menu

138 views

【海外】微笑みの国・タイ

この記事の所要時間: 317

レディーボーイとキケンなオイルマッサージ

「微笑みの国・タイが良い」というのは、世界中の旅行者から聞いていた。

タイの魅力と言えば、物価が安く、食べ物もスパイシーで、観光地も多く、人も優しい…と、それはもう盛りだくさんで、私も初めてタイに行って、すぐにタイの虜になってしまった。

タイの透き通るビーチ、耳に優しく響くタイ語、ゆっくりと流れる時間、日本ではかなり好き嫌いが分かれ、臭いに特徴のある香味「パクチー(コリアンダー)」を食べられなかった私ですら、タイの町中の屋台では、「むしろ、これこそタイの味!」と山盛りにパクチーのトッピングをしてしまう。

1.レディーボーイとは?

そんなリラックスな旅には、マッサージも欠かせないので、ここでもタイマッサージを堪能する事にした。

タイに住んでいる知り合いに「気になっているタイマッサージのお店があるので、ぜひ行きましょう!」と誘われ、私達が向かったのは、マッサージ師の全員がレディーボーイで、全身に特別なオイルをたっぷりと塗りながら施術を行う、という一癖も二癖もあるような店だった。

この「レディーボーイ」とは、日本で言う「ニューハーフ」の人達の事なのだけど、タイでは性転換手術も日本に比べると安価で出来るため、一見すると普通の女性よりキレイなニューハーフもとても多いのだ。

また、タイではすでにレディーボーイも市民権を得ているため、町を歩けばレディーボーイの明るい笑い声が聞こえ、お店の品出しでも、マクドナルドのレジでも、オフィスの受付にも、多くのレディーボーイが女装ではあるものの、普通に働いている。

ただ、このレディーボーイのマッサージ店は、動きやすい施術着で行う普通のマッサージと異なり、施術中は体が冷えないよう、全身にタオルをかけてくれるものの、服は下着一枚になる必要があるという。

「せっかくタイまで来たのだから」と、気楽に後戻り出来ないのもあり、私もマッサージ1時間コースを選び、すぐに少し色黒で、レディーボーイとしては少しガタイが良すぎるマッサージ師が私の担当になった。

2.見た目は女でも…?

タイマッサージのお店の種類にも色々とあり、マッサージ師の腕前もそれぞれである。

この店はむしろ、マッサージの腕前よりも、「レディーボーイがやるマッサージ」と言う事を売りにしているらしいので、しっかりとマッサージの講習を受けているとは思えないような、リラックス系の揉みほぐしマッサージから始まった。

「マッサージや整体は痛い方が効く」と、思い込んでいる筆者が、「もう少し、強めにお願いします!」と言うと、さすがは元男。
有り余る力でゴツいマッサージを、全身に奉仕してくれるのだった。

ちなみに、レディーボーイのマッサージ店では、タイマッサージの延長として、性的なマッサージサービスを始めてくるレディーボーイも居るので、男性は注意が必要である。
(不安な人は、普通のマッサージ店で女性のマッサージ師を指名するのがいい。)

タイでレディーボーイにマッサージをしてもらうなんて、なかなか良い思い出になりそうなので、マッサージの風景を写真にも収め、ちょっとマッサージの力が強すぎたのか、若干体の痛みを感じながら、私達は店を後にした。

3.レディーボーイとの思い出

その後、帰国し、旅の写真を振り返っていると、そのマッサージ店の時の写真が出て来たのだ。

写真には、笑顔でマッサージを受ける私と、レディーボーイのマッサージ師が写っているのだが、何となく、レディーボーイの顔が、ニューハーフのはずなのに、男の顔をしていたように見えたのは、きっと私の気のせいだろう。

何はともあれ、微笑みの国・タイは、優しい人々、おいしい食べ物、大きな自然、また様々なレディーボーイまでひっくるめて、私の心を鷲掴みにして離さないのだった。

The following two tabs change content below.
TAKADA
TAKADA
南米・アルゼンチン在住。ウェブライター、日本語教師。 19歳の時から、世界一周旅行を始め、アジア、中東、ヨーロッパを周り、その先に行き着いた南米で生活を始める。 南米では、ブラジル、チリ、ペルー、ボリビア、ウルグアイなどを周遊し、その後、ボリビア、チリでの長期滞在を経て、2009年からは、アルゼンチンに移住。 現地で英語、スペイン語を使いながら日本語教師、日本語アシスタントの仕事をしている。

学習塾でもアクティブ・ラーニングをすべきなのか

まだまだあったのか…三菱自動車、既存車種でも不正を行っていた…

関連記事

  1. iPhoneに新色が追加される?その理由を5つほど考えてみる

    6月10日ギズモードジャパンにてiPhoneに新色「ディープブルー」が追加されるのではないかと報じら…

  2. 2016秋の京都ライトアップ情報その8 秀吉や小町の愛した紅葉ス…

    秋の京都ライトアップ情報、前回の2016秋の京都ライトアップ情報その7 京都駅周辺の見所と巡り方で書…

  3. 【ネタバレあり】遠野物語・奇ッ怪 其ノ参 不思議な舞台の話 第二…

    遠野物語・奇ッ怪 其ノ参、開演開演時間になると、舞台袖からイノウエ(山内圭哉)が出てきて流暢な関…

  4. 【ネタバレあり】遠野物語・奇ッ怪 其ノ参 不思議な舞台の話

    11月30日、私の地元である岩手のお話、遠野物語。ストーリーのご当地である岩手県で公演されるというこ…

  5. 結局車も政治的な意向は無視出来ない?韓国、中国と日本のメーカーの…

    6月7日、日産は疑惑を否定していたものの、韓国環境省からの、「日産は排ガス量を不正に操作する設定を任…

  6. 2016秋の京都ライトアップ情報その13 京都北部の紅葉スポット…

    既にお分かりの通り、京都には本当に沢山のライトアップ紅葉が楽しめるスポットがあります。でも、…

  7. テスラの自動運転での事故死とその報道は何を意味しているのかを考え…

    7月1日、テスラモーターズの自動運転実験中に死亡事故が起きたと報道されました。自動運転はどの自動車メ…

  8. 部数激減!100万部を切った少年マガジンに何が起きている!?

    水曜日の楽しみ、週刊少年マガジンの今年7~9月平均の印刷証明付き印刷部数が99万5017部と100万…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【常識を疑え】価値観の違いによっても変化する『当たり前』
  2. 『常識』『普通』っていったい誰の基準?喧嘩で使ってはいけない言葉
PAGE TOP