menu

153 views

健康食品としての大麦を見直そう!効果は3つ

この記事の所要時間: 330

貧乏人は麦を食え!
1950年、時の首相であった池田勇人氏は、
国会で発言し、大問題になりました。
しかし今、米より麦の方が値段は高いです。
麦飯は健康食になってしまいました。

時代の変化とは、恐ろしいですね。
池田元首相は、今、どう考えているのでしょうか。

スポンサーリンク

大麦とは

と聞けば、パンやパスタに使う小麦をイメージしがちです。
しかし小麦は、粉としての利用が基本です。
粒ごと食べることは、ほぼありえません。
一方で粒の真ん中に線が入っている?それは大麦です。
日本における大麦栽培の歴史は長く、
弥生時代に中国から到来し、奈良時代には普及していたとか。
第二次世界大戦後でも、米の代用品として使われていました。
そういう背景もあり、大麦は貧乏人が食べるもの!
今の中年以上であれば、そんなイメージがあるでしょう。
なお現在日本は、加工用の大麦を大量に輸入していますが、
主食用の大麦は、100%国内で自給しているようです。

大麦の効能は

いつから大麦が健康食になったのか?
そこには大麦に隠された効能が見いだされたからです。
貧しい人も健康で元気だった、秘密がそこにありそうです。

1.食物繊維が多い

大麦が推奨される第一の理由は、食物繊維が多いことです。
なんと米の10倍以上も含まれているそうです。
またゴボウの1.5倍サツマイモの4倍にもなります。
食物繊維は、ほとんどの人がご存知のように、整腸作用があります。
お通じにつながるのでダイエットにも最適です。
美肌、肥満の予防や改善にもつながります。
特にベータグルカンと呼ばれるタイプは、
血中コレステロールや血糖値の上昇を抑えるようです。
肉食系に偏りがちな人は、大麦を試してみましょう。

スポンサーリンク

2.ミネラルが豊富です

こちらも米と比べてみると、
カルシウムは3倍カリウムは2倍含まれています。
もちろんミネラルを穀物から摂取すべきなのか?
根本的な疑問はあります。
野菜や魚介類、乳製品などと組み合わせるべきでしょう。
しかし食品のバラエティに乏しかった昔でも、
庶民が元気でいられた源泉は、大麦にあった!
ここからも証明できるでしょう。

3.胃腸の調子を整えてくれる

食物繊維とも関連してきますが、
大麦を食べることにより胃腸の調子が整えられます。
かつては漢方のひとつとして利用されていました。
胃潰瘍を緩和させる効果が民間伝承としても知られています。
これは昨今、医薬品としての応用が期待されています。
さらに解毒作用もあるとか。
昔の人の知恵なのでしょうか、救荒作物としてだけではなく、
健康食としての意味でも栽培されていたのでしょう。

具体的な利用法は

大麦といえば麦茶も連想されますが、具体的な調理法は、
どのようなものがおすすめなのでしょうか。

1.ご飯に混ぜる

最もわかりやすくポピュラーなものは、ご飯に混ぜる!
いわゆる麦飯です。
好みにもよりますが、米:大麦は2:1が目安です。
最初は、少しずつ増やしていくと、違和感もありません。
食物繊維による整腸作用を期待できますが、
お腹が弱い人は、緩くなりすぎることもあります。
体調に合わせて調整しましょう。

2.大麦サラダ

茹でた大麦を利用したサラダもおすすめです。
好みに応じて、ヒジキ、タマネギ、キュウリ、
彩としてトマトを混ぜると栄養バランスも良くなります。
オリーブオイルを使って和えれば、
暑い夏や梅雨時でもさっぱりしますよ。

3.スープ系

細かく切った野菜と一緒に煮込むと、
スープができあがります。
大麦の触感は、意外と違和感がありません。
トマト系のミネストローネ、
カレーやホワイトシチュー系もおすすめです。

健康になりたければ麦を食え

平成の世であれば、
健康になりたければ麦を食え!
ご飯に少し混ぜて、毎日続ければ、
体調が徐々に整ってくるでしょう。
見た目が気になる人は、
混ぜご飯やリゾットなどもおすすめです。
バリエーションが多いことも、
大麦が好まれる理由のひとつです。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

冷やし中華の謎(第3弾)涼拌麺と冷やし中華は同じなのか?

動物看護師とは何か?資格を取るにはどうするか

関連記事

  1. 2016東京ディズニーランドのクリスマス情報!クリスマス・ファン…

    東京ディズニーランドでは2016年もクリスマスファンタジーを開催します。11月8日から12月25日ま…

  2. 看護師になりたい!看護学校の受験情報

    看護学校受験キツイ仕事ではありますが、今でも人気の高い白衣の天使、「看護師」。看護師になるには、…

  3. 夏だから食中毒に気を付けたい弁当のおかず5選

    夏は行楽の季節です。お弁当を作りましょう。とはいえ暑い中を持っていくと食中毒も心配です。そこ…

  4. 素朴な疑問、お正月は一体いつまでなの?(前編)

    毎年1月15日、関西では中高年を中心に、「今日は小正月!いよいよお正月も終りですねぇ!!」というよう…

  5. 自衛隊は国民を守れるのか?EEZに着弾を許した要因は何か

    2016年8月3日、秋田沖の排他的経済水域(EEZ)内に、北朝鮮が発射したと考えられるミサイルが…

  6. 台風教室4時間目 台風の渦の秘密を知ろう!

    今年は台風が来ない来ないと言われていましたが、とんでもない!お盆明けから今日までの2週間ほどの間に、…

  7. 色彩心理ワインレッド編

    ワインレッドにはどのような色彩心理が隠されているのでしょう。気になっている方もいるでしょうが、ワ…

  8. バレーボール日本男子惨敗…オリンピック不参加決定の影で囁かれてい…

    6月2日、リオデジャネイロオリンピック出場権を賭けた一戦で日本男子バレーボールチームはオーストラリア…

最近の記事

  1. 【常識を疑え】価値観の違いによっても変化する『当たり前』
  2. 『常識』『普通』っていったい誰の基準?喧嘩で使ってはいけない言葉
PAGE TOP