menu

106 views

ピーマンが嫌いな子にも大丈夫!パプリカは栄養に優れています

この記事の所要時間: 333

子供が嫌いな野菜には、不思議と栄養があります。
代表格は、ピーマンやニンジンでしょうか。
親としては食べさせたいですが、無理強いはいけません。
ならば似たような野菜にパプリカがあります。
これで代用はできないのでしょうか。

スポンサーリンク

パプリカとは

パプリカとは、ナス科の植物です。
多年草なので、農水省的には果物に分類されてしまう?
とはいえ昨今は、赤や黄色が鮮やかなので、
彩を添える野菜としても注目されています。
唐辛子の親戚ですが、辛味成分であるカプサイシンを作りません。
そのため見た目は真っ赤であっても、辛くありません。
またピーマンのような苦味もないので、子供にも嫌われません。
一方で含まれるビタミンCが過熱にも強いため、
調理法にバリエーションが生まれます。
これも昨今好まれている理由なのでしょう。
元々はハンガリーで開発が進んだようですが、
近年はオランダ産も増えており、
日本では宮崎や熊本で栽培されています。

赤ピーマンとは違うのか

ここで疑問です。赤ピーマンとパプリカは同じものでしょうか。
ピーマンは同じナス科の植物ですが、1年草です。
そして成熟する前、つまり色付く前に出荷されます。
だから苦味もあり、緑色をしているのです。
では成熟するまで放置したらどうなるか?
たまに冷蔵庫で一部赤くなったピーマンを発見することがあります。
そうですピーマンも熟せば赤くなります。これが赤ピーマンです。
赤くなれば苦味もなくなりビタミンCも増えます。
子供にも嫌われることはなさそうです。

パプリカの優れた栄養素とは

パプリカは、色によって栄養素に違いがあるようです。
例えば赤パプリカは、カプサンチンが含まれています。
紛らわしい名前ですが、抗酸化作用を持ち、
血中コレステロール値を下げると言われる色素です。
また黄パプリカは、ビタミンCに加えて、
老化を防ぐとも指摘されているルテインが豊富です。

オレンジパプリカは、ベータカロテン、さらに
若返りビタミンとも呼ばれるビタミンEが多いとされています。

無理して緑のピーマンを食べる必要はなさそうです。

スポンサーリンク

おすすめの調理法とは

栄養価がある点は納得できたでしょう。
ならばその栄養素を摂取できるおすすめの調理法は何でしょうか。

1.油炒め

パプリカは油料理がおすすめです。
つまり含まれているビタミンPが、ビタミンCの破壊を防ぎます。
また油を使うことで、油性ビタミンの吸収を促してくれるからです。
他の野菜と混ぜて、もしくは肉との炒め物もよいでしょう。
なお親戚であるナスと一緒に油炒めをして、
冷ました後にオリーブオイルと酢で和えれば、
夏でもさっぱりするマリネができあがります。

お好みでハチミツを加えてみましょう。

2.サラダ

苦くないという特徴を生かせば、サラダもおすすめです。
大人向けであれば、セロリと玉ねぎをスライスし、
お好みのドレッシングで和えましょう。

子供向けであれば、蒸した鶏肉またはシーチキンと、
マヨネーズを絡めましょう。

3.パスタ

彩という点からみれば、パスタも楽しそうです。
どの色も合うのはペペロンチーノでしょうか。
ミートソースやナポリタンなら、赤パプリカは色が被る?
茹でたものを後乗せしたり、一緒に炒めてもOKです。

4.シチューやスープ

パプリカの本場では、シチューにするようです。
ミートボールを使ったホワイトシチューなら、
色味もよく、食欲が湧くでしょう。

夏はちょっと敬遠したいと思うなら、
コンソメスープもおすすめです。
細かく切ったニンジンやキノコを一緒に入れましょう。

前日に材料を準備しておけば、
慌ただしい時の朝食にも使えます。

パプリカは夏野菜です

パプリカは、夏が旬の野菜です。
一番栄養価の高い今、積極的に食べましょう。
なお種まきの時期はちょっと遅れましたが、
プランターなどでも栽培できます。
自分で栽培したパプリカなら、
子供も喜んで食べてくれるでしょう。
もちろん大人にも有用な栄養素があります。
たくさん食べて夏を乗り切りましょう。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

日本の大学がアジアでランキングダウンした理由は何か

EU離脱で株価が乱高下…なんでEU離脱で日本の経済に影響があるの?

関連記事

  1. 台風教室4時間目 台風の渦の秘密を知ろう!

    今年は台風が来ない来ないと言われていましたが、とんでもない!お盆明けから今日までの2週間ほどの間に、…

  2. ヌーハラって何?日本の文化?なぜヌードルハラスメントが日本中で大…

    ヌーハラという言葉をご存知でしょうか?最後に「ハラ」という言葉が付いているので新しいハラスメントだろ…

  3. 台風教室2時間目 高気圧と低気圧の3つの鍵を知ろう!

    北日本を直撃し、多数の死者まで出した大型の台風10号が立ち去り、今日は全国的に高気圧に覆われています…

  4. 住宅ローンの借り換えで本当にお得になるのか?

    マイナス金利導入以来、夢のマイホーム購入を本格的に考えられる方が一気に増えました。確かに、今が絶好の…

  5. 近畿では5割以上の人が「冷麺」と呼ぶ冷やし中華の謎!(第1弾)

    ゴールデンウィークの頃になると、気の早い食堂やラーメン屋、そして、中華料理店の軒先には、『冷やし中華…

  6. ウリハムシの生態と形態

    ウリハムシとはカブトムシを含めた甲虫類には様々な形態の昆虫がいますが、キュウリやカボチャなどのウ…

  7. 梅味のお菓子と言えばこれ!

    梅風味のお菓子と言うと、やっぱり上品な和菓子! まず何より、酸っぱいけど、何故か結構な甘みもあって、…

  8. 結婚記念日は入籍日or挙式日?

    突然ですが、結婚とは、正式な夫婦関係を結ぶ事です。そのため法律では、婚姻届を出して初めて結婚したと認…

最近の記事

  1. いつまで続く!?何を言っても嫌がる子ども【イヤイヤ期】への簡単対処法

amazon

PAGE TOP