menu

182 views

ナンパでの出会いはあり?5つの角度から検証してみる

この記事の所要時間: 36

6月8日のエキサイトニュースにて、「出会いがナンパはありか?」という記事が掲載されました。昨今ではアプリを使った出会いも多いですし、SNSでは出会い目的ではないものの、意気投合して出会いに発展したケースもあるでしょう。
それらと比べるとナンパというのはどこかイメージが悪いものかもしれませんが、実際の所、ナンパでの出会いというのはありなのか。5つの角度から考えてみるとしましょう。

スポンサーリンク

きっかけでしかないという声

ナンパであれSNSであれ出会いアプリであれ、結局はそれらは「きっかけ」でしかないという声もあります。確かに、どのような出会いであれ二人の関係はそこからです。
サークルで会ったからといって必ず意気投合する訳ではありませんし、ドラマのように何かのトラブルで出会ったものの、なぜか意気投合するというケースもあるでしょう。
結婚にまで発展し、親族等に「ナンパで出会った」とは言えないかもしれませんが、ナンパだからといって出会いに発展しないとは限りません。

イメージが悪いのは…

ナンパに対してイメージが悪い人も多いかもしれませんが、「誰彼構わず声をかけているから」という点もあるのではないでしょうか。
ナンパの極意、それは「数撃てば当たる」というもので「一発必中」ではありません。狙った獲物だけを追い求めるのではなく、とりあえず片っ端から声をかける。
これがナンパのイメージが悪い理由でしょう。ナンパされる側からすれば、忙しいとか用事があるといった時間的な問題だけではなく、「私じゃなくても良いんでしょ」という自尊心の問題もあるでしょう。

スポンサーリンク

浮気されやすそうという問題

ナンパのイメージが悪いもう一つの問題、それは「チャラい」というものです。実際にナンパをしてみると分かるのですが、知らない相手にいきなり話しかけるのです。
慣れていない段階では相当な勇気がいるでしょう。一方で慣れてくると断られるのが当たり前になってくるので、誰彼構わず話しかけられるようになるのですが、つまり、またどうせナンパするのではないかという疑惑が消えない人もいるでしょう。
仮にですが、ナンパでの出会いとはいえ意気投合してその後お付き合いにまで発展したとしても、喧嘩したり、あるいはちょっと連絡がないなと思ったらナンパに精を出していた…なんてケースとてあるかもしれません。
自分にナンパしてきたという事は、他の女の子にもナンパしているのです。そのため、相手に対して「心からの信頼」が難しい側面もあるでしょう。

他人に言い辛い面がある

先に少し触れましたが、他人に言い辛いという面があるのも事実でしょう。友人に「どこで会ったの?」と聞かれて「ナンパ」と答えられる人はなかなかいないのではないでしょうか。
また、結婚する際に親族で会う際、「ナンパでした」とはさすがに言い辛いものです。出会いに関してはうやむやに誤魔化さなければならないものです。結果、どこかうしろめたい気持ちでの付き合いになってしまうという人も多いようです。

結局は他と変わらないという意見も

ナンパは実際に行動に移していろんな女の子に声をかけているのですが、実際に動くか、あるいはアプリ上、ネット上で行うかだけの違いであって本質は出会いアプリやSNSと変わらないという声もあります。
確かにネットの方は手間もかかりません。自分自身の顔もバレませんのでリスクもありませんし、誰もがネットを行っている時代なので「相手」はいくらでもいます。
ですが、「片っ端から声をかけて反応してくれた相手と話を進める」という点に於いてはナンパも出会いアプリもSNSでの出会いも同じですので、ナンパだけがここまで紛糾されるのはお門違いという声もあります。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
二宮祐介
二宮祐介
30代のとりあえずいろいろな物に興味を持っているライターです。 最近は真田丸が熱いです。

「ブラックリスト」ってよく聞くけど…一体何なの?

Galaxy S7 edgeを「客観的」に判断してみる

関連記事

  1. 冷やし中華の謎(第3弾)涼拌麺と冷やし中華は同じなのか?

    今日は、1.近畿では5割以上の人が「冷麺」と呼ぶ冷やし中華の謎!(第1弾)2.冷やし中華の謎…

  2. 「なんとなくしんどい」と思ったらチェックする3点

    私たちが思っている以上に、心は心単体では存在していません。心は、身体と脳とで作られているといって…

  3. 突然のしゃっくりを止める効果的な5つの方法は

    突然起きてしまい恥ずかしくもあるのが、しゃっくりです。通常は数分から30分程度で自然に収まります…

  4. もう飛んでますよ!花粉症を侮ると怖い3つの災難

    まだ1月下旬。もう1月下旬?どう思うか。2016年の幕開けは暖冬でした。しかしこの週…

  5. 痩せたいなら難消化性デキストリン!3つの効果と注意点

    痩せたいと思って健康食品やサプリメントを探していると、難消化性デキストリン?意味不明な単語が気に…

  6. LINE LIVEって何?

    3月29日、SKE48がLINE LIVEの新記録を樹立したようです。それまでは600万ハートが新記…

  7. 台風教室5時間目 台風のポイントである風速を知ろう!

    一難去ってまた一難。台風10号による被災者の捜索活動も終わらないうちに、台風12号が九州に上陸!そし…

  8. 交通事故の示談交渉をどうする?まずは弁護士へ相談しよう

    交通事故に遭った!重症ならば可及的速やかに病院へ運んでもらいましょう。すべてにおいて治療が優先される…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 好きなのに価値観が違いすぎる?別れた後で後悔しないために
  2. 【常識を疑え】価値観の違いによっても変化する『当たり前』
PAGE TOP