menu

326 views

6月の花嫁「ジューンブライド」は本当に幸せになれるのか?

この記事の所要時間: 740

6月と言えばジューンブライド
という事で、ウエディングシーズン到来と言ったところでしょうか!?芸能界からも早速、俳優の渡部豪太さんが結婚というおめでたい話題が飛び込んで来ました。

スポンサーリンク

ジューンブライドは今イチ人気がない!

日本でも昔から、6月の花嫁は幸せになれるなどと言われ、6月に結婚式を挙げる人が後を絶ちません。
“やっぱりみんな、ジューンブライドには憧れるんだねぇ!!”
と思いきや、実際には、6月の花嫁になる事を希望する人は少なく、やはり気候の良い秋や春に挙式を挙げる人が圧倒的多数だと言うではありませんか! 思わず、
“そりゃあ、そうでしょう!!”
と言いたくなる方も多いはず!大体、
“なんで梅雨の時季に結婚式なんかするのよ?”
と考えるのが正当なのです。
<参考>→結婚式に関する調査|国内調査|市場調査・インターネットリサーチの【楽天リサーチ】

憧れのジューンブライド

とは言え、女の子なら一度は憧れるのがジューンブライド!
“やっぱり幸せになりたいのなら、6月の花嫁にならなくっちゃ!!”
そう思った事のある方が少なくないのもまた、まぎれもない事実だろうと見られます。でも、6月に挙式を挙げるだけで幸せになれるのなら、こんなに容易な事はありません。日本の離婚率は下がり、出産率は上がるのではないかと思うのは私だけでしょうか?そこで今日は、
6月の花嫁が何故に幸せになれるのか?
6月の花嫁が本当に幸せになれるのか?
を探ってみたいと思います。

やっぱり幸せは神頼み?

そもそも「ジューンブライド」のジューンは“6月”、ブライドは「花嫁」という意味です。なんて、こんな事を言うと、
“何を今更当たり前の事を言ってるんだ!?”
と笑われちゃいそうですが、実は何を隠そう、この6月の英名である「ジューン」こそが、6月の花嫁が何故に幸せになれるのかを考える時の大きなポイントになるのであります。

日本で一番偉い神様は誰?

ここでいきなりですが、クイズを1つ!
日本神話で一番偉い神様は誰でしょうか?
と言われると、多くの方が「天照大神(アマテラスオオミカミ)」の名を上げられます。しかし、残念ながら、日本神話には最高位は存在しないというのが神道の考え方なのです。
とは言っても、天照大神は、我々日本人の総氏神様だと言われ、最強の女神だと称えられます。幸せ祈願をされる方は多く、それと同じ理屈が欧米でも通るのです。

ローマ神話で一番偉い神様は誰?

ならば、ローマ神話における一番偉い神様は誰でしょうか?
やっぱりここでも、本当は最高位なんて設けられていないんじゃないのではないかと思いきや、いえいえ、そんな事はありません。謙虚な日本人は、大切な神様に順位を付けるなどという事はしませんが、ローマ神話やギリシャ神話には、ちゃんと主神が存在します。それがユピテル!中々のイケメンだったかどうかは定かではないものの、浮気性だった事だけは確かで、随分多くの女神にちょっかいを出していたようです。
しかし、そんな最強の神様にも、ちょいと睨みを利かし、すぐにあえなくご用にして懐に抱え込んでしまう、恐ろしい神がいました。それが妻「ユーノー」です。という事で、ローマ神話における最強の女神様は、間違いなくユーノーなのであります。そうなると、当然ですが、ヨーロッパの乙女たちはみんな、ユーノーに幸福を祈る事になるでしょう。

ジューンブライドは何故に幸せになれるのか?

国内外を問わず、やはり女性はしっかりと妻の座を守る事で、夫や子供を守る事が大切です。それこそが家庭円満の秘訣であって、ユピテルとユーノー夫妻は、その象徴のような素敵な夫婦だったと見られます。そのせいか、夫:ユピテルは英語名で「Jupiter(ジュピター)」、妻:ユーノーは英語名で「June(ジューン)」となり、今もその名を世界中にしっかりと残しています。
そう、6月は、正真正銘ユーノーの月!そこで、そんな最強の女神を守護神とする6月に嫁ぐ花嫁は、その御加護を被れ、幸せになれるというのがジューンブライドの基本的な由来という事になるのでしょう。

スポンサーリンク

6月はユピテルも頑張る月

さらに、夫であるユピテルは、今も尚、欧米文化においては大切な信仰の対象とされる木星にその名を残すように、気象現象を司る神として崇められています。実際、妻のユーノーが睨みを利かす6月は、ヨーロッパでは最も雨が少なく、晴れの多い月!加えて、夏至を迎えるという事で、冬には極端に日照時間の短くなる北欧でも、白夜が広がり、豊かな太陽の日差しを浴びる事が出来るのも嬉しい点でしょう。だからと言って、日本の夏季のような猛暑や湿気の強烈な攻撃を受ける心配もさほどありません。
そう、ヨーロッパの6月は特に、正に晴れの日の門出に相応しい気象条件に恵まれるのです。そんな中、春先からの農耕作業が一段落し、親戚から友人知人まで、沢山の人が若い2人のために集まり、どんちゃん騒ぎで祝福してくれます。そこで、出来ればこの時期に結婚式を挙げる事を希望するカップルが多いのです。

日本におけるジューンブライド

ではでは、日本における6月のウエディング事情はどうでしょうか?確かに、ジューンブライドという呼称は素敵です。けれど、先のアンケート調査でも分かる通り、思ったほど支持はされません。新郎新婦は勿論、来賓の事を考えても、やはり、雨や湿気の多い梅雨場は避ける傾向の方が強いのが実際でしょう。まあそれが自然の心理というものですね。
しかし、この梅雨場の結婚式はやっぱり避けたいという自然の心理こそが、実はジューンブライドという言葉を育てたのです。

ウエディングビジネスの始まり

時は1960年代半ば、日本は高度成長期まっただ中でした。しかも、戦後ほどなく訪れた第一次ベビーブームでこの世に生を受けた子供たちが成人し、そろそろ新しい家庭をと考え始める時期に来ていたのです。
となると、結婚式を挙げるカップルは間違いなく増えます。そこで、日本中のホテルでは、結婚式を商業化すべく、試行錯誤を凝らしたプランやサービスを考え始めました。正にブライダルが本格的に産業化した時期であるとも言えます。事実、その後1970年代に入ると同時に、第二次ベビーブームを迎えていますから、この読みは正しかったと言えるでしょう。
という事で、国が豊かになれば、人々の心も懐も豊かになり、さらなる幸せを求めるものです。この原理と心理に習うかのように、結婚式にお金を掛けるカップルの数も増え始めました。まず、一昔前のように、神社で式を挙げて、自宅で披露宴なんて質素な事はしません。端からホテルで挙式し、そのまま宴会場を借りて披露宴というのが定番となって行ったのであります。

6月の花嫁にはなりたくない!

が、しか~し、やっぱり高温多湿の日本の6月は、窮屈な正装で長時間の宴席を楽しむには不向きです。そのため、結婚式場はどこもかしこもが、6月は閑古鳥が泣きまくり!!料金を下げても何しても、中々予約が入りません。
むしろ、当時は特に、結婚は一生に一度の事という考え方が一般的でしたから、それに僅かくらいの事をけちっては名が廃るというものだったのでしょう。どんなに格安のお得プランを打ち出しても、一向に予約は増えず、関係者たちは、半ば諦めモードに入っていたと言います。
そんな折り、当時のホテルオークラ東京では、副社長の橋本保雄氏自らが、何故にヨーロッパでは6月の挙式が多いのかを調査!勿論、天候の良さが最大の理由で、その点は日本ではどうしようもないという事も改めて痛感させられました。しかし、その一方で、先のようなローマ神話の神に纏わる伝説を発見し、そこに華やかな欧米のジューンブライドたちの姿を反映させる事を思い付いたのです。

6月の花嫁になりたい!

そうして、ジューンブライドという和製英語と言っても過言ではない新たなウエディング用語を打ちだすと、どうでしょう!?多くの若い女性たちの注目を集め始めたではありませんか!! そう、
“私も6月の花嫁になって、幸せになりた~い!!”
という乙女たちが急増したのです。しかも、橋本氏の偉いところは、これを自社の商標とはせず、ブライダル業界全体に自由に使用させ、みんなで浸透させようじゃないかと言ったところでしょう。こうして、日本におけるジューンブライドはすっかり定着し、6月は決して不況が当たり前の月ではなくなったという訳です。

ジューンブライドは本当に幸せになれるのか?

という事で、取り敢えず6月に結婚すれば幸せになれる訳ではなさそうです。また、信じる者は救われるなんて簡単に行かないのが人生だという事も把握しておくべきでしょう。
経験者は語ります、6月の花嫁になると決めた以上、ユーノーのような良妻賢母を目指さなければ、絶対に幸せにはなれません。単にブライダルビジネスに踊らされただけに終わってしまう可能性も低くはないので要注意!
とは言っても、神話を信じて見るのも素敵な事ではあります。少なくとも、花嫁衣装を着た女性はその瞬間、間違いなく幸福なのです。その幸せがいつまでも続きますようにと願いながら祝福させて頂く事にしましょうか!!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
yamamoto
yamamoto
おしゃべり大好き! お節介大好き!! の典型的関西人おばちゃんです。言いたい事はズケズケ言うけど、結構面白かったり、時々ホロリとさせたりもしまっせ~( `pq´)ゥシシ 地元関西地区の食や趣味嗜好的な情報を中心に、自分の最大の課題であるダイエットの情報なんぞも、バンバン発信していきますので、よろしゅうおたのもうします(*^_^*)

c0ef59e52ea5258e8daba52b80cb9e07_s専門職業大学?文科省が新しい大学を作るみたいです

2715167ad107982190de65bc144102f5_s意外と簡単!体脂肪計の選び方

関連記事

  1. 424028

    色彩心理ボルドー編

    ※ボルドーってどんな色?ボルドーを色彩心理の面から見てみましょう。 ボルドーは赤がベース…

  2. pixta_9726634_M.jpg

    若い女性も注目です。足の臭いを消す5つの方法とは

    足が臭いのは、おじさんの専売特許ではありません。昨今は奥さんからの指摘もあり、かなり改善されてい…

  3. idol

    結局は解散…SMAP解散報道に見られる「ミスリード」

    8月14日の深夜、オリンピック以上の話題が日本列島を震撼させました。何せオリンピックの最中に字幕スー…

  4. pixta_7838198_M.jpg

    住宅ローンを組むなら、金利底値の3月を狙え!

    先日、金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!という記事の中で、住宅ローンを組…

  5. pixta_1486639_M.jpg

    重曹の製造方法は意外に単純

    昨今はあまり見聞きすることもなくなりました。とはいえ重曹は、かつて必ず各家庭にあったものです。…

  6. imasia_15169757_M.jpg

    偽札は所持だけでも犯罪?

    偽札は、一般に知られている以上に、市場に出回っている物ですが、偽札を受け取っただけでも犯罪になるので…

  7. d04d28988f4d3d3c71d3cadfb83f37b9_s

    カブラハバチの生態と形態

    カブやアブラナなどの葉を食害する生態を持つ昆虫にカブラハバチがいます。 時にカブラ…

  8. 020823

    冷やし中華の謎(第3弾)涼拌麺と冷やし中華は同じなのか?

    今日は、1.近畿では5割以上の人が「冷麺」と呼ぶ冷やし中華の謎!(第1弾)2.冷やし中華の謎…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ff15
  2. security1205
  3. bird1205
  4. vogue_word
  5. global_warming
PAGE TOP