかし本音としては、
産業界のニーズをくみ取るから、助けてよ!
民間資金の活用が重要!そうも指摘しています。
自治体からの積極的な参加も求めています。
結局のところ、国は大変だから形を変えたいのかもしれません。
設立しやすいように、立地条件などは緩和されるようです。
鉄道沿線など、目立つところに作ってほしい?
そこまで行ってしまうと、何のためにつくるのか?
法科大学院のように定員割れしたくない?
本当の目的は何なのか、疑われてしまいますね。

どんな人材がほしいのか

産業界、または国として、どんな人材がほしいのでしょうか。
国際化に役立つために英語ができる人?
教養科目は、古典より語学を重視するようです。
しかし古典こそ、国際社会で役立つ教養では?
理屈ではなく、身体が動かせる技術者がほしい?
大学がカリキュラムを変えれば済むことです。
とはいえ大学が硬直しすぎているのも事実です。
お互いが歩み寄ることが大切なのでしょう。
とはいえ通った大学によって人は変わるのでしょうか?
もっと根本的な幼児期や小学生の段階を整備しないと、
仏作って魂入れず!
心配です。

2019年に開設予定です

2020年に学習指導要領は変わりますが、
その前年?2019年の開設を目指すようです。
とはいえ間に合うのでしょうかね。
本当に使える先生は集まるのでしょうか。
対象となる小中高生への宣伝はできるのでしょうか。
単に現行の専門学校や大学が看板を変えるだけ?
付属校を作るだけにならないか?

そんなことは一番避けてほしいですが。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

気圧が下がると頭痛になる?医学的な根拠があるようです

6月の花嫁「ジューンブライド」は本当に幸せになれるのか?

関連記事

  1. 中学の勉強は国語から始まる!マスターするための5箇条

    小中高と勉強して、なんとなくわかったようでわからない科目が国語でしょう。日本人だからわかるのは当たり…

  2. 刑務官とはどんな仕事?

    明るいイメージがわきづらい刑務所の「刑務官」。刑務官の仕事内容は、刑務所の看守として見回りをした…

  3. 農業をやりたい人必見!求められる7つの心構え

    農業女子という言葉があります。また脱サラして田舎で農業をしたい!そんな人もいるでしょう。…

  4. 板書は必要なのか?教科書を読むだけではダメなのか

    大学でもきっちりと黒板に板書する教授がいるようです。時代のニーズなのでしょうか。そもそも板書…

  5. 子供のいじめをなくしたいなら、大人社会にある5つのいじめをなくす…

    テレビや新聞では原発事故に絡むいじめ問題がクローズアップされています。もちろんいじめを受けた子供のメ…

  6. クレジットカードのまとめ

    クレジットカードを守る3つの方法11月24日、アメリカの大手ホテル会社、「ヒルトン・ワールドワイ…

  7. 2017年春の中学受験、入試の傾向はどうなる

    10月も半ばになり、中学入試まで、残すところ約3カ月です。志望校は決まっていますね。最後…

  8. ガラスの製造方法まとめ

    ガラスがわかるガラスには様々な種類があるけれど、もっとも一般的な板ガラスの原料は、珪砂やソーダ灰…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 自身の価値を見出せ。美しさにこだわる価値観よりももっと大切な事。
  2. 価値観とルックスどっちが重要?男と女の結婚観はこうだった!

amazon

PAGE TOP