menu

146 views

元おニャン子も発病した!脳動脈瘤は早期発見なら治る病気です

この記事の所要時間: 327

元おニャン子クラブでタレントの新田恵利さんが、
脳動脈瘤の手術を受けていたようです。
自覚症状がなかっただけに、本人もショックだったそうです。
とはいえ他人事ではありません。
病気に対する正しい知識を持つことこそ、予防の鉄則です。

スポンサーリンク

脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)とは

脳と名がつくと、ちょっと怖そうな病気ですが、
脳動脈瘤とは、どのような状態なのでしょうか。
簡単に言えば、脳の中を流れている動脈に、
袋のように血が溜まってしまう瘤(こぶ)ができることです。

血管が枝分かれした箇所にできやすいとも指摘されますが、
すべてがそうであるとも限りません。
なおこの瘤が破裂すると、くも膜下出血になり、
早急に手術をしないと命の保証はありません。

とはいえすべての瘤が破裂するわけでもないようです。
一生瘤の存在を知らず、別の理由で死ぬこともあります。

自覚症状はあるのか

ほとんどの患者さんは、自覚症状がないようです。
突然くも膜下出血で倒れる!少なくありません。
とはいえ小さな前兆が現れることもあります。
例えば、集中力や記憶力、思考力が低下する、
疲れやすかったり、身体が動かしにくくなる、
ろれつが回らなかったり、目が見えにくくなる、
知覚や平衡感覚がおかしくなる
こともあります。
一方で脳動脈瘤が破裂した後は、
経験したこともないような激しい頭痛、
嘔吐して意識を失います。
小さい破裂であれば、収まることもあるようですが、
いつもと違う症状があれば、直ぐに救急車を呼びましょう。

瘤ができる原因は何か

脳動脈瘤は、血管の老化とも言えます。
成人の2%は罹っているというデータもあるようです。
基本は生活習慣病からくる動脈硬化です
お酒や煙草も危険因子ですが、一部遺伝も指摘されています。

とはいえ決定的な原因はないそうです。
一方で破裂する原因は何か。
こちらも明確なことはわかっていません。
ただし大きい、形がおかしい、複数あるような場合は、
破裂しやすいと考えられています。
それでも瘤が破裂する確率は1%程度だとか。
計算上は1年の間に、成人の1万人に2人が破裂している!
この割合を、それぞれの人がどう捉えるかですね。

スポンサーリンク

治療法は何か

新田さんは、2016年6月13日に入院し、
2日後の15日に手術をし、3日後の18日に退院、
そして翌日から仕事に復帰したようです。
手術自体は3~4時間かかったみたいですが、
早期発見早期治療なら問題ないことが示されました。
このように脳動脈瘤の治療法は、外科手術です。
膨らんだ部分の根元にクリップを付け、血液の逆流を防ぎます。
これをクリッピング術と呼びます。
とはいえ全員に対して手術をするわけではありません。
一部は切開せず、カテーテルを使うコイル塞栓術もあります。
これはプラチナ製のコイルを瘤の中に詰め、出血を防ぎます。
なお大半の瘤は1センチ未満であり、
経過観察、つまり様子を見ることも多いようです。

半年に1回程度、MRIやCTでチェックします。
そこで大きさや形に変化がなければ、放置します。

予防するにはどうする

煙草もお酒もやらない新田さんが、
なぜ脳動脈瘤になってしまったのでしょうか。
まだ48歳という若さです。
自覚症状もなく、たまたま検査をしたら見つかった!
そんな病気を防ぐ方法はあるのでしょうか。
もちろん生活習慣病の予防に努めることでしょう。
脳動脈瘤が見つかった人に対しては、
高血圧の管理と禁煙は絶対だそうです。

一方で薬の影響もあると考えられています。
例えばアスピリン系や経口避妊薬です。
家族に血管系疾患がいる人は、注意しましょう。

検査を受けましょう

テレビの健康番組で行った検査で、
病気が見つかるタレントも増えています。
これは検査の有用性を示しているものです。
今まで健康であっても、何らの保証もありません。
単に自覚できなかっただけです。
健康で長生きしたいなら、直ぐに検査を受けましょう。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

したい!できない!早起きの秘訣は5つあります

国内初の哺乳類化石を発見!福井で見つかる理由とは

関連記事

  1. 暖かくなりましたが、一酸化炭素中毒には注意しましょう

    暖かくなりました。花見を楽しむ人もいるでしょう。とはいえちょっと肌寒いですね。暖をとるには何…

  2. 塩分の摂取は本当に悪いことなのか?塩分悪玉説を考える

    日本人は塩分の摂りすぎ!もう何十年言われ続けているでしょうか。その結果とも言われる高血圧は、もは…

  3. 2016年のダイエット目標はBMI指数で決まる!

    念頭に当たり、今年の目標や豊富を述べる際、“今年こそダイエット!”、“今年こそ痩せたい!!”、あるい…

  4. イスラエルの生き方

    シリア難民が、ヨーロッパ諸国に押し寄せる中、隣国のトルコやヨルダンでは、多くの難民の受け入れが、大き…

  5. 肺気腫の食事療法

    肺気腫は肺胞と呼ばれる呼吸の中心的な部位が破壊される病気です。原則として一度破壊された肺胞は回復しな…

  6. 好きな人に愛されている?不安にならない方がいい理由

    好きでどうしようもなくても、不安にならない方がいい理由

    私は好きな人に愛されているのだろうか?恋をすると毎日とってもHAPPYです。 今までは…

  7. 厚労省が大病院に実績開示を義務化!患者にメリットはあるか

    日本経済新聞は2016年2月4日の朝刊1面トップで「大病院の実績 開示義務」と報じました。つ…

  8. 匿名第三者の卵子で出産!生殖医療が解決すべき5つの課題

    2017年3月22日の夕刊に衝撃的な記事が掲載されていました。つまり匿名の第三者から提供された卵子を…

最近の記事

  1. 子どもを追い詰めてはいけない理由。逃げ場を与える怒り方の必要性

amazon

PAGE TOP