menu

189 views

子どもの塾でトラブル発生!?早めに対処しましょう

この記事の所要時間: 336

6月は祝日がなく、夏休みまで、まだ1カ月以上あります。
じっくりと勉強できる期間です。
新しく入ったでも、ようやく慣れたようですね。
とはいえ慣れると逆に、様々なトラブルも生まれます。
そんな時はどうしますか。早めに対処しましょう。

スポンサーリンク

塾は義務教育機関ではありません

昨今は、塾へ行くのが当たり前!そんな風潮があります。
とはいえ塾は、義務教育機関ではありません。
あくまでも任意で通っています。
だからこそ高いお金を払っています。
相応の見返りがない?主に学力の点ですが、
価値が見い出せないならば、考え直すべきでしょう。
もちろん教育の成果は直ぐに現れるものではありません。
しかし悪い兆候があれば、早めに対処すべきです。
ただし保護者の側も勘違いしてはいけません。
塾は勉強する場であり、躾をお願いする所ではありません。

塾で起きやすいトラブルとは

塾で起きやすいトラブルには何があるのでしょうか。
昨今目立っているものについて解説してみましょう。

1.いじめ

人が集まれば、必然的に序列作り、いじめが生まれます。
小学生など、まだ受験を自覚できないと、
学校の延長気分で、遊びに来る子供たちも多いですね。
すると授業中などでも、私語が多い!
授業が成り立たない場面も少なくありません。
ちょっとした言葉尻を捉えて、不適切発言!
いじめの予兆が見えたりします。

これは早めに摘み取りたいですね。
一方で受験を意識すれば、周りはライバルです。
そういう意味からも、相手を蹴落とす!
心理戦が始まります。

2.先生やスタッフのマナーが悪い

自らが体罰を受けて育った年代が、先生をしています。
すると言葉遣いの悪い先生もいますね。
特に塾は義務ではないので、高圧的にもなれます。
怒鳴って子供たちを鎮める!
もちろん力技は使いませんが、
マナーが悪い先生やスタッフも散見されます。
子供が集団でいるため、ある程度の混乱は避けられません。
それを押さえるには、技が必要でしょう。
とはいえ品の悪い塾に通う理由もありません。

スポンサーリンク

3.成績が伸びない

切実な問題として、成績が伸びないことも多いですね。
もちろん大器晩成型もあります。
しかし子供の性格と塾のスタイルが合っているでしょうか。
マンツーマン型の方が向いている子もいます。
授業を担当している先生と相談したいですね。
塾の合格実績だけに囚われると、
結果的に大きな過ちを犯すことになりますよ。

対処法には何があるか

トラブルに見舞われた際に、どんな対処法があるのでしょうか。
選択肢としては、3つあります。

1.塾を辞める

簡単なのは、塾を辞めることです。
そもそも品が悪そうな塾は、見ればわかります。
早々に見切りをつけた方がよいかもしれません。
ただし、塾に関しても白馬の王子はいません。
理想は自らが作るものでもあります。
塾を渡り歩いても、良いことはありません。
上手な塾の活用法を考える方が賢明です。

2.先生を変えてもらう

マンツーマン型であれば、先生を変えてもらいましょう。
子供と先生の相性が悪ければ、続けても意味はありません。
これは子供に聞けばわかりますね。
ただし、単に塾へ行きたくない!
そういうパターンもありますので、混同してはいけません。

昨今の大学と同じことですが、
そもそも来るべきではない子供が塾に来ている?
自問自答してから、塾と相談しましょう。

3.クラス替えしてもらう

大人数制の形態であれば、クラス替えしてもらう!
もちろん成績によってクラスを決める塾もあります。
毎週のようにテストをして、成績順で席を決めることもあります。
すると嫌な子と隣になってしまう!ありがちです。
わがままばかり言ってもいけませんが、
それで成績が伸びないならば、本末転倒です。

早めに対処しましょう

塾のトラブルは、早期発見早期解決が一番です。
子供の学習意欲に直結します。
逆に悪い仲間と一緒になってしまいがちです。
最悪、塾を変えることも念頭に置きましょう。
ノルマ達成のために辞めさせない塾もありますが、
言い逃れする塾は、見切りをつけましょう。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

日本が発見した113番元素の命名はニホニウムで決まりそうです

憂うつな梅雨を乗り切る体になるなら、酢の物がおススメ

関連記事

  1. 後継者問題が深刻です。猟師が必要な3つの理由

    猟師と聞いて、どんなイメージですか。今でもいるの?そんな感じかもしれません。しかし人里にイノ…

  2. 捨てられたペットを保護するという仕事について

    動物であっても命を大切にすべきですペットは最後まで責任もって飼いましょう。また自信がないなら…

  3. 不動産投資と年収のまとめ

    年収300万円の場合昨今は、「年収300万円時代」だといわれています。つまり、年収300…

  4. 太平洋戦争や日中戦争の話を後世へどう伝えるべきか

    今年も終戦記念日が来ました。71年も過ぎたので戦争を体験した人は激減しています。とはいえ単な…

  5. 嫌々勉強するよりは、目標探しを始めましょう

    毎日の生活は楽しいですか?楽しい人は、将来的な目標がある人です。それに向かって、やることがた…

  6. 探偵になるまとめ

    探偵に向いている人の性格は探偵に興味はあっても、人には向き不向きがあります。探偵は労多くして…

  7. 行政書士は源泉徴収義務なし

    行政書士には源泉徴収の義務がない日本に住んでいる人で何らかの収入があれば?所得税がかかります…

  8. アコムとプロミスのよくある質問まとめ

    法律で解らない事があれば消費者金融でお金を借りていて何か解らない事だったり、トラブルになってしま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【常識を疑え】価値観の違いによっても変化する『当たり前』
  2. 『常識』『普通』っていったい誰の基準?喧嘩で使ってはいけない言葉
PAGE TOP