menu

1,182 views

小中学生の「出る杭」を伸ばす?文科省が事業を始めます

この記事の所要時間: 334

出る杭は打たれる
出すぎた杭は抜かれる?
日本では平均的な人間が求められていました
しかしそれでは国力が衰える?
ようやく文部科学省も本気になったようです。
小中学生の「出る杭」を伸ばす事業が始まります。

スポンサーリンク

「Jr.ドクター育成塾」(仮称)とは

文部科学省は2017年度の予算へ
Jr.ドクター育成塾」(仮称)事業の費用を計上します。
2016年4月に作成した
「科学技術イノベーションによる未来社会創造プラン」
この中に記載されている事業です。
具体的には、学校や教育委員会などから、
数学や理科、情報分野で優れた小中学生を推薦
してもらいます。
全体で100人程度、大学や研究施設を見学させます。
子供たちの興味を引き起こし、さらに絞り込みます。
最終的には10~30名を研究室に所属させ、
実験や論文の指導
をしていきます。
優秀な子供たちを合宿させたり海外派遣も検討しています。
将来的に日本、世界をリードする人材を育成する計画です。

「とがった」才能を伸ばす

ちょっと変わった子供は、特別な能力を持っている!
今では発達障害などの研究も進んでいますが、
長所と短所が極端な子供たちも増えています。
対人関係が苦手でも、理数系で跳びぬけた才能がある!
これまでそういう子供たちは、排除された?
いじめられたり無視されてきました。
多くの天才が、社会に埋もれている可能性はあります。
いまさら不運を嘆いてはいけませんが、
これからは「とがった」才能を伸ばす!
少子化の流れは止まりませんが、
少しでも有能なものを生かす時代に来ています。

十で神童だったけど

小さい時に、この子は天才だ!言われた人は多いですね。
○○博士!そう呼ばれた経験がある人もいるでしょう。
しかし成長するに従い凡人になる?
十で神童、十五で才子、二十過ぎれば只の人
成果を挙げるのは、一握りの人にすぎません。
元々素質がなかった人が大半でしょう。
単なる親バカの可能性も否めません。
とはいえうまく育ててあげれば?
どう転んだかわからないケースもあるはずです。

今後はそうした子供たちを拾っていきます。
もちろん育てても凡人になる人もいるでしょうけどね。

スポンサーリンク

本当に拾えるのか

プログラムとしては、非常に有望です。
経済的な理由から進学を断念する子供は、
豊かと言われる日本でも、まだ多くいます。
そこに国や自治体が支援の手を差し伸べます。
社会にとっても有益なことです。
とはいえ本当に拾えるのでしょうか。
テレビドラマではありませんが、
権力者の子供が優遇されないか?
貧しい家庭の子供を本当に見つけてくれるのか?

言い出したらきりはありませんが、
国の事業だから公平なのか?難しいのも事実です。

徹底すればいじめられない

中途半端になるから、いじめの対象になる。
馬鹿を貫き通せば、いつかは認められます。
イチローだって、最初は馬鹿にされました。
そもそもメジャーリーガーは、
内野ゴロなら真剣に走らないからです。
内野安打やポテンヒットで稼いでいるだけ!
とはいえ続ければ、誰もが称賛します。
アメリカはそういう社会でもありますね。
日本もそうした環境を作るべきです。
子供たちが一度や二度の挫折でも負けない!
支援する体制が求められています。

弱点の克服は社会のエゴ

弱点を克服し、皆が同じようになる!
そういう教育は、社会のエゴかもしれません。
つまりそうした方が、社会は安定するからです
規則を作りやすいし、運用しやすいですね。
異質なものを排除する!それがいじめや差別です。
しかし異質な所からイノベーションは始まります。
私たちが便利に使っている道具は、最初は異質でした。
長所を伸ばす教育の方が、結局は豊かになるはずです。

チャレンジしましょう

文科省の事業が始まります。
ならばこちらも積極的にチャレンジしましょう。
意味のない理由で遠慮したり、諦めてはいけません。
自分から始めなければ、他人はわかってくれません。

待てば海路の日和あり?棚から牡丹餅?
しかしドアを叩け!そうすれば開かれるのも事実です。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

火星に向けた有人宇宙船をスペースX社が始めるようです

生後1カ月でアレルギー体質が決まる?腸内細菌の違いとは

関連記事

  1. 参議院選の結果から見て主権者教育は成功したのか

    2016年7月10日、無事参議院選挙が終わりました。結果は、予想通りでしょう。一方で今回は選…

  2. 探偵が警察に捜査協力できる範囲はどこまで?

    探偵が捜査協力できる範囲はどこまで探偵に対して誤解をしていませんか?探偵は警察ではありません…

  3. 探偵の浮気調査のまとめ

    浮気調査では探偵社への依頼が特に多いのが浮気調査です。男女の問題であり感情が動きやす…

  4. ハチミツが人気ですが養蜂家とはどんな仕事でしょうか

    健康食品としてハチミツが人気です。栄養価が高い完全食品という側面もありますが、常温で保存でき…

  5. 秋の夜長は読書をしよう!おすすめは7冊のSF小説です

    残暑は続きますが夜は涼しくなります。秋の夜長には、読書がおすすめです。もちろんどんな本でもよいの…

  6. 【速報】まさに泥沼…国が沖縄県を提訴!

    7月21日、NHKのニュースで速報が流れました。22日、国が沖縄県を相手取り、裁判所に訴えを起こ…

  7. 地方の私立大学が公立大学になってる?メリットは何か

    地方にある私立大学に異変が起きています。つまりいくつかの私立大学が公立大学になってしまいました。…

  8. 18歳人口の8割は仕事に就かない?進学する5つの理由とは

    何のために大学へ行くのか?または行ったのか?理由を即答できる人が、どれくらいいるでしょうか。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 子どもを追い詰めてはいけない理由。逃げ場を与える怒り方の必要性

amazon

PAGE TOP