menu

167 views

美容整形の技術と意識は驚くほど変わっています

この記事の所要時間: 340

偶然なのでしょうか、2016年6月20日、
フジテレビの昼の番組とテレビ朝日の夜の番組で、
同じゲストが登場し、美容整形の話題が放送されました。
昼は生放送、夜は録画番組です。
意図的な何かがあるのかもしれませんが、
美容整形の技術、意識に関する現状は、驚くものです。

スポンサーリンク

美容整形に対する意識が変わった

美容整形に対する日本人の意識が変わっているようです。
もちろん今でも整形した事実を隠す傾向はあります。
しかし若い女性は、気軽に整形術を受けるようです。
カフェに行く感覚?
メスを使わない方法なら、整形とは呼ばないのでしょう。
二重瞼を作るのは、もはや常識と化しているようです。
女の子ならきれいになりたいのは当たり前!
男の側もそれを望んでいるのかもしれませんが。
変な正義感や倫理観は、なくなってきているのでしょう。
とはいえ今風?整形の経過をSNSにアップする!
一度アップした映像は二度と消すことはできないので危険です。
一方で、その画像を見て励まされる人もいる?
整形をカミングアウトすることにより儲かっている?
テレビ番組としては盛り上がるし、
美容クリニックにとっては、よい宣伝です。

美容整形は医療なのか

美容整形に関しては健康保険が使えません。
そもそも健康保険の趣旨を考えれば、当たり前の話です。
当人にとってコンプレックスかもしれませんが、
一重瞼であっても健康を害するわけでも死ぬわけでもありません。
自由診療で、本人の責任において行うべきなのでしょう。
もちろん高額すぎることは問題です。
二重瞼にするだけでも、数十万円はかかります。
とはいえ健康食品やサプリに費やすのと変わらないかも?
百歩譲っても、体中に糸が、網目状態?
そうすることが、本当に医療なのか、難しい判断です。

スポンサーリンク

美容整形は否定できない

医療の進歩において、美容整形を否定することはできないでしょう。
がんによって乳房を切除した女性に対して、乳房再建術は有用です。
顔面に大やけどを負った女性に対して、レーザー術も有効です。
極度の肥満患者に対する脂肪除去術は、命を救うかもしれません。
ボトックス注射は、眼瞼痙攣を抑えることができます。
それぞれの技術によって、どちらが先とも言えません。
結果的に、心も含めて患者さんの生きる希望になるならば、
美容整形を悪だと決めつけることはできないはずです。

値段が高い理由は何か

美容整形クリニックのお医者さんは、儲かっていそうです。
ただしそれをひがんではいけないのでしょう。
値段が高いには、理由があります。
まずは最新技術として、高額な機械類を使います。
一方で言い方はよくないですが、いわゆる医療は、
病気やケガが治ればよい!命が助かればよい!
ある意味で、外見上の問題は二の次です。
ケロイドや手術痕が残っても、仕方ないね!
命が助かっただけでもありがたいと思え!
そんな雰囲気はないですか。
しかし美容整形は、外見こそが重要視されます。
患者さんの意に沿わない見栄えになれば?
技術的には大成功でも、結果的には大失敗です。
そのリスク代、安心料と考えれば、
一概に高いとは言えないのでしょう。

身体に負荷がかからなくなっている

一昔前の豊胸術は、シリコンなどの異物を混入していました。
身体にとって、よいとは言えません。
少なからぬ副作用やトラブルがありました。
しかし現在であれば、自分の脂肪を乳房へ注入します。
自分の組織なので、時間が経てば同化します。
副作用の心配はなく、自然な仕上がりになります。

鼻を高く、長くする手術でも、肋骨や耳の軟骨を使います。
こちらも同化するので、半永久的です。
注入したヒアルロン酸やボトックスであっても、
半年程度で吸収されてしまいます。
より健康的?身体に負荷がかからなくなっています。

美容整形は当たり前になるのか

美容整形を受けたい女性は多いでしょう。
最近は男性でも増えているようです。
とはいえ糸を入れたり切ったりする?怖いですね。
ただしテレビに出ていた女性たちの意識を延長させれば、
将来的に美容整形は当たり前になりそうです。
それを否定することは、誰もできないでしょう。
本人の自由です、止めることはできません。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

夏は竜巻に注意!発生する仕組みと避難方法を知りましょう

選挙に向けた学校の主権者教育はどこまでできたのか

関連記事

  1. 生後1カ月でアレルギー体質が決まる?腸内細菌の違いとは

    アレルギーは体質だ!とは言いますが、そもそも体質とは何でしょうか。遺伝的に決まってしまい、変…

  2. 飲酒運転が減らない3つの理由を精神世界から考える

    3月24日、札幌市消防局消防航空隊の40代の男性職員が飲酒運転を行ってタクシーと接触。さらには文京区…

  3. 結膜炎になったら眼帯ってしなくちゃいけないの?

    結膜炎になっても、どうしても会社に行かないといけない場合には、眼帯をした方が良いのでしょうか。流…

  4. 低血圧から脳梗塞の前兆発症

    一般的に高血圧が問題視されますが、その逆の状況?すなわち低血圧なら問題ないのでしょうか? …

  5. 圧迫萎縮の原因

    圧迫萎縮と呼ばれる症状が出る原因は、主に物理的な圧迫です。本来ないはずのものが現れて邪魔をする、…

  6. 東大理3で面接をする?本当に求められる医者が選ばれるのか

    東京大学理科3類、いわゆる医学部ですが、その選抜に際して面接を導入する旨が伝えられていました。…

  7. 冬こそ食中毒に注意!今や定番になった5つの原因

    食中毒と聞けば夏をイメージしますが、冬でも油断禁物です。実際にいくつかの事件が新聞の片隅で報じられて…

  8. 亜脱臼に効果的な食べ物

    亜脱臼、脱臼、骨折などの怪我はアスリートであれば日常茶飯事でしょう。とはいえこれらは突発的に生じ…

最近の記事

  1. 『常識』『普通』っていったい誰の基準?喧嘩で使ってはいけない言葉
PAGE TOP